身内葬の流れ

少子化や高齢化、家族構成の変化などに伴い、人生の最後を飾る葬儀の形式にも変化がみられるようになりました。

従来一般的であった葬儀は比較的大規模なものでしたが、近年では「身内葬」や「家族葬」といった名前の葬儀形式もよく聞かれるようになりました。果たして、この2つの新しい葬儀形式にはどのような違いがあるのでしょうか。

一緒に読まれている記事

身内葬の流れについて大切なポイント

  • 身内葬と家族葬はどちらも小規模な葬儀を指す言葉。両者に大きな違いはない
  • 身内葬の具体的な流れをおさえましょう
  • 身内葬で通夜振る舞いや精進落としは、身内での会食という形になる

身内葬は家族葬とどこが違う?

白と青い花で飾られた祭壇の写真

社葬や大規模な葬儀が行われることが年々少なくなり、最近では家族や親族のみで行う小規模な葬儀で故人を送る形式が増えています。

親族だけで葬儀を行いたいが、家族葬にしたらいいのか身内葬の方がいいのか悩んでしまう人もいると思いますが、身内葬と家族葬はどちらも、同じ小規模形式の葬儀になります。

小規模葬儀は、最近になってから行われるようになった比較的新しい形の葬儀になるので、まだ呼び方に統一性がないということから呼び方が分かれているということです。

言葉のイメージだけで見ると、家族のみで行われる家族葬よりも、身内葬の方が他の親族や知人などが参加できるのではないかと思ってしまうかもしれません。しかし家族葬にしても参列するのは家族に限定されるわけではなく、あくまでも大きな葬儀を行わずに、アットホームな雰囲気で故人を送りたいという希望のためなので、家族以外が参列することについても全く問題ないのです。

チェックポイント

呼び名は違えど、身内葬と家族葬はどちらも小規模な葬儀を指す。家族以外の人が参列しても問題があるわけではない。

一緒に読まれている記事

身内葬はどのような流れで進められる?

祭壇の白い花の写真

身内葬も通常の葬儀と同様に通夜と告別式の2日間にわたって行なわれるものです。

前日の準備までの流れと、通夜、告別式の当日の流れについて説明します。

一緒に読まれている記事

臨終から葬儀の準備への流れ

ご臨終から葬儀を準備する段階までは、具体的に以下の流れで進んでいきます。

  1. 親族や家族への連絡
  2. 臨終の宣告を受けたら
  3. ご遺体の搬送
  4. 葬儀の打ち合わせ
  5. ご遺体の納棺を行う

親族や家族への連絡

病院で危篤状態を告げられた時に、速やかに親族や家族に連絡をします。ここで連絡をする親族は、身内葬に参列をお願いする親族になるため、危篤になったことを知らせて、葬儀へ参列する準備をしてもらうことになります。

臨終の宣告を受けたら

医師の診察が終わり、臨終の宣告を受けた後に、ご遺体は病院内の遺体安置室に移動されます。ここでやらなければいけないことは、病院から自宅や斎場に遺体を搬送してもらう業者に連絡をすることです。

ご臨終が告げられた後に看護師さんからご遺体のエンゼルケアをしてもらいますので、その間に搬送先を決定し、業者に搬送依頼をすることになります。危篤状態の時に、業者を選択しておくのが一番いいのですが、まだ業者が決まっていない時は、病院と提携している葬儀社に搬送を依頼することになります。

病院に紹介してもらった業者に搬送からその後の葬儀の施行をお願いすることもできますが、余裕がある場合は、業者には搬送だけお願いして、自宅に遺体を安置した後に業者を選ぶことがいいでしょう。時間はあまりありませんが、インターネットなどで、料金などを比較検討して自分の希望通りの葬儀を行える業者を選ぶことが重要です。

ただ、自宅に遺体搬送ができない場合は、斎場の遺体安置所を利用する必要があるので、搬送業者が用意したホールに移動することになります。

ご遺体の搬送

葬儀社に連絡をしてから、病院に到着するまでそれほど時間はかかりません。ただし道路状況や病院の場所によっては、1時間~2時間程度の時間がかかることも考えられます。

自宅やホールへの搬送の場合、搬送料金は定額となっていますが、長距離の搬送の場合は追加距離に応じての料金が発生します。一般的には2キロごとに追加料金が発生する計算になることが多いです。

葬儀の打ち合わせ

身内葬が希望の場合は、小規模葬儀をおこなってくれる業者を選ぶ必要があります。最近の傾向では、大規模葬儀よりも小規模葬儀が選ばれるようになっているので、どの葬儀社に依頼しても身内葬は可能だと思います。

