葬儀の受付を頼まれたら?6つのポイント

「葬儀の主催者から受付係を任された」という方は一定数いるのではないでしょうか。参列者側と遺族側の人々が式場で初めて相対する受付係は、いわば遺族側の「顔」です。受付係を任されるということは責任が伴う一面、主催者の信頼を受けているということでもあります。

この記事には受け常の仕事の流れや注意事項などがまとめてありますので、受付の仕事をする前に重要なポイントを確認していきましょう。そのうえで仕事を全うすれば、あなたに受付業務を依頼した主催者にも「頼んでよかった」と思ってもらえることでしょう。

葬儀の受付を頼まれたら、まず知っておきたいポイント

  • 葬儀の受付係は誰が行っても良いが、主催者に依頼された方が対応するのが一般的。
  • 会葬者が多く訪れるため、受付には最低でも3人いたほうが良い
  • 葬儀の内容、会葬者の名簿、挨拶の仕方、受付業務の流れを事前に確認しておくべき
  • 革製品を避けた、黒で統一した喪服を着用する。髪も整えておく
  • 受付係は可能な限り引き受けるようにし、丁寧な言葉遣いと立ち振る舞いを心がける
  • 葬儀の受付の業務中はご遺族の代理としての自覚を持った対応をし、香典は1人の人が責任を持って預かる

葬儀の受付係は誰が行うものなのか?

葬儀を執り行うにあたり、必ず必要になるのが受付係です。参列する場合は、必ず受付を済ませなければいけません。ここでは、受付係は誰が行うものなのかについて解説します。

主催者に依頼された方が対応するのが一般的

受付係は故人のご遺族から依頼された人が対応するのが一般的です。理由は、会葬者から香典を受け取るからです。お金の受取を葬儀社に任せたくないと考えるご遺族の方もいます。

また、会葬者側からすると、ご遺族の方にお悔みの言葉を述べたいと思うでしょう。そのような場合に、葬儀社の従業員の方が担当でいると、どのような言葉を述べていいのか困惑してしまうということが起こるようです。実際に、そのような場合は香典だけ渡して、お悔みの言葉を述べないという考えの人います。

そのため、受付担当は、ご遺族の方が依頼した方が行うのが一般的です。

受付係は誰が行えばいいのか決まりはない

親族が行うのが一般的ですが、実際には決められたルールがありません。そのため、友人や近所の方に受付係を依頼しても良いのです。

近頃は少子高齢化社会や未婚者の増加によって、親族に依頼することができない人も増えてきています。そのような人の場合は、葬儀社が行うことも多いです。このように、受付係は誰でなければいけないという決まりはありません。そのため、受付係を依頼された場合は、ご遺族の気持ちを配慮して引き受けるようにしましょう。

受付係は最低3名必要

受付係は最低3名必要です。芳名帳に住所や氏名を記載してもらう担当者、返礼品を渡す単葉者、会計の担当者で3名となります。会葬者は気を利かせて10分前には訪れてくるでしょう。同時に多くの会葬者が訪れてくるため、1人で対応するのは困難です。そのため、最低3名必要です。

規模によっても異なってくると思いますが、会葬者の人数が多い場合は、5名体制を整えておくと安心できるでしょう。どれぐらいの会葬者が訪れてくるのかを事前に確認しておくと安心できるでしょう。

チェックポイント

受付係は誰が行うかの決まりはないが、主催者に依頼された人が対応するのが一般的。

人数によっては会葬者が多く訪れるため、受付には最低でも3人いたほうが良い。

一緒に読まれている記事

受付係の主な仕事内容

葬儀の受付の写真

受付係を頼まれたら、実際にどのような仕事をするのでしょうか。ここでは、仕事について詳しく解説します。

受付係の仕事は、以下の流れで進んでいきます。

  1. 受付の準備
  2. お荷物や上着をお預かりする
  3. 会葬者に芳名帳を書いてもらう
  4. 香典を受け取る
  5. 香典金額を集計する

受付の準備

仕事は準備から始まります。会葬者の方に住所と氏名を記載してもらう芳名帳、記載してもらう際に必要な筆記用具、香典受けを用意して、テーブルに並べます。会葬者は開始10分前には訪れてくるため、30分前には準備を整えておきます。そのため、他の会葬者よりも早めに会場へ来なければいけません。

