訃報とは?連絡をする人や返信の仕方などを解説!

突然訃報という形で死を知らされることも多くあります。

訃報の連絡は誰にするのか、どのような方法で連絡をするのか、などわからないこともあるかと思います。

当記事では訃報について解説をしていきます。

この記事のポイント

  • 訃報は「人の死を伝える知らせ」のこと
  • 訃報の連絡は親族、葬儀業者、お寺などにする
  • 訃報の連絡は基本は電話でする
  • 弔問をするかどうかは自分の立場を考える

訃報の読み方、意味とは

意味

訃報と書いて「ふほう」と読みます。

訃報とは「人の死を伝える知らせ」のことをいいます。

身近な人が亡くなったと言う場合には訃報の連絡をしなければなりません。

訃報の類義語

類義語

訃報の類義語として、「悲報」があります。

意味は似ているですが、厳密には違います。

悲報はただ単純に悲しい知らせを意味しますが、訃報は人が亡くなった時のみです。

訃報の対義語

対義語

訃報は人が亡くなったことの知らせという意味でした。

対義語としては「朗報」や「吉報」があります。

どちらも嬉しいことなどの知らせという意味を持ちますが、訃報の厳密な対義語ではありません。

訃報の連絡をするべき人

連絡をする人

連絡をするべき人

  • 親族
  • 葬儀業者、お寺
  • 故人の交友関係
  • 自分の会社

身近な人が亡くなった場合、誰に連絡をしていいのか悩むかと思います。

主に上記の方に連絡をしていきます。

ただし、やみくもにこれらの人々に連絡をすればいいと言うわけでもありません。

連絡をする内容、タイミングなども考える必要があります。

例えば、必ず葬儀に参列してもらうであろう親族にはでできるだけ早く連絡をします。

また、葬儀の日程を決めるためにも葬儀業者とお寺は早めに連絡を取る必要があります。

もし家族葬にする場合には故人の連絡のタイミングや連絡内容に配慮が必要になります。

訃報の連絡方法

連絡

訃報の連絡方法

  • 電話
  • メール、LINE

訃報の連絡をする方法としては主に上記の2つになります。

それぞれについて詳しく解説をしていきます。

電話

電話

一番基本的な方法は電話で訃報の連絡をすることです。

特に近い親族や葬儀業者、お寺へは電話で連絡をしましょう。

また、一人一人に電話をしていると時間がかかってしまうこともあります。

そういった場合には親族の方などに連絡を回してもらうように協力をしてもらいましょう。

メール、LINE

メール

訃報の連絡をメールやLINEですることはマナー違反ではないのか?と思う方もいるかもしれません。

しかし、訃報の連絡は素早く確実に連絡をすることが理想ですのでマナー違反にはなりません

そのため、メール、LINE、FAXなどの使い分けをして連絡をしていきましょう。

はがき

はがき

訃報の連絡ははがきでするということもあります。

はがきでの連絡は基本的に葬儀後に事後報告という形で送ることが多いです。

訃報の連絡内容

内容

訃報の連絡内容

  • 故人の名前
  • 通夜、葬儀の案内
  • 喪主の名前、連絡先

訃報の連絡をする際には主に上記の3つを伝えます。

まずは誰が亡くなったのか、故人の名前を伝えます。

死因については故人や喪主の意向次第で伝えなくても構いません。

もし逆に訃報の連絡を受けた場合には、死因を尋ねることはマナー違反なので気をつけましょう。

次に通夜・葬儀に案内をします。

具体的には日時、場所、葬儀の形式、宗派などを伝えましょう。

香典などを辞退する場合にはその旨も伝えます。

訃報の連絡を受けたら

連絡を受けたら

訃報の連絡を受けたら

  • 訃報の連絡の返信
  • 訃報の返信の内容
  • 弔問について

逆の立場として訃報の連絡を受けたらどうすればいいのか、も悩みますよね。

それぞれの対応について解説をしていきます。

訃報の連絡の返信方法

返信

基本的には訃報の連絡を受けたら、受けた連絡方法と同じ方法で返信をしましょう。

LINEで連絡がきたらLINEで返信をする、はがきで来たらはがきで返すということがマナーです。

訃報の返信の内容

返信の内容

訃報の連絡の受けたときの返事は

  • お悔やみの言葉
  • 確認事項

の2つの内容のみにしましょう。

お悔やみの言葉は、「お悔やみ申し上げます」「この度はご愁傷様です」といった言葉で構いません。

次に確認事項としては

  • 通夜、葬儀の日時
  • 喪主の名前
  • 宗派

などを確認しましょう。

また、LINEやメールでの返信の際には最後に返信不要の旨を書いてあげると親切です。

もう一つの注意点は電話の際にはあれこれ聞いたり長話をせず、簡潔に済ませるように心がけましょう。

弔問について

弔問

訃報の連絡を聞いたら弔問をするかどうかを検討しましょう。

近親者に関してはやはり出来る限りすぐに駆けつけるのが望ましいでしょう。

通夜や葬儀の際には人でが多くかかるので、人手などは多くあった方が良いとされています。

ただし、遠い親戚や友人といった場合には遺族への配慮が必要です。

遺族の負担にならないように、葬儀後落ち着いたタイミングで弔問をするといったことにしましょう。

訃報の連絡の文例

文例

シチュエーション別に弔問の連絡の文例を紹介していきます。

電話で訃報の連絡

〇〇の妻の△△です。

この度〇〇が(死亡原因)のために逝去いたしました。

至急お伝えしたく、ご連絡差し上げます。

つきましては通夜は◯日△時から、葬儀・告別式を✕日△時から□□寺にて私が喪主として執り行います。

ご連絡いただく場合は私の携帯090‐○○○○-✕✕✕✕にお願いいたします。

メールやFAXで訃報の連絡

【訃報】〇〇逝去のお知らせ

いつもお世話になっております。○○の長男、✕✕です。

本日〇月✕日正午に、急性心不全のため享年〇〇歳にて他界しました。

生前の深いご親交に厚く御礼申し上げます。

なお、通夜・葬儀は下記の通り仏式にて執り行います。
故 〇〇 儀 葬儀告別式
通夜       令和○年○月○日(水) 午後○時より
葬儀告別式    令和○年○月○日(金) 午後○時より○時まで
場所       ○○斎場
仏式       浄土宗
喪主       ○○□□(長男)
連絡先

まとめ

この記事のポイント

  • 訃報は「人の死を伝える知らせ」のこと
  • 訃報の連絡は親族、葬儀業者、お寺などにする
  • 訃報の連絡は基本は電話でする
  • 弔問をするかどうかは自分の立場を考える

いかがでしたでしょうか。

訃報について当記事では解説をしてきました。

訃報の連絡をする機会も普通は少ないですし、連絡を受ける時は突然です。

そのため、お互いに思いやる気持ちが大切です。 

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。