返礼品・香典返しのマナー

葬儀にはたくさんの人々が参列に来て下さいます。故人様にお世話になったため追悼の意を示したいという方、日々の生活で多忙な中貴重な時間を割いてくださった方、遠いところからわざわざ出向いてくださった方……一人ひとりが故人様のためを思い葬儀に参列して下さっています。

そんな参列者の方一人一人に、来てくださったことに対して感謝を表すために返礼品を送ります。しかし一口に返礼品をいってもいくつかの種類があり、それぞれ渡す時期や意味合いが異なります。ここを間違えると、感謝が伝わらないことはおろか、何かトラブルになってしまうかも。今回は、そんな返礼品についてのマナーを一通り解説していきます。

一緒に読まれている記事

葬儀の返礼品・香典返しのマナーの重要なポイントまとめ

  • 葬儀の返礼品は、通夜返礼品、会葬返礼品、香典返し、身内への返礼品の4つに分けられる
  • 返礼品の予算は通夜返礼品や会葬返礼品なら1,000円程度、香典返しなら頂いた金額の半額、身内への返礼品なら3,000円程度。
  • 通夜返礼品や会葬返礼品は当日に渡す。香典返しは忌明けあるいは当日に渡す場合がある。身内へは葬儀後にの返礼品を渡す
  • お礼状は文面をはがきに印刷して送るケースが多いが、そのままではなく封筒に入れて送らないと失礼にあたる。

返礼品の意味

返礼品の写真

返礼品(へんれいひん)は、別名で通夜返礼品・会葬返礼品・法要引き出物と呼ばれます。別名の呼び方でも分かる通りで、お通夜やご葬儀に参列してくれた方へ、お礼の気持ちを込めて贈る品物をいいます。返礼品は大きく分けると以下の4つに分類できます。

  • 通夜返礼品
  • 会葬返礼品
  • 香典返し
  • 身内への返礼品

返礼品の種類よってそれぞれ意味合いや渡す時期が異なりますので、それぞれの種類の違いをしっかりおさえましょう。

通夜返礼品

参列者の方に、お礼状と一緒にお渡しするものです。通夜の場合は、突然執り行われるためゆっくりとできない会葬者が多く、通夜振る舞いに参加せずに帰宅してしまう方もいます。そのような方に会葬のお礼として渡すために通夜返礼品をお渡しするのです。

従来は、通夜振る舞いに参加できない方に送るものだったため、お菓子やお茶など、口にする食料品が選ばれていました。

葬儀の形式もさまざまになっている関係で、通夜振る舞いの参加や不参加に関係なく、会葬者全員に渡されるものとなりました。通夜返礼品には会葬者の方の荷物にならないような、持ち運びにかさばらずに軽いものが好まれます。

会葬返礼品

香典の有無に関係なく、ご葬儀や告別式に参列してくださった方全員にお渡しする品物のことをいいます。告別式は故人様をあの世に送り出す神聖なる儀式です。

そのような儀式に参加してくれる方は、故人様と生前深い交流があった方です。生前、故人様がお世話になったことに関するお礼と弔問してくれたお礼を伝えるために、お渡しします。

会葬礼状と一緒にお渡しします。一般的には、清め塩などをお渡します。会葬者が持って帰る品物のため、軽くてかさばらないものが望ましいです。

香典返し

香典を渡してくださった方に対して、感謝の意を込めてお返しするために送る品物です。

一般的に、四十九日(忌明け)に郵送でお返しするケースが多いですが、葬儀当日にお渡しすることもあります。香典返しの予算の相場は、相手から受け取った金額の半返しです。

香典返しでも日用品などのような消耗品が好まれているようです。また、会社などの団体宛に香典返しを贈る場合は、小分けに包装されていて複数人に配布できるようなお菓子やコーヒーなどが好まれる傾向があります。

