通夜・告別式の場で遺族にかける言葉とNGワード

ビジネスシーンや式典など、特定の場にはその場に合った言葉遣いがあるもの。その場にふさわしくない言動をしてしまえば、そこに出席している人々から不興を買うことは想像に難くありません。

葬儀という場でももちろん、その場にふさわしい言葉遣いが求められます。そもそもおしゃべりをし過ぎるのも行儀がよくありませんし、特に葬儀にふさわしくない言葉については、一段と注意を向ける必要があります。ここで、葬儀でご遺族の方に声をかける注意点をおさらいしておきましょう。

一緒に読まれている記事

葬儀の場で遺族にかける言葉とNGワードは?

  • ご遺族が受付にいる場合は「心よりお悔み申し上げます」と言うのが一般的。トーンを落として、手短に伝える
  • 遺族へかける言葉は、故人との関係性や立場によって変わる。
  • 重ね言葉、続き言葉、不吉な言葉、直接的な言葉といった「忌み言葉」は言うのを避ける
  • 忌み言葉のほかにも、故人の死因を聞いたり、大声で話すなどの行為は禁物

お葬式の受付でかける言葉

白い花の写真

葬儀に参列して、受付で記帳する際はお悔みの言葉を述べて挨拶します。受付は、故人のご遺族の方が担当している場合もあれば、葬儀社の従業員が対応している場合もあります。受付係を誰が担当しているかによって、かける言葉は変わってくるので覚えておきましょう。

故人のご遺族が受付にいる場合

ご遺族が受付にいる場合は「心よりお悔み申し上げます」が一般的な言葉です。大きな声を出したり、笑顔で伝えたりする挨拶はマナー違反です。むしろ、ご遺族の方は深い悲しみに暮れているので、同じ気持ちであるかのようにトーンを落として話しましょう。大声で話したり、笑顔で挨拶をしたりするのは、失礼にあたるので注意してください。

故人様のご遺族と親しい関係者であれば黙礼でも大丈夫です。香典をお渡しする際は「ご霊前にお供え下さい」と一言だけ伝えます。ご遺族の方は、準備や参列者の対応に追われて、不慣れな準備で忙しくしています。温かい心遣いで声をかけることは大切なことですが、当日には長話をしてはいけません。葬儀の際は、ご遺族の心境を配慮して、手短にお悔みの言葉を述べましょう。

葬儀社の従業員が受付にいる場合

受付の人が、葬儀社の従業員であるため、かける言葉が見つからないと黙ってしまう方が多いようです。もし、葬儀社の従業員が受付にいる場合は、淡々と受付をしているように感じるかもしれませんが「この度は、ご愁傷様です」と一言伝えておきましょう。

チェックポイント

故人のご遺族が受付にいる場合は、一般的に「心よりお悔み申し上げます」と低いトーンで手短に声をかける。

葬儀社の従業員が受付にいるときは、「この度は、ご愁傷様です」と一言伝えておく。

一緒に読まれている記事

葬儀のときに遺族へかける言葉

故人との関係性や立場によって、かける言葉は変わります。どのような言葉をかけていいのか、参列する前に確認してください。

ご遺族の親族の立場にあたる場合

もしご遺族の親族にあたる場合は「この度は、ご愁傷様です」「お悔み申し上げます」「心中お察しいたします」が基本的な言葉になります。「何か手伝えることがあれば、何でもおっしゃってください」と伝えておくと良いでしょう。

故人やご遺族の方の部下や上司にあたる場合

故人やご遺族の方と仕事関係でつながっている場合は、節度を持って「この度は、誠にご愁傷様です」と丁寧な言葉を交わしておきましょう。お葬式の時には、親族以外はあまり声をかける機会がないかもしれません。そのような場合は、参列者や葬儀社の方と目があった際に、軽く会釈をします。

通夜・葬式の場で言ってはいけない「忌み言葉」

積み上がった辞書の写真

近頃の若い世代の方は、葬儀での言葉を気にしないという話もありますが、葬儀ではさまざまな世代の方が集まります。まだ、忌み言葉を嫌う年配者も多いです。そのため、忌み言葉を使用しないように気をつけましょう。

葬儀で気を気を付けるべき忌み言葉とは、以下のような言葉を指します。順を追って説明いたします。

  • 重ね言葉
  • 続き言葉
  • 不吉な言葉
  • 直接的な言葉

そのほか、宗教や宗派ごとに異なる忌み言葉も存在します。

重ね言葉

重ね言葉は、不幸が続くことをイメージさせてしまうため使用してはいけません。身近な方が亡くなると死について考えてしまうものですが、そのような気持ちを引き起こさないためにも、重ね言葉を使用しないことは基本的なマナーとなります。