亡くなられた次の日にお通夜が行われることになりますが、、その日の夕方に仮通夜を行うということになりますので、葬儀の打ち合わせにもそれほど時間をかけることはできません。

打ち合わせでは、葬儀社が用意した身内葬のパッケージプランを元にして、追加オプションや、参列する人の数によって返礼品通夜振る舞いの数量を決定します。通常の葬儀では、なかなか参列者の数を正確に予想できるものではありませんが、身内葬の場合、こちらから頼んで参列してもらうという形になるので、参列者の人数は正確に割り出せます。その際、葬儀料金の見積を必ず業者から受け取るようにしてください。

料理や返礼品などの飲食接待費については、葬儀見積に組み込まれていないことが多いので、総額を知りたい場合は、飲食接待費の概算を出してもらうのがいいでしょう。

その他にも、お布施などの寺院費用がかかりますので、菩提寺がある場合は、菩提寺に連絡した時に聞いておく必要があります。

葬儀社によっては、僧侶を呼ぶこともオプションとして提供しているところもありますので、その場合は見積りに組み込まれているから大丈夫です。

チェックポイント

葬儀社から見積もりを必ず受け取り、何が葬儀プランに含まれていて何が含まれていないのか明確にしておくこと。

お布施などの寺院費用は葬儀費用に含まれないので、寺院費用についても菩提寺に相談しておくこと。

一緒に読まれている記事

ご遺体の納棺を行う

葬儀社のスタッフと一緒に、ご遺体を納棺します。身内葬の場合は、集まる親族の数が少ないこともありますので、スタッフが中心になって納棺することになりますが、その際は遺体に手を添えるなどして参加をします。

納棺時に、自宅に祭壇を設置します。身内葬の場合は、葬儀に参加できない個人の知人や友人が多くなりますので、通夜の前に自宅に弔問に来られることも増えることが多いです。弔問客をお迎えする際に、自宅祭壇は必要なものとなります。

また納棺する前には、スタッフがエンゼルケアを行います。病院でのエンゼルケアは遺体の保全のためでしたが、ここでのエンゼルケアは故人が、弔問客に最後の姿を見せるための死化粧の意味合いが強くなります。

以前は、納棺の前に湯灌を行うことが普通でしたが、最近ではエンゼルケアだけを行い、湯灌はオプションとして用意されるということが多いようです。

通夜~告別式 葬儀当日の流れ

お通夜から葬儀当日の具体的な流れは、以下のようになります。

  1. 通夜
  2. 通夜振る舞い
  3. 告別式
  4. 出棺~火葬
  5. 収骨~法要

通夜

亡くなられた日の翌日に通夜が行われます。当日の夜に仮通夜が行われることもありますが、友引では火葬が行われない土地もあるので、告別式の日に合わせて通夜の日程が決まりますので、火葬する前の日に通夜が行われると考えた方がいいでしょう。

通夜振る舞い

参列された方のお焼香が終わった後には、身内葬でも通夜振る舞いを行われることが多いです。大勢の参加者がいるというわけではないので、通夜振る舞いというよりも身内での会食という感じになります。

告別式

火葬の当日の朝に告別式が行われます。通常の葬儀では、告別式の会場の隣に、お別れ会用の小さな会場が用意されており、告別式が終わってから、親族や親しい人によっての中に献花をしたり、最後のお別れをすることが通例です。

しかし身内葬の場合は参加される人が少ないので、告別式の会場内で参加者全員がお別れ会まで行うことが多いです。

出棺~火葬

棺を霊柩車に乗せて火葬場へ移動します。身内葬に参加された方達も葬儀社が用意したバスや自家用車などで、一緒に火葬場へ向かいます。

火葬される前に、僧侶から最後の読経がおこなわれ、身内の者たちが最後の焼香を行い、遺体を火葬します。

収骨~法要

火葬された遺体を参加した親族で骨壺に拾い上げて収骨し、終わった後はもう一度告別式の会場となった斎場へ戻り、繰り上げ法要を行います。

亡くなられてから7日後に初七日法要を行うのですが、最近ではなかなか法要に時間が取れないという方が多いことから、告別式の当日に初七日法要を繰り上げて行うことが普通になっています。

つまり、葬儀の日の後の法要は、四九日法要が最初の法要になるということです。

初七日法要が終わった後は、集まった親族で精進落としの会食を行います。通夜振る舞いと同様に、故人を偲ぶ食事会といったような形式になります。

まとめ

現代ではより小規模な形で、親しい人のみが集まりゆっくりと故人を悼む形の葬儀が増えています。

一般的な大規模な葬儀とは流れが異なることもありますので、身内葬がどのような流れで行われるのかおさえておくと良いでしょう。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。