CATEGORY 一日葬

一日葬とは、お通夜を行わず、告別式と火葬を一日で行う葬儀を指します。会葬者の負担を軽減することができます。


セットプランには、搬送料・祭壇費用・葬儀場料金・火葬料金・ドライアイスなど、必要なものがすべて含まれています。

一日葬の流れ

一日目

まずはコールセンターにお電話ください。すぐに寝台車でご遺体のお迎えにあがりますので、指定の安置施設があります場合はお申し付けください。安置場所がない場合はこちらで用意させていただきます。

お迎え

24時間365日お迎えにあがります。
*火葬場には休館日があります

ご安置

ご自宅・安置施設どちらの場合も基本的に24時間以上安置いたします。

お打合せ

葬儀会社の担当者と葬儀の打ち合わせをします。

各所手続きの代行

死亡届(死体検案書)の提出、火葬許可書の交付など各所申請手続きを代行いたします。

二日目

告別式〜初七日法要〜お別れの儀式〜火葬
葬儀コンシェルでは「納棺の儀式」「お別れの儀式」を行い、故人さまとのお別れの時間を大切にします。

ご納棺

ご遺族の皆様に参加していただき、故人さまが旅立てるよう旅支度をします。

ご遺影写真

ご遺影は世代を超えて残るものであり、故人さまとの思い出を心に留めるために大切なものです。

お別れ

故人さまと過ごせる最後の時間です。

オリジナル会葬礼状

お世話になった方々への感謝の気持ちと故人さまへの想いを、世界にひとつだけの文章でお届けします。

追加できるサービス

料理

お参り用・式典用各種です。 おひとり 2,000円〜

返礼品

お参り用・式典用各種です。 500円〜

寺院の紹介

お寺さまとお付合いのない方に寺院をご紹介いたします。
お布施の目安 税込45,000円〜
お勤め内容  告別式読経 式中初七日読経 炉前読経 戒名授与

四十九日法要も承ります

本位牌

四十九日までに必要な本位牌をご用意しております。
税込20,000円〜

四十九日の寺院手配

四十九日法要など、引き続いて法事をお願いすることができます。
目安 税込45,000円〜
次の場合は追加料金がかかります。

セットプランに含まれている以上の内容をご希望の場合

(例)

  • 火葬場利用料が15,000円を超える場合
  • 各プラン想定人数より人数が増える場合
  • 安置付き添いが発生する場合

セットプランで追加料金が発生する場合

ご注意事項

  • 写真はイメージです。同等品を使用いたします。
  • 東京近郊の火葬場は追加料金がかかる場合がございます。

火葬場一例

町屋斎場、落合斎場、代々幡斎場、四ツ木斎場、桐ヶ谷斎場、堀ノ内斎場、戸田葬祭場など

  • プランの基準を超える場合は追加料金がかかります。
  • セットプランのため不要なものがあっても金額は変わりません。
  • 首都圏では、ご安置施設により「納棺の儀式」が執り行えない場合がございます。
  • 東京都の火葬場(町屋斎場、落合斎場、桐ケ谷斎場、堀ノ内斎場、代々幡斎場、四ツ木斎場、谷塚斎場、戸田葬祭場)では斎場指定の骨壺のため、セット内容と異なります。
  • 火葬料金、火葬場控室料金など、現金で事前の支払いが必要である時、精算前にお支払いをお願いさせていただく場合がございます。

一日葬(ワンデーセレモニー)とは?一日葬のメリットとデメリット

一般的な葬儀と比べて簡易的に執り行う葬儀に「一日葬」と「家族葬」があります。家族葬はその名の通り、家族だけで執り行う葬儀ですが、一日葬では参列も香典も受け入れられます。しかし、そういったメリットだけでなく、一日葬ならではのデメリットもあることを知っておく必要があります。

一日葬とは?一日葬を行う方が増えている2つの理由

近年、一日葬を執り行う方が増えており、「一日葬」という葬儀スタイルがあることを知っている方は多くいます。しかし、一日葬がどのような葬儀なのか、しっかりと理解している方は多くありません。また、一日葬という葬儀スタイルがあるのは知っているけれど、どんな葬儀を行うのかわからず、疑問に思っている方も少なくないはずです。ここでは、一日葬とはどのような葬儀スタイルなのか、一日葬を行う方が増えている理由を説明します。

一日葬は、その名の通り1日で葬儀を行います。1日だけで告別式と火葬を行い、お通夜を省略する葬儀スタイルです。一般的なお葬式は、お通夜から葬儀・告別式までを2日間かけて行います。一方、一日葬はこれらを1日で済ませてしまいます。一日葬は「ワンデーセレモニー」「一日葬儀」とも呼ばれ、都市部を中心に行う方が増えている葬儀スタイルです。

一日葬を行う方が増えているのは、費用を抑えて最低限の葬儀で済ませたい方が増えていることが大きな理由の一つです。お通夜を省略するため、一般的な葬儀よりも費用をかけずに済みます。また、一般的な葬儀では体力の関係で難しい場合もあります。

一日葬では、通常は通夜から葬儀・告別式までを2日間かけて行なっていた式が、告別式の1日だけになります。その結果、喪主や遺族の体力的な負担の軽減、時間の短縮につながることも、一日葬を行う人が増えている理由の一つです。これについて、さらに詳しい説明をしていきます。

一日葬を選ぶことでどんなメリット・デメリットがあるのか?

一日葬のメリット
一日葬はお通夜を行わないので、弔問客を迎える儀式が1日で済みます。このことから、喪主や家族に高齢者や病気を患っている方がいて、体力的・時間的に難しい場合に選ばれるケースが増えています。また、お通夜に出席するために、遠方から足を運んでくる弔問客の宿泊費や交通費もかけずに済みます。

告別式と火葬だけを1日で行うので、2日分の返礼品を準備する必要もありません。また、通夜振る舞いといった弔問客のおもてなしも不要です。このように、一日葬は費用を抑えられるのが大きなメリットです。

一日葬のデメリット
一日葬は費用を抑えられるのがメリットです。しかし、思った以上に割安にならない点がデメリットといえます。1日分の返礼品や通夜振る舞いがなくなりはするものの、式場代や祭壇の費用は2日分かかる場合が大半です。また、葬儀代金の大半は僧侶へのお布施になるため、割安になったとは思えないこともあるでしょう。

お通夜と葬儀を行う前提で割安のセット料金になっている場合もあり、葬儀だけ行うプランにしても割安にならないケースもあります。とくに、全国展開している葬儀社はセット料金になっていることが多いので確認が必要です。

お通夜を行わない一日葬では、スケジュールの関係で出席できない弔問客が出てくるものです。そのため、葬儀後の弔問客への対応をしなければならない可能性もあるでしょう。また、お通夜を省略したことを問題視する親族が出てくるケースも多くあります。そうなる前にしっかりと説明をして、理解を得ておくことが大事です。