100人までのお葬式

ご親族や、親しいご友人、お世話になった方々などで、故人さまとの思い出に残るお見送りをします。セットプランには、搬送料・祭壇費用・葬儀場料金・火葬料金・ドライアイスなど、必要なものがすべて含まれています。

このような方におすすめです!
・ご遺族だけでなく、親しかったご友人と供に故人さまをお見送りしたい
・故人さまのご要望に沿った葬儀にしたい
・多くの参列者が訪れる

一日目

火葬式が必要になった場合はコールセンターにお電話ください。すぐに寝台車でご遺体のお迎えにあがりますので、指定の安置施設があります場合はお申し付けください。安置場所がない場合はこちらで用意させていただきます。

お迎え

24時間365日お迎えにあがります。
*火葬場には休館日があります

ご安置

ご自宅・安置施設どちらの場合も基本的に24時間以上ご安置します。

お打合せ

葬儀会社の担当者と火葬式の打ち合わせをします。

各所手続きの代行

死亡届(死体検案書)の提出、火葬許可書の交付など各所申請手続きを代行いたします。

二日目

ご納棺

ご遺族の皆様に参加していただき、故人さまが旅立てるよう旅支度をします。

ご遺影写真

ご遺影は世代を超えて残るものであり、故人さまとの思い出を心に留めるために大切なものです。

オリジナル会葬礼状

お世話になった方々への感謝の気持ちと故人さまへの想いを、世界にひとつだけの文章でお届けします。

三日目

告別式

各地域や宗派に合わせた告別式を執り行います。

お別れ

故人さまと過ごせる最後の時間です。

追加できるサービス

料理

お参り用・式典用各種です。
目安 税込4,000円〜詳しくはこちら

返礼品

お参り用・式典用各種です。
目安 税込1,000円〜

寺院の紹介

お寺さまとお付合いのない方に寺院をご紹介いたします。
お布施の目安 税込45,000円〜
お勤め内容 通夜読経 告別式読経 初七日読経 炉前読経 戒名授与

四十九日法要も承ります

本位牌

四十九日までに必要な本位牌をご用意しております。
税込20,000円〜

四十九日の寺院手配

「葬儀コンシェル」後の四十九日法要など、引き続いて法事をお願いすることができます。
目安 税込45,000円〜
次の場合は追加料金がかかります

セットプランに含まれている以上の内容をご希望の場合

(例)

  • 火葬場利用料が15,000円を超える場合
  • 各プラン想定人数より人数が増える場合
  • 安置付き添いが発生する場合

セットプランで追加料金が発生する場合

ご注意事項

  • 写真はイメージです。同等品を使用いたします。
  • 東京近郊の火葬場は追加料金がかかる場合がございます。

火葬場一例

町屋斎場、落合斎場、代々幡斎場、四ツ木斎場、桐ヶ谷斎場、堀ノ内斎場、戸田葬祭場など

  • プランの基準を超える場合は追加料金がかかります。
  • セットプランのため不要なものがあっても金額は変わりません。
  • 首都圏では、ご安置施設により「納棺の儀式」が執り行えない場合がございます。
  • 東京都の火葬場(町屋斎場、落合斎場、桐ケ谷斎場、堀ノ内斎場、代々幡斎場、四ツ木斎場、谷塚斎場、戸田葬祭場)では斎場指定の骨壺のため、セット内容と異なります。
  • 火葬料金、火葬場控室料金など、現金で事前の支払いが必要である時、精算前にお支払いをお願いさせていただく場合がございます。

100人までのお葬式のやり方やメリットとデメリットについての説明

最近はお葬式で100人までのお葬式というやり方をすることが増えています。人間が生活していると、お葬式というのはいつ起こるか分かりません。そのため、現在のお葬式のやり方については知っておいた方がいいでしょう。もし、100人までのお葬式というのを全く知らない場合、人間関係のトラブルなどが起こる可能性があります。

ここでは、100人までのお葬式がどういうものであるか、また、100人までのお葬式を行う上でのメリットとデメリットを説明していきます。お葬式というものは、時代が進むに連れて変化していることを感じることができるでしょう。

100人までのお葬式とはどのようなものか?また、メリットは何なのか?