お荷物や上着をお預かりする

式中は手荷物があると不便です。そのため、会場にクロークがある場合は、会葬者のお荷物や上着を預かります。

会葬者に芳名帳を書いてもらう

会葬者が訪れてきたら、会釈をして芳名帳にフルネームと住所を記載してもらいます。会社の組織の代表として訪れてもらった場合は、会社名も記載していただきます。

香典を受け取る

会葬者は香典を手渡してくれるため、受取ります。その際に、香典袋を確認して苗字のみしか書かれていない場合は名前も聞いて、香典返しを送れるようにフルネームが分かるようにしておきましょう。香典はお金であるため、取り扱う際は十分に注意しなくてはいけません。

香典金額を集計する

会計係は1人に決めます。担当者を決めないでいると、お金がなくなってしまった際に責任を問うことができません。そのため、会計係は信頼のおける親族にお任せするのが一般的です。

会計係は弔問客がいなくなった際に、香典を回収します。金額を確認するかしないかは喪主の考えによって異なります。

しかし、故人のご遺族は対応に追われているため、香典金額を数えることができません。そのため、会計係に香典金額を数えてもらい、名前と金額を書いた香典リストを作成してもらうケースが多いです。

あらかじめ確認しておくべき内容

受付係を担当することになった場合は、スムーズな対応を行うために事前確認をします。ここでは、事前に確認しておきたい内容について解説します。

具体的には、以下の4点です。

  • 葬儀の内容
  • 会葬者の名簿
  • 挨拶の仕方
  • 受付の業務の流れ

葬儀の内容

受付では、芳名帳に名前を記載してもらったり、香典を預かったりするだけではなく、弔問客からの質問にも答えなければいけません。葬儀が開始される時間帯や会場などについて聞かれることがあるでしょう。そのような質問をされた場合に答えられるように、内容は事前に確認します。

一緒に読まれている記事

会葬者の名簿

葬儀の規模はさまざまです。会葬者名簿が用意されているので、どれぐらいの会葬者の方が来るのかを事前に確認します。会葬者の方は、10分前には訪れてきます。多くの人が訪ずれる可能性もあるため、会葬者名簿には事前に目を通します。

挨拶の仕方

受付での挨拶は、ご参列頂いた方への感謝を込めた言葉を丁寧に述べなければいけません。「わざわざ遠方よりお越しいただきまして、ありがとうございます」と来てくだった弔問客に対して挨拶するのが一般的です。また、天気の悪い日には「お足元の悪い中お越しいただきまして、ありがとうございます」とも言います。

受付係は、ご遺族の方の代理の立場にあたるため、挨拶の仕方について事前に確認します。

受付の業務の流れ

受付係は、何度も経験するものではなりません。しかし、御遺族の代理で対応を行うため、恥ずかしくない対応を心掛けなければいけません。そのため、業務の一連の流れは、葬儀が始まる前に確認しましょう。

受付を行う際の服装

受付係は、故人とご遺族の顔にもなる総合窓口です。そのため、担当する際は服装のマナーも守るよう心がけます。

男性の服装

喪服姿の男性のイラスト

男性の喪服は、ブラックスーツを着用するのが一般的です。ワイシャツは、白の無地のシャツを選びます。ネクタイや靴下、靴も黒で統一します。エナメルなど光沢のあるものは避けるようにしましょう。また、革製品の鞄は殺生をイメージさせてしまうため、合皮や綿素材のものを選ぶようにします。