【重ね言葉の例】
ますますいよいよみるみるまだまだだんだん重ね重ね
返す返すも重々くれぐれも度々しばしばいろいろ
再々次々わざわざまたまた皆々様どんどん
日々ときどき
【重ね言葉の言い換え方】
益々(ますます)一段と、よりいっそうの
返す返すも本当に、まことに、振り返ると、思い起こせば
次々立て続けに、休みなく、たくさん

続き言葉

重ね言葉と同様に、不幸が続くことを連想させてしまう続き言葉も使用してはいけません。

【続き言葉の例】
追って追いかける再び再三再三再四再度
何度もなおまたなお次に続いて続けて
続く引き続きさらに加えて繰り返し繰り返す
重ねてもっと追伸今一度
【続き言葉の言い換え方】
追って後ほど、同様に
次にその後、新たに、別の機会に
もっと一段と、その上、おまけに

不吉な言葉

故人の方と年齢が近い方が葬儀に参列すると「今度は自分の番かもしれない」と考えてしまうこともあります。不吉な言葉を使用して、周囲の人を弱気にさせてしまうような言葉の使用は控えます。

【不吉な言葉の例】
消える大変なことになる落ちるとんでもないこととんだことに死を連想させる数字の四
苦を連想させる数字の九流れる敗れる終わりに
【不吉な言葉の言い換え方】
「し」ではなく「よん」と発音すれば使用できる
「く」ではなく「きゅう」と発音すれば使用できる

直接的な言葉

日本の文化では、直接的な表現も好まれていません。「死」という言葉を使用しなくてもいろいろな言い回しができるため、当たり障りない表現に置き換えることが大切です。

【直接的な表現の例】
死亡死ぬ亡くなる死去自殺急死
生きる生存御存命中生存中生きていること
【直接的な言葉の言い換え方】
死亡逝去、他界
生存中ご生前、お元気な時
急死突然のこと

宗派によってNGワードが異なる

葬儀の宗派によっても変わります。例えば、仏教では天国という言葉は存在しません。天国を例えるときは「浄土」とか「空の上」と言います。とくに浄土真宗の場合は、他の仏教との考えと大きく異なるため、仏教用語がそぐなわないことが多いです。

仏教天国、浮かばれない、浮かばれぬ、迷う
浄土真宗ご冥福、霊前
キリスト教お悔み、成仏、冥福、供養、往生、哀悼

このほか、遺族へ挨拶するときの注意点

葬儀に参列し挨拶を場合は、次の行動にも気を付けましょう。

  • 故人の死因を尋ねてはいけない
  • 大きな声で話さない
  • 電話でお悔みの言葉を伝えない
  • 焼香の際は挨拶をしない

故人の死因を尋ねてはいけない

故人と生前に親しくしていた場合は、どうして亡くなってしまったのか死因が気になるものです。しかし、故人の死因について聞くことは失礼となります。ご遺族は突然の訃報を聞いて、悲しみに暮れているはずですし、まだまだ故人が亡くなったことに対しての心の整理ができていない可能性も高いです。そのため、死因に限らず、ご遺族の方々を悲しませるような質問をなるべく避けます。

大きな声で話さない

葬儀は、故人との最後の別れを偲ぶために執り行われ、あの世へ送り出す神聖な儀式です。挨拶をする時は、大きな声で笑顔で挨拶をしては失礼です。なるべく、ご遺族の立場を配慮して、お悔みの言葉を述べる時は、極力声を抑えて、笑い話などは避けるようにします。

電話でお悔みの言葉を伝えない

訃報の連絡を受けて、やむを得ない事情で葬儀に参列できない場合は、電話でお悔みの言葉を述べる人がいます。この行為は、親しい友人でない限りは失礼に値するため気をつけましょう。基本的には、お悔みの言葉はご遺族の目を見て伝えます。どうしても、参列できない場合は、弔意を示すために弔電を打ったり、供花を贈ったりすることができます。もしくは、後日に弔問するのも1つの方法です。電話でお悔みの言葉を述べて、挨拶を終わらすことは絶対にやめましょう。

一緒に読まれている記事

焼香の際は挨拶をしない

葬儀は、基本的に挨拶をするタイミングが決まっています。参列した際は、香典を渡す受付時にお悔みの言葉を述べましょう。また、葬儀中は挨拶をしてはいけないタイミングも存在します。それが焼香を行うときです。

焼香を行う際は、参列者は席から立ち上がり、祭壇前に出て行うものですが、その際の挨拶は一礼だけするのが基本マナーです。声を出して挨拶してはいけません。

一緒に読まれている記事

まとめ

いかがでしたでしょうか。お葬式の場では、ご遺族は親しい人をなくして深い悲しみに暮れています。そんな中でご遺族の心中を察しない言葉をかけてしまうとご遺族の心情を害するばかりかトラブルになる可能性もあります。縁起の悪い「忌み言葉」についても、十分気を付けるべきでしょう。

口は災いの元と言われますが、とりわけ細かい気づかいが求められる葬儀の場では、自身の言葉遣いには十分に注意しましょう。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。