家族葬の流れ

家族葬はどんな流れで進む?

家族葬の流れは一般葬とそれほど大きな違いがあるわけではありません。このページでは、家族葬の流れを葬儀前と葬儀当日にわけて説明します。

一緒に読まれている記事

ご遺体の搬送から葬儀当日までの流れ

危篤の連絡

病院でお医者様から危篤の状態と伝えられた時に、近い親族や親しい知人に連絡をします。確実に連絡が伝わるように必ず電話で伝えてください。危篤の状態になってから、どのくらいの時間頑張れるかわからないので、遠方の方に連絡をしても、間に合わない可能性がありますが、それでも親しい人には一報を入れておきましょう。

臨終

診察が終わり、臨終の宣告を受けたら、病室から一時的に遺体安置室に搬送されます。その際に、看護師さんからエンゼルケアと呼ばれる遺体の保存処置を行ってもらいます。エンゼルケアを行っている間に、遺体の搬送先と葬儀業者の選定をしなければいけません。

また、危篤の際に連絡をした親族や知人、そして危篤時には連絡しなかった方にも臨終の報告を行います。この時点で葬儀を家族葬で行うことを決めた場合は、その旨をあらかじめ電話で伝えておく必要があります。

ご遺体を自宅に安置できるならば、病院に業者を紹介してもらい、遺体搬送だけお願いをすることができますが、自宅で遺体安置が不可能な場合は、斎場や遺体安置室を借りる必要が出てくるので、その場合はこの時点で業者を決定しておかなければなりません。

ご遺体の搬送

都市の大きさや、病院の位置関係にもよりますが、通常ならば連絡をしてから1~2時間くらいで業者が到着します。

葬儀の打ち合わせ

遺体の搬送が終わった後に、葬儀業者との葬儀についての打ち合わせを行います。

病院から紹介された業者に搬送だけをお願いした場合は、搬送が終わって遺体の安置をしてから業者を決定します。

業者との打ち合わせでは、葬儀の形式や、参列者の数、費用の概算などを説明してもらいながら決定するので、ある程度時間がかかります。通常は亡くなられた翌日にお通夜、そしてその翌日が告別式と2日間の日程で行われますので、葬儀の打ち合わせは、亡くなった日の夜中や明け方に行われることも珍しくありません。

一緒に読まれている記事

自宅祭壇の設置

遺体を安置した後に、自宅祭壇枕飾りを設置します。一般葬でない場合は、葬儀に参列できないために、葬儀後に弔問に訪れる方も増えると思われますので、四十九日法要まで祭壇は設置しておく人が多いようです。

納棺

納棺を行う前に、エンゼルケアを行います。病院で行われたエンゼルケアとは違い、遺体の保存だけではなく、葬儀で最後の面会を果たすための、死化粧の様相が強いものになります。かつてはご遺体を洗い清める湯灌を行ってから、納棺を行うことが通例でしたが、最近ではエンゼルケアだけのみを施し、湯灌を希望する方には別料金で提供するという形になっているところが多いです。

通夜、告別式、火葬の流れ

通夜

通常、亡くなった次の日の夕刻から行われることが多いです。夕刻から行われることで、参列しやすいというメリットがあります。しかし、家族葬の場合は夕刻よりも早めに通夜を行うこともあり、自由に時間を決定できます。

通夜振る舞い

通夜に参列いただいたお礼と故人を偲ぶ意味合いを兼ねて、料理やお酒を振る舞いますが、家族葬の場合は通夜振る舞いではなく、集まった家族で会食をするという形式をとることが多いです。そのため、斎場での通夜振る舞いを行わないという家族葬のスタイルも増えています。

告別式

告別式は、通夜の翌日に行います。この後に火葬を行うということもあり、通常は早朝から告別式が開かれることが多いです。一般葬の場合は、告別式が終わった後に、別室で出棺のためのお別れ会を行うことが多いですが、家族葬の場合は、告別式とお別れ会を分けないことが多いです。

火葬場での収骨

告別式が終了したら、ご遺体を霊柩車に乗せ出棺となります。火葬場では最後の読経を行ってもらってから、、故人の骨を収骨します。最近では、火葬後に繰り上げ法要を行うことがほとんどなので、火葬場で解散とはならずに、法要が行われる斎場か自宅へ戻ります。