金額を基準に選ぶだけではなく、香典返しをお渡しする相手が喜びそうなものを選ぶこともあります。

一緒に読まれている記事

身内への返礼品

葬儀では親族が集まります。気を利かせて、葬儀の下準備や当日の対応に協力してもらえるでしょう。そのように協力してくれた親族に対して、お礼の品物で用意します。

地域よって考え方は変わります。また、親族との関係性によっても変わってくるでしょう。親族の方の中には「葬儀でもお金がかかっているのに、返礼品などでお金をかけて欲しくない」という考えを持っている人も近頃は多いようです。身内への返礼品は必ず用意しなければいけないものではないため、良く考えてみましょう。

そのため、身内に対する返礼品を渡すべきなのかどうか悩んだ際は、依頼する葬儀社に相談をしてみてください。

香典返し・返礼品の予算

香典返しや返礼日の予算は、いくらなのか悩んでしまう方もいると思いますが、大体の予算が決まっています。相場に見合ったものをお渡しするようにしましょう。

通夜返礼品:1,000円

弔問者全員にお渡しする通夜返礼品の相場は1,000円です。通夜振る舞いの代わりとなる食料品や日用品を贈るのが一般的です。

会葬返礼品:1,000円

香典の有無に関係なくお渡しする会葬返礼品の相場も1,000円です。ハンカチや清め塩などを贈るのが一般的です。

香典返し:金額の1/2

香典返しの料金相場は、香典の金額によって異なります。頂いた香典の金額の半額に値する品物をお渡しします。

身内への返礼品:3,000円程度

身内にも葬儀の下準備や受付対応、会葬のお礼などを込めて返礼品を送りますが、相場は3,000円程度となります。しかし、身内への返礼品は、相手との関係性によって相場は大きく異なってくるため、あくまでも参考程度にお考えください。

チェックポイント

返礼品の予算は種類によって1,000~3,000円と開きがある。香典返しは頂いた金額の半額程度の品物をお渡しするのが普通。

一緒に読まれている記事

返礼品を渡す時期

カレンダーとボールペンの写真

忙しい中で時間を作って、お通夜・ご葬儀に参列して下さった方に送る返礼品は渡すタイミングをシッカリと守りましょう。

通夜返礼品

訃報の知らせは突然です。そのため、お通夜は突然執り行われます。会葬者の方は、忙しい間をぬって故人様との最後の別れを偲ぶため訪問してくれています。貴重な時間を割いて、会葬してくださったことに、キチンとお礼を伝えなければいけません。そのため、通夜返礼品は、必ず当日に渡すようにしましょう。受付時に渡すのが一般的です。

会葬返礼品

葬儀は、故人様をあの世に送り出す神聖な儀式です。そのような儀式に時間を作り、参列して下さった方にはお礼を伝えなければいけません。そのため、会葬返礼品も当日にお渡しするのが一般的です。会場を出る際にお渡しします。

香典返し

香典返しは、当日にお渡しする場合と忌明けに渡す場合の2通りがあり、どちらの方法も一長一短があります。

忌明けに渡す場合

忌明けに渡す場合のメリットは、頂いた香典の金額に見合った品物を選ぶことができるということです。

しかし、香典返しのリストを作成したり、それぞれに合わせた香典返しの品物を手配しなければいけなかったりと手間がかかります。さらには、香典返しを送らなければいけないため、郵送費がかかり、葬祭費用に含めることができないため、相続税控除の対象にはなりません。

当日に渡す場合

当日に香典返しを渡す場合は、香典返しの費用を相続税の金額向上対象に含めることができるため、節税につながります。また、香典返しのリストを作成する手間が省けます。会場で直接渡して、香典返しの金額以上の香典を下さった方には、後日お返しをすれば良いのです。

その一方で、香典を頂いた相手や香典金額を考慮した品物を選ぶことができません。また、地域によっては、当日返しの習性がない地域もあるため、葬儀を執り行ってくれる葬儀社に確認をとってみましょう。

身内への返礼品

身内の方への返礼品は、感謝の気持ちを込めてお渡しするものです。遠方から会葬に来てくれた親族や葬儀の下準備や当日の対応を手伝ってくれた場合は、葬儀後に返礼品を渡すようにしましょう。身内への返礼品は義務ではないので、気持ちを伝えたい時にお渡しするのがベストです。

