お墓は要らない?自宅供養や手元供養の始め方

従来の故人の供養といえば、お墓に遺骨を納めて、お墓詣りをしたり、年季法要などで僧侶にお経をあげてもらうことを指しました。

しかし近年では、子孫にお墓を管理する負担がかからない供養として、様々な形式のものが考えられてきました。ここで紹介する自宅供養や手元供養も、近年登場した新しい形の供養の一つです。

自宅供養や手元供養について大切なポイントまとめ

  • 散骨のほかにも、お墓を持たない供養方法として手元供養や自宅供養という形もある
  • 自宅での供養には、骨壺やフォトスタンドに入れて保管したり、加工して陶磁器を作るなどの方法がある
  • 自宅の庭に故人の遺骨を埋葬することは法律で禁止。ただし墓の建立や人以外の埋葬なら違反にはならない
  • 手元供養では故人の存在を常に身近に感じられるというメリットがある
  • 湿気による劣化、災難や盗難などの問題があるほか、将来の保管先を決める必要がある。また墓標がないため自宅にお参りに人が来ることも考えられる

お墓を持たない=散骨ではない

お墓のない供養の方法として、真っ先に浮かぶイメージが散骨方式ではないでしょうか?山林や海洋に、パウダー状に粉砕した遺骨を散布するだけでなく、最近では人工衛星に搭載して宇宙へ飛び出す散骨の方法も人気が高いようです。

確かに、山や海、そして宇宙に散骨したらその場所一帯がお墓と同じになり、お墓のない供養となりますが、お墓のない供養の方法というのは散骨だけではないのです。 遺骨を合祀することで個人のお墓を持たずに供養する永代供養や、自宅で遺骨の供養を行う自宅供養。アクセサリーなどに遺骨を加工して、いつでも身につけて故人を偲ぶ手元供養など、新しい供養を選択する方が年々増加しています。

お墓をもたずに行う供養とは?

お墓には継承権があり、先祖から子孫へ受け継がれるものでした。 多くの家庭が大家族だった頃の日本では、お墓の継承に関して問題が起きることはありませんでしたが、近年、少子高齢化の傾向が強くなり、先祖代々のお墓や、自分のお墓を管理してくれる子孫が存在しないという問題が起きています。 継承されなかったお墓は、事前に支払った管理費がある分は個人のお墓として管理してもらえますが、管理費の支払いがなくなった後は、無縁墓となってしまいます。

自分が亡くなった後に、無縁墓になるなんて寂しいですよね。 それならば、最初からお墓を作らなければ、継承してくれる人がいないことも将来的な不安も感じることがない。そこで墓を持たずに供養する方法が注目されています。 パウダー状に粉砕した遺骨を山林や海洋に散布する散骨方式は、お墓がない供養方法の代表とも言えますが、子孫に負担をかけたくないという理由でお墓を建てないのであれば、永代供養の方式を選択する方も多いです。 永代供養はお墓がない供養ではなく、他の人の遺骨と一緒に合祀して供養するので、個人で管理するお墓がない供養方法と言えるでしょう。

また、子孫に負担をかけたくないけれども、自分の生きているうちは合祀せずに個人でお墓を管理したいという場合にも、契約した一定期間までは個人のお墓で供養を行い、33回忌などの年忌の節目に合祀に切り替えるという方法もあります。

お墓を建立するには、永代使用料の支払いや墓石の購入など、かなりの費用がかかるため、経済的な理由でお墓を建てることができないという方も少なくありません。 個人でお墓を建てる場合は、少なく見積もっても80~100万円以上かかるのが相場となっており、費用が安い散骨方式や、永代供養でも30~50万円程度のお金が必要です。 そのためお墓を建てずに自宅で供養したり、自分の身につけて供養を行う手元供養を行う方法も新しい供養の方法として選択される方が増加しています。