初七日法要

葬儀が終わってからの最初の法要は初七日法要ですが、最近では繰り上げ法要と言って、火葬後に斎場で初七日法要を済ませてしまうのが一般的になっています。

参列した親族で会食を行う

法要が終わった後に精進落としという会食を行ますが、通夜振る舞いと同様に、家族葬の場合は斎場では行わず、外で会食をするタイプも増えています。

自宅家族葬の流れ

家族葬の場合は、参列者が少ないことから自宅で葬儀を行うことも少なくありません。最後まで故人を自宅で過ごさせて、自宅から出棺したいと言う方も少なくないようです。自宅家族葬の場合は、通夜、告別式のどちらも自宅で行う場合と、通夜や告別式のどちらかを斎場で行う形式があります。

斎場で葬儀を行う場合と、流れとしては大きな違いはありませんが、葬儀のいずれかで斎場を利用する場合は、ご遺体の搬送が発生し、自宅で葬儀をする場合のセッティングにも時間がかかります。

郊外などで、大広間などが葬儀に利用できる場合はいいのですが、通常の部屋で葬儀を行う場合は、家具などを白布で覆ったりする準備もありますので、自宅家族葬を行う場合でも、業者に依頼した方がスムーズに葬儀を行うことができるでしょう。

家族葬にはどんなメリットがあるのか?

一般的な葬儀と比べて家族葬にはどんなメリットがあるのでしょうか?

アットホームな雰囲気で故人を送ることができる

家族葬に参列するのは、親族やごく僅かな知人だけですから、余計な気を使うことがなく、アットホームな雰囲気で故人を送ることができます。通夜や告別式に参列する人は一般葬ではゲストとなりますが、家族葬の場合参列した全員で葬儀を作りあげるという形になります。

形式にとらわれることがない葬儀を行うことができる

昔から冠婚葬祭には、マナーやしきたりというものがつきものです。特に葬儀の場合は形式というものが重要になっていますが、家族葬の場合は、参列した親族が納得するならば特に形式にとらわれることなく自由な形で葬儀を行うことができます。

喪主のスピーチなどについても、家族葬ならば必ずしも行わなければならないものではありませんので、形式にとらわれることがないことで喪主側の負担も軽減されるというメリットがあります。

費用の節約ができる

実際、一般葬と家族葬の費用を比較すると、葬儀に必要な費用の違いはそれほどありません。一般葬でも祭壇を小さくすることや、小ホールを利用することで、費用の節約ができるからです。当然のことながら、戒名料や読経のお金などの寺院の費用についても一般葬との違いはありません。

一般葬と大きな違いがでるのは、飲食代です。家族葬の場合は参列者に対する通夜振る舞いや精進落としなどを行わなかったり、ごく小規模で行うことが多いので飲食代はかなり節約することができます。会葬品についても親族同士で話し合いをして、出すかどうか決めるので、会葬品を用意しない家族葬は少なくありません。

一緒に読まれている記事

家族葬のデメリットとは?

それでは一般葬と比較して、家族葬のデメリットも紹介します。

参列希望者を断り家族葬を行う理由を伝える必要がある。

故人の知人などで、葬儀に参列したいという希望を持っている人や、全ての親族を呼ぶわけではないので、呼ばない親族には家族葬を行う旨とその理由を伝えなければなりません。

故人の知人や親族の中には「生前にお世話になったからどうしても葬儀に参列したい」「あれだけ友達が多い人だったから、賑やかに最後を送ってあげた方がいいのではないか?」などという考えをもっている方もいます。

人の意見はそれぞれですので、何故家族葬を行うのかについて納得してもらう理由を伝える必要があります。このことから葬儀を行う連絡においては一般葬よりも家族葬の方が大変だということになります。

一緒に読まれている記事

葬祭費の個人負担が一般葬よりも増える可能性がある

家族葬のメリットで、費用を節約できると書きましたが、葬儀の場合は、葬儀費用の支出だけではなく、香典としての収入があります。一般葬の場合は、支出も多いですが、香典の収入もあるので、相殺したらそれほど葬儀費用を負担することはなかったということもあります。

家族葬の場合は、参列者が少ない分香典収入も少なくなってしまいます。そのため会葬品などを出さないようにして節約することもできますが、前述したように飲食費は節約することができても、一般葬祭費や、寺院費用などは一般の葬儀とほぼ変わらないので、香典収入が少ない分負担が増える可能性があります。

一緒に読まれている記事

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。