一日葬の費用相場は?

一日葬はお通夜を行わず、告別式から火葬までを1日ですべて執り行う葬儀形式で、「ワンデーセレモニー」とも呼ばれます。

2日間行われる葬儀を1日で済ませられるだけあって、出費と時間の節約といった観点から人気が出ています。この記事では、一日葬にかかる費用の相場と、一日葬を執り行うにあたっての注意点の紹介しています。

一日葬の費用についておさえておくことは?

  • 費用を抑えたい、時間をかけたくない、身内だけで行いたいというのが一日葬を選ぶ理由
  • 一般的な葬儀の費用が190万円程度なのに対し、一日葬の相場は40~60万円ほど
  • 一日葬では会場使用料や飲食接待費、参列者の宿泊費など一部の費用を節約できる
  • 当日忙しいことや香典収入が少ないこと、弔問客への対応など一日葬を行う上での注意点もある。

一日葬とはどんな葬儀か?

カレンダーとボールペンの写真

通常の葬儀は火葬の前日に行われる通夜と当日に行われる告別式の2日間にわたって行われます。一日葬は、通夜を省略し火葬当日に行われる告別式のみを行う葬儀です。

通夜は儀式としては行いませんが、法律で亡くなられてから24時間以内に火葬することはできませんので、最初の日の夜は自宅や安置所で身内だけで故人と過ごす形になります。

一緒に読まれている記事

一日葬を選ぶ理由

最近は、大規模な葬儀が少なくなり、家族葬や一日葬を希望される方が増えています。

どのような理由でこの葬儀形式を希望するのでしょうか?

一緒に読まれている記事

葬儀の費用を安くしたい

葬儀の費用を安く抑えるために、通常の葬儀よりも費用負担の少ない一日葬を希望される方の割合は多いです。しかし、2日間に渡って行う通常の葬儀の半分の日程で行うので、葬儀本体費用は安くなりますが、単純に半額になるというわけではありません。

葬儀の日程を短縮するのに加えて、参列者の数を抑える小規模な葬儀形式で行うことが多いので飲食接待費などの費用が節約できることになります。

葬儀に時間をかけることができない

費用を抑えたいと希望する人の次に多い理由が、多忙のために葬儀にかける時間を最小限に抑えたいという理由です。高齢の方が参列する場合、通常の葬儀だと2日間参列する必要があり、精神的にも肉体的にもかなりの負担がかかってしまいます。

葬儀日程を1日に短縮することで、参列者の肉体的な負担を軽減することができます。遠方から来られる方も宿泊の必要がなくなることで時間的にも肉体的にも負担が軽くなります。

身内だけで小規模な葬儀を行いたい

葬儀の日程を1日だけで済ませてしまうというのが他とは違うだけなのですが、一日葬を行う遺族の方は、小規模の葬儀を希望する傾向があります。そのため参列する方は身内だけという家族葬の形式を取られることが多いです。

身内だけで葬儀を行うことにより、余計な気を使うことなくアットホームな雰囲気で故人と最後のお別れをしたいと希望する方が選択することも多いです。

チェックポイント

一日葬のメリットは、あまり時間をかけずに、費用を抑えた葬儀ができるということ。身内だけで行う方が多いため、堅苦しい形式にとらわれずに行える利点もある。

一日葬は他の葬儀よりどのくらい安くできるのか?

通常の葬儀の費用は平均で約190万円ですが、一日葬の場合は40万円~60万円くらいが相場となっています。家族葬でも費用は80万円程度かかるので、葬儀形式の中でもかなり費用負担は減らすことができます。

一日葬で抑えることができる費用には何があるか?

電卓と通帳と印鑑の写真

他の葬儀形態と比べ、一日葬を選ぶことで節約できるのは以下のような費用です。

  • 斎場の会場使用料
  • 飲食接待費
  • 寺院に支払うお布施
  • 交通費や宿泊費

詳しく見ていきましょう。

斎場の会場使用料

通夜と告別式で使用するため、通常の葬儀では斎場の使用料は2日分かかります。通夜で斎場を使用しませんので、使用料金は通常の葬儀と比較すると安くなりますが、半額にはなりません。

半額にならない理由は、告別式は火葬当日の朝早くから行われることが多く、前の日から準備をする必要があるためです。スタッフの人数も、通常の葬儀よりも若干少なくなりますが、葬儀の基本料金は一般葬とくらべて格段に安くなるというわけではありません。