チェックポイント

墓を持たない供養方法は散骨に限らず、手元供養や自宅供養という方法もある。墓を管理してくれる人が途絶える場合、永代供養を選ぶこともできる。

しかし散骨や永代供養でも30~50万円程度の費用がかかるため、自宅での供養や手元供養が増加している。

自宅供養の方法

遺骨を入れた骨壺を自宅に置いて供養する以外にも、以下のように遺骨を自宅に保管する方法もあります。

  • 骨壺に入れて保管する
  • 遺骨を加工して保管する
  • フォトスタンドの中に保管する

骨壺に入れて保管する

火葬した遺骨を墓に納骨せずに、自宅に保管する供養方法です。 骨壺の中に全ての遺骨を保管して仏壇の下などに保管しておく方法や、カラフルでデザイン性の高い骨壺に納めて、仏壇を置かずに骨壺自体を供養の対象とする方法もあります。 骨壺をそのまま部屋に置くことに抵抗がある方は、骨壺を内側に収めるタイプのオブジェを利用していることが多いようです。外観は普通のお地蔵様や人形などの置物ですが、中にある小さなスペースに遺骨を納めるようになっています。 裏側には名前やメッセージを彫るスペースがあるので、位牌のように故人の名前や没年月日を記すことができます。

遺骨を加工して保管する

遺骨をパウダー状に粉砕して、土と一緒に練り込んで焼き上げ、壺などの焼き物を作ったり、釉薬の中に加工した遺骨を混ぜて焼きあげる加工方法です。 毎日花瓶の花を入れ替えることが、故人を供養することに繋がるので、加工するタイプの中では花瓶の人気が高いです。

フォトスタンドの中に保管する

最近では和室を持たない人が増えて、仏壇の置き場所に困る人も多いです。 洋室に似合ったデザインの仏壇も数多く販売されるようになっていますが、さらに自然な形でスペースを取らないということで人気が高いのがフォトスタンドの中に遺骨を入れておくスタイルです。 仏壇や位牌がなくても、生前の写真が供養の対象となり、自宅供養を行わない場合でも利用される方が多いアイテムです。

自宅にお墓を建てても良いか

都心ではあまりみかけることはありませんが、農村部に行くと、街道沿いにお墓が散在していたり、農家の大きな庭に先祖代々の墓を見かけることもあります。 自宅の敷地にお墓を建立することは可能なのでしょうか?

墓地以外での埋葬は法律で禁止されている

昭和23年に墓地、埋葬等に関する法律が制定されています。 法律により、故人の遺骨は墓地として認可されている場所以外に埋葬することができなくなりました。 つまり、自宅の敷地内にあるお墓はや村落に散在しているお墓は、埋葬法が制定される前の古いお墓ということになり、新たにお墓を作って納骨することはもちろんのこと、法律前に建立された古いお墓にも、新たに遺骨を埋葬することはできません。 自宅の庭を墓地として認可してもらえれば、墓を建立することは可能ですが、現在、墓地の運営、管理者として認可されるのは、宗教法人、NPO法人、地方公共団体に限られているため、個人が申請しても墓地としての認可が下りることはほぼありません。

遺骨を埋葬していなければ大丈夫

埋葬法で禁止となるのは、法律で墓地として定められた場所以外へ埋骨することなので、埋葬を行わないのであれば、敷地内に墓を建てることはできます。実際に、敷地内にあるお墓の中に遺髪などを納めて供養している方もいらっしゃいます。 また、埋葬法で禁止になるのは、人間の遺骨の埋葬と限定されていますので、可愛がっていたペットのお墓を建てて納骨し自宅の敷地内で供養するのは全く問題ありません。

チェックポイント

墓地以外で人の遺骨を埋葬することは法律で禁じられており、故人に許可が下りる可能性は低い。

自宅に墓を建てること自体は可能であり、また人の遺骨でなければ埋葬しても法律違反にはならない。

手元供養はどのような供養をするのか

自宅での供養も手元供養の一つの形と言えますが、細かく分けると、自宅供養は家に遺骨を保管する供養の方法であるのに対して、手元供養は遺骨を加工したり、一部分の遺骨をロケットなどに入れて、常時身につけておく供養の方法になります。