チェックポイント

通夜返礼品、会葬返礼品は当日に渡すが、香典返しは当日に送る場合と忌明けに送る場合がある。身内への返礼品は義務ではないものの、感謝の気持ちを込め葬儀の後に渡すことが多い。

お礼状の書き方

返礼品をお渡しする場合は、品物にお礼状を添えるのが一般的です。ここでは、一般的な返礼品の礼状の書き方について解説します。ぜひ、テンプレートとして利用してみてください。

香典返しに添えるお礼状は、奉書紙に書くのが正式なマナーになりますが、会葬者宛に1枚1枚書くのは大変です。そのため、文面をはがきに印刷して送るケースが多くなっています。ただし、はがき1枚をそのまま送るのは失礼なので、封筒に入れて送るようにしましょう。また、親しい間柄の人にはメールなどで感謝の気持ちを伝える方もいるようですが、まだまだ少数派です。どんなに親しい相手であっても、礼状は文面で渡すように心がけましょう。

通夜返礼品や会葬返礼品に添える礼状

亡父 ○○儀 葬儀に際しましては
御多忙中にも拘らず遠路わざわざ御会葬
下され且つ御鄭重なる御厚志を賜り有り難く
厚く御礼申し上げます
尚 故人が生前に賜りました格別の御懇情に
対しましても茲に併せて厚く御礼申し上げます
早速拝趨の上御挨拶申し上げるのが
本意でありますが略儀乍ら書中を以って
御礼申し上げます
平成二十五年○月○日(通夜)
      ○月○日(告別式)
東京都江戸川区西葛西六-十二-十六
喪主 ○○ ○○
外 親戚一同
尚 本日何かと混雑に取り紛れ不行き届きの段悪しからず
御容赦下さいます様御願い申し上げます

香典返しに添える礼状

香典返しに添える礼状は、渡すタイミングに応じて文面が異なるので注意しましょう。

忌明けに渡す場合

謹 啓
時下ますますご清栄のことと存じます
父 ○○ 永眠の際は お心のこもった
お悔やみの言葉をはじめ 過分なお心配りを
いただき 厚く御礼申し上げます
お陰をもちまして
本日
  ○○○○○○○
七七日忌の法要を相営みました
ささやかではございますが 感謝の気持ちを
こめて 心ばかりの品をお届けさせて
いただきました 何卒お納めください
まずは略儀ながら書中を以て御礼の
ご挨拶とさせていただきます
敬 具
平成二十五年○月○日
○○ ○○

当日に渡す場合

当日に香典返しの礼状を渡す場合は、返礼品に添える礼状の文面と同じです。

返礼品のおさらい

ここでは、返礼品の相場や渡すタイミングなどについて詳しく解説をしてきました。1つ1つの返礼品について解説してきましたが、4種類の返礼品について、まとめておさらいをしておきましょう。

品物予算渡す時期
通夜返礼品お菓子やお茶1,000円当日
会葬返礼品ハンカチや清め塩1,000円当日
香典返し会葬者により異なる香典金額の1/2当日もしくは忌明け
身内への返礼品相手により異なる3,000円決まりはない

【返礼品を渡す目的】

  • 通夜返礼品…突然の訃報にも関わらず弔問してくださった方に対する感謝の意を表すもの
  • 会葬返礼品…故人様をあの世を送り出す神聖な儀式に、時間を作って参加してくださったことに対する感謝の意を表すもの
  • 香典返し…香典返しに対するお礼を伝えるもの
  • 身内への返礼品…遠くから来てくれたことに対する感謝の意や、葬儀の下準備や対応に協力してくれたことに対するお礼を伝えるもの

まとめ

いかがでしたでしょうか。葬儀に参列してくださった方々には、忙しい中で都合をつけてくださった方、遠方から足を運んでくれた方もいらっしゃいます。そういった人たちに感謝を意を示すためにも、返礼品は必ず送るようにしましょう。返礼品は種類が多いため容易に手間がかかりますが、きっちりと行いたいものです。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。