飲食接待費

一番費用が節約できるのが、飲食接待費になります。

飲食費用の中でも一番費用がかかるのは、通夜時の通夜振る舞いの用意と、参列者にお渡しする返礼品になります。通夜振る舞いを用意しなくてもいいので、その分の飲食接待費がかかりません。また、告別式に参列された方には返礼品を渡しますが、通夜の分の返礼品を考えなくてもいいので、単純に返礼品の金額は半分になります。

飲食接待費は通常の葬儀では、50万円前後かかるといわれていますので、そのほとんどを節約することができます。

一緒に読まれている記事

寺院に支払うお布施

寺院に支払うお布施についても、通常の葬儀よりも少なくなります。

通夜と告別式の2回読経を行ってもらうのではなく、僧侶を呼ぶのは告別式のみになりますのでお布施の金額も通常の葬儀よりも少なくなっていますが、これも半額になるほど少なくなるものではなく、比較すると若干少なくなるようなイメージです。

ただ、お布施の金額というものは明確に決まっているものではありませんので、通常の葬儀と同じくらいの金額を用意する人も少なくありません。

交通費や宿泊費

通常の葬儀では遠方から参列される方の宿泊代や宿泊されずに帰った親族の交通費を負担する場合、2日分の交通費をまとめてお渡しすることになります。しかし一日葬の場合は、参列するのが1日だけになるのでお渡しする交通費の負担も少なくなります。

また1日で葬儀が終わるため、遠方から参列される方でも、その日のうちに帰ることができるので、宿泊費用の心配をすることがありません。

一緒に読まれている記事

一日葬の注意点

費用が節約できて、肉体的な負担も軽減されるのが一日葬のメリット。しかし以下のような点には、十分に注意する必要があります。

  • 自己負担金額が増える可能性がある
  • 当日は忙しい
  • 親族や菩提寺に対しての説明をしなければならない
  • 自宅への弔問客の対応が必要

自己負担金額が増える可能性がある

葬儀を小規模にして家族葬的な葬儀を行った場合は、通常の葬儀と比べて香典の収入が少なくなります。実際、通常の葬儀では、費用はかかりますが、参列者からいただく香典収入も多いので、遺族が負担する分はそれほど多くないというのが現状です。

しかし、家族葬や一日葬、直葬など小規模で参列者を限定した葬儀の場合は、香典収入が葬儀費用よりも少なくなることがほとんどなので、遺族の金銭負担の割合は高くなります。金銭負担のみを考えたら、通常の葬儀と家族葬や一般葬でもそれほど負担金は変わらなかったという結果になることも多いです。

当日は忙しい

通常は2日かけて行うものを、1日で全て行うので、火葬当日は朝から時間に追われてしまうことになります。ゆっくりと故人との最後のお別れをしたいと希望しているのであれば、希望通りに行うことは難しいと言えるでしょう。

告別式から火葬、繰り上げ法要まで所要時間は8時間程度なので、その時間だけ多忙なことを割り切る気持ちが必要になります。時間に追われてしまって、とにかく儀式をこなすことが最優先になるので、終わった後にもう少し時間をかけてお別れをしたかったと思う人も少なくないようです。

親族や菩提寺に対しての説明をしなければならない

現状では、やはり通夜と葬儀の二日にわたって故人を送るのが一般的であり、一日で全てを終わらせてしまうという形を理解されない方も少なくありません。

期間を短縮しているとはいえ儀式を行っているので、火葬式のように菩提寺の墓に入れないというトラブルが起きたという話はあまり聞きません。しかし宗派によっては、通常の儀式を行わないということで読経を断られる場合もあります。

また、親族の中にも故人を送るのは一般的な形式でと考えらえるかたもまだ多くいらっしゃいますので、何故一日葬を選択したのかについても説明をしなければなりません。

自宅への弔問客の対応が必要

家族のみやごく近い親族のみで行った場合は、参列できなかった親族や知人の方が自宅に弔問に来られる機会が増えますので、火葬が終わった後でも対応に追われることがあります。葬儀の当日こそ返礼品を用意も少なく済むものの、その後に弔問に来られた方の香典に対しては返礼品を出す必要がありますので、葬儀が終わった後も、どのくらい返礼品を用意しておいたらいいのか考えておかなければなりません。

まとめ

人気が高まっている一日葬。通常に比べ費用と時間を節約でき、時代のニーズに合わせた葬儀形態といえるでしょう。

一日葬では一部の費用を節約できるものの、香典収入の少なさから負担額が増えたり、弔問客への対応に迫られるといった注意点もあります。本来2日間行うことを1日に集中させるため、葬儀当日が非常に忙しくなります。費用が少なくなるメリットだけでなく、デメリットもしっかり考えて決めましょう。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。