手元供養や自宅での供養を行う理由の一つに、大事な人の遺骨を近くに置いて供養することにより、遺された方の精神的なダメージを和らげられることがあげられます。大事な人が亡くなられてもいつもそばにいるという心の拠り所となるのであれば、自宅に遺骨を置く供養よりも、アクセサリーなどに加工して常時身につけておける手元供養の方が、より故人の存在を近く感じれるでしょう。

自宅で遺骨の保管をする際の注意事項

自宅で遺骨の保管をする際には、次の点に注意してください。

  • 骨壺に保管する時は湿気に注意
  • 災害や盗難に遭うリスクがある
  • 将来的な遺骨の保管先も決めておく
  • 自宅にお参りに来る人が増える

骨壺に保管する時は湿気に注意

骨壷の素材は、金属や磁器のものが多く、外気と骨壷内の温度差により結露が起こります。特に暖房を使う冬は放っておくと、内部に溜まった結露で遺骨が痛んだり、高い湿気がカビの原因になります。 大事な遺骨が痛むのを防ぐには、風通しのよい場所や湿気の少ない場所に置くのがいいですが、仏壇の下などにしか置けない場合は、定期的に骨壺の蓋を開けて中に籠った湿気を逃したり、遺骨の下に乾燥材を敷いて湿気が溜まるのを防がなければいけません。

カビを防ぐには遺骨を真空パックにする方法もあります。パックに納めたら酸素に触れることがないのでカビの発生もなくなります。

災害や盗難に遭うリスクがある

墓地に納骨していても、地震に遭うことはありますが、揺れによって墓石が倒壊してしまうことがあっても、土中に保管されている遺骨には被害がないことがほとんどです。 また、火事についても墓地では燃え広がるものがほとんど建築されていないので、延焼することが少なく、災害によって遺骨自体が被害を受けることはほぼないでしょう。

しかし、自宅で遺骨を保管している場合は、地震や火事などの災害で破損してしまったり、遺骨自体を紛失してしまうことも考えられます。パウダー状に加工している場合は、災害で紛失してしまったら、見つけ出すことはほぼ不可能となります。

将来的な遺骨の保管先も決めておく

子孫に墓の継承権などで手間をかけさせたくないとか、墓を継承してくれる親族がいないので、墓を立てずに自宅で遺骨を保管をする場合、将来的に自分が亡くなった後のことも考える必要もあります。 現在、自宅供養している遺骨の他に、自分の遺骨に関してもどのように供養するのか考えると、おすすめなのは、永代供養や散骨を生前のうちに予約しておくことです。

永代供養の合祀や、散骨ならばその後の管理について子孫に手間をかけることもありません。特に夫婦で連れ添った伴侶が亡くなった方などは、自分が生きている間は自宅や手元にパートナーの遺骨を置いておき、自分が亡くなった後は、家に保管した遺骨と一緒に散骨することで、永遠に一緒にいられると考える方が多いようです。

自宅にお参りに来る人が増える

お彼岸やお盆など、通常はお墓にお参りにいきますが、自宅供養の場合はお参りに行けるお墓がないので、故人をお参りする時には、自宅を直接訪問しなければいけません。 親族だけでなく、故人の知人や友人が訪れることも多くなり、お盆やお彼岸の時期にはお客様が増えることがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は手元供養や自宅供養のお話をしました。価値観の多様化に伴って、供養の方法も多様になってきています。

手元供養も自宅供養も、故人を近くに感じられるという意味では非常に魅力的な供養方法です。しかし墓標がないことから故人の親族や知人が自宅にお参りに来るなど注意が必要なこともあります。ただ想定外のトラブルに会わないよう、よく考えてから選択するようにしてください。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。