女性の服装

喪服姿の女性のイラスト

女性の場合は、露出が少ない黒のワンピースやスーツを着用します。スカートを選ぶ場合は、正座をしても膝が隠れるような丈のものを選びます。スットキングは黒色を選びましょう。靴やバッグは男性と同じように、光沢や飾りがないシンプルな黒色のものを選びます。

さまざまな対応に追われるので、ヒールが低い靴を履くほうがいいでしょう。メイクは薄めに整えて、ロングヘアであれば髪を整えます。会釈をした際に、前髪が顔にかかるのは失礼にあたります。そのため、前髪が長い場合は、ピンなどで顔にかからないように工夫します。

一緒に読まれている記事

受付を行う際の基本的なマナー

受付係を担当する際には、基本的なマナーを守るように心がけましょう。具体的には以下のポイントをおさえておけば良いでしょう。

  • 可能な限り受付係は引き受ける
  • 丁寧な言葉遣いを心がける
  • 葬儀の受付時は立ち振る舞いも意識する

可能な限り受付係は引き受ける

主催者の方から受付係を依頼された場合は、可能な限り断ることをせずに、引き受けるのが常識です。故人のご遺族の方は、深い悲しみの中で葬儀の準備や弔問者の対応に追われています。やむを得ない事情で依頼しているのです。そのようなご遺族の気持ちを考えて、依頼をされた場合は引き受けるようにしましょう。

丁寧な言葉遣いを心がける

受付係は、総合窓口のような役割を持っています。ご遺族の代理として、弔問者に対応することになり、さまざまな対応が求められます。ご遺族の代理として担当していることを自覚して、丁寧な言葉遣いで挨拶、声かけをしましょう。また、会場の場所や開始時刻について尋ねられることがあるため、開始前には葬儀に関する情報を頭に入れておきます。

葬儀の受付時は立ち振る舞いも意識する

受付をしている最中は、携帯電話の電源を切りましょう。重要な連絡が入ってくる恐れがある場合は、マナーモードにしておくのがエチケットです。葬儀が執り行われることをわきまえて、会話のトーンにも気をつけましょう。大きな声で話したり、笑顔で話したりするのはマナー違反となります。

受付を行う上での注意事項と心構え

御霊前の写真

受付係を担当する際に注意しなければいけない事項と心構えも覚えておきましょう。

香典を預かる場合は責任を持つこと

葬儀場で警戒しなければいけないことは、香典泥棒がいることです。「喪主から香典袋を預かるように頼まれた」と言ってくるような人がいても、簡単に信用をしてはいけません。そのように声をかけられた場合は「香典の管理は私が担当しています」と伝えて断るか、喪主の人に確認しましょう。また、不審な人物を見かけた場合は、喪主に伝えます。

また、香典泥棒の被害のみならず、金銭トラブルを未然に防ぐためにも、会計係は複数人で行うのではなく、1人の人が責任を持って最初から最後まで対応するようにしましょう。葬儀の間は、会計担当者はその場を離れないようにします。

ご遺族の代理としての自覚を持つこと

受付係は、故人とご遺族の代理となります。受付係の対応の良し悪しが、会葬者の方々からの印象を大きく左右します。そのため、依頼された場合は、ご遺族の立場を考えた対応をします。生前、故人様にお世話になった方もいると思います。そのため、ご遺族の方に「あなたに依頼して良かった」と思われるような対応を心がけてみてください。

チェックポイント

金銭トラブルを防ぐためにも、1人が責任をもって香典を預かるようにする。

受付を行う時はご遺族の代理として、依頼したご遺族の立場を考慮した対応をする。

一緒に読まれている記事

まとめ

いかがでしたでしょうか。葬儀での受付係は、参列者の方々が最初に目にすることになる、いわば故人とご遺族の「顔」です。ご遺族を代理としての自覚を持ち、マナーを守った対応をするよう心がけましょう。

葬儀に参列するものとしてのマナーをおさえ、受付の業務などを事前に確認しておけば、ご遺族に恥をかかせることも少なくなるはずです。受付係を依頼された場合は、事前に準備をしておきましょう。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。