100人までのお葬式とは簡単に言うと、近親者などが少人数で集まって行う葬儀のやり方です。家族葬や家庭葬という呼び方もされます。普通、お葬式というのは、故人と関係のあった弔問客が大勢訪れる印象があります。しかし、大勢の人が来るとなると、大きい会場を用意しなければいけませんし、費用と手間隙がかなりかかります。

そこで、少人数で行う葬儀として100人までのお葬式が行われることがあります。少人数で行うのであれば、費用と手間隙の負担が軽くて済みます。しかし、100人までのお葬式のメリットはそれだけではありません。それは故人と親しかった人たちの中から、特に親しい少人数の人たちが集まりますから、落ち着いた雰囲気で故人とのお別れができます。

そして、少人数の親しい人たちの集まりですから、気を使わずに済みます。弔問客が大勢いますと落ち着けないですし、あまり知らない弔問客がいると、挨拶などに気を使ってしまいます。また、お葬式は故人が亡くなってから日が浅い時期に行われますので、故人の身内としては、まだ気持ちの整理がつかずに落ち着けない気分でいることが多いでしょう。

そんな時に、大勢の弔問客が来るとなると、故人の身内にとっては大きな心理的な負担となるでしょう。ですので、100人までのお葬式のメリットである少人数で落ち着いて行えるということは、とても大事なことに思えます。

また、100人までのお葬式は親しい人たちと集まりの中で、リラックして会話をすることができます。故人のことを偲ぶ会話を落ち着いて、じっくりすることができるのです。100人までのお葬式を専門に行ってくれる葬儀会社も今は増えています。

100人までのお葬式を行う際のデメリットと具体的な内容について

100人までのお葬式には、親しい少人数が集まって落ち着いて葬儀ができるというメリットがありますが、デメリットも存在します。まず自宅で100人までのお葬式をすることは難しいと考えていいでしょう。葬儀会社が手配した車が自宅に来ますし、お別れの儀式も行いますから、周りの近所にはどうしても目立ってしまいます。

そうなると、近所の方達としては弔問に行かなくてはいけない必要性を感じてしまいますから、大勢の弔問客が自宅に訪れる可能性があります。ですので、100人までのお葬式を行う場所は、基本的に葬儀専門の式場などになると考えておいた方がいいでしょう。

そして、100人までのお葬式には故人と親しかった人たちを呼ぶのですが、親しかった人たちを呼ぶ役割は、故人の身内がやることが多いですから、身内が知らない故人と親しかった人が呼ばれない可能性があります。そうなると、葬儀が終わった後になぜ呼ばれなかったのかという抗議を受けることがあります。100人までのお葬式に呼ぶ人たちは慎重に選ぶ必要があるでしょう。

また、100人までのお葬式が終わった後に、参加しなかった弔問客が個別に訪れる可能性があります。100人までのお葬式は近所の方達に知られないように行うのですが、知られないようにと言っても、ある家で人が亡くなったことは、いずれ近所には知られてしまうでしょう。

そうなると近所の人たちが、個別に自宅に弔問に来ることになりますから、その都度、来客の対応をしなくてはいけません。弔問客がバラバラに自宅に来ることは、なかなか対応が大変です。また、中には100人までのお葬式と普通の葬儀の違いが分からない人もいます。そうした人には、100人までのお葬式の意味などを教えるという手間がかかることがあります。

100人までのお葬式が始まったのは、平成に入ってからだと言われていますので、100人までのお葬式の意味を知らない人は、多くいる可能性があります。それから、地域の風習によっては100人までのお葬式ができないところがあります。100人までのお葬式をやる前には注意して検討する必要があるでしょう。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、
深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は 0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内にお届けします。