義理の父・母の葬儀 香典の平均金額と包み方とは

長い人生の中では、葬儀に参列することがあるでしょう。そんなとき、迷うことはありませんか?

例えば、義理の父や義理の母が亡くなって葬儀が行なわれる事になった時。
「どれくらいの金額を香典として包めば良いのか」「香典の包み方は?」「香典の封筒にどんな言葉を書けばいいのだろう・・・」
といったことで悩まれる方は多いです。

こちらでは義理の父や母の葬儀での香典について詳しくお話していきます。また、香典の額は亡くなった方と自身の関係によって違うものですが、これはどういった基準で変わるものなのかという事についてもご紹介します。

一緒に読まれている記事

義理の父・母の葬儀で渡す香典の金額

義理の父・母の葬儀で香典を包む場合、自分の親が亡くなったときと同じ金額と考えるのが良いです。相手との関係のほか、自身の年齢によっても相場がかわってきます。

  • 20代:3万円〜5万円
  • 30代:5万円〜10万円
  • 40代以上:5万円〜10万円

しかし、夫婦のどちらかが喪主として葬儀を取り仕切っている場合や、葬儀費用などの一部を負担している場合は、香典を出す必要はありません。

香典の包み方は中包みにお金を入れて裏側に金額と名前、住所などを書いておきます。この時、必ず筆もしくはペンで消えないように書いておきましょう。読み間違いを防ぐため、金額は漢数字で書きます。使うお札は不祝儀のために使うので、新札ではないものを用意します。

一緒に読まれている記事

香典の封筒にはどう書けばいいの?

香典 金額

香典の封筒の表に書く言葉は宗教によって違いますが、どの宗教でも共通で使える言葉は「御霊前」です。この言葉が書いてある香典袋は葬儀はもちろん、お通夜の際にお渡しする場合にも使う事ができます。

蓮などの絵が描いてあるものではなく、シンプルな白のものを使う方が良いでしょう。蓮は仏教向けのものですから、他の宗教の場合には使えません。水引の下に薄墨でフルネームを書いておきます。

夫婦で葬儀に出る場合、香典の名前は夫の氏名を書きます。冠婚葬祭において、個人ではなく家同士のおつきあいと考えられているためです。そのため、夫婦で出すからといって金額を倍にしなければならない、ということもありません。

しかし夫婦ともに故人とおつきあいがあって連名で出したい場合は、右側に夫の名を、その名前の左横に妻の名を書きます。これはどちらの親が亡くなった時でも同じです。

また、「心付け」や「志」と書くという事を聞いた事がある方もいるのではないでしょうか。「心付け」は葬儀を手伝った方へのお礼にお渡しする物の熨斗に書く言葉であり、「志」は香典返しの熨斗に書く言葉ですので、香典には書きません。

香典に包む金額の目安や避ける数字

香典の金額は自分と相手の関係によって変わります。

  • 父・母や義理の父・母:5万円〜10万円
  • 自分の兄弟や義理の兄弟:3万円〜5万円
  • 祖父や祖母:3万円〜5万円
  • おじやおば:1万円〜3万円
  • 友人や上司・職場の同僚:5千円〜1万円
  • 友人・上司・同僚の親御さん:3千円〜5千円

香典の金額で気をつけるべき点として避けた方がよい数字があります。4、9と、偶数です。4と9は「死」や「苦」を、偶数は「別れる」「切れる」を連想させるからです。

しかし、1万円と3万円の間をとって2万を包む場合もあるため、偶数でありながら2は問題ないとされています。そのため、香典では1、2、3、5、10というきりの良い数字の金額を包みましょう。

一緒に読まれている記事

まとめ

義理の父・母への香典は、自分の親が亡くなったときに渡す金額が相場です。香典に書く名前は夫の氏名だけで問題ありません。頭文字が偶数の数字や4、9は避けましょう。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。