お葬式用語集

お葬儀では、普段聞きなれない言葉をよく耳にします。
どのお葬儀でも使う言葉をまとめました。ご参考ください。
調べたい用語の頭文字をクリックして下さい。

あ行

後返し
香典返しのひとつの方法です。通常、香典返しはお香典をいただいた方に返礼品として贈るものですが、後返しでは、四十九日の忌明けの後でお香典の額に見合った品を贈ります。
後飾り
後飾りまたは後飾り祭壇とは、火葬を終えた遺骨を、四十九日の法要まで自宅で安置しておくための祭壇を指します。2段あるいは3段構造のものが多く、上の段に遺骨を、下の段に遺影や香炉などを置きます。四十九日の法要までお焼香をあげて亡くなった方の冥福を祈ります。
後払いの儀
神道式の葬儀や神葬祭において行われる帰家祭を自宅で行う際に行う儀式の1つ。火葬の間、自宅に残った親族が祭壇を片付けて清掃することを指します。
編み笠
納棺の際に、天冠と一緒に枕元に添えて棺の中に納めます。副葬品の1つであり草履、杖、編み笠などを入れます。
安置
安置とは、お亡くなりになってから納棺するまでの間、決められた場所にご遺体を置いておくことを指します。安置場所には、ご自宅、斎場・葬儀社の安置所、民間業者の安置所が選ばれますが、宗教宗派によっては特定の安置場所が決まっていることもあります。ご遺体の搬送方法については寝台車、飛行機、船舶などの手段が用いられ、遺族の依頼により葬儀社が搬送または搬送の手続きを行うのが一般的です。
案内看板
葬儀における案内看板とは、葬儀が行われる会場まで会葬者を案内するために設置される看板です。
遺影
故人を偲ぶための写真や肖像画のことで、葬儀では祭壇に飾られます。
移棺
移棺とは、納棺の儀の後にお通夜や告別式の為に式場に搬送することです。
遺骨
遺骨とは、火葬場にてご遺体を燃やした後の故人の骨を指します。故人に対し畏敬の念を込めて、ご遺骨、お骨と呼ばれるのが一般的です。
遺体搬送
遺体搬送とは、故人のご遺体を、亡くなった場所から自宅や斎場などの安置場所に寝台車などに乗せて運ぶことを指します。通常、葬儀社に連絡をして手配します。
一膳飯
一膳飯とは、故人の枕元のに飾り付ける枕飾りのひとつで、故人が使っていた茶碗に飯を盛り、お箸を垂直に立てた状態で備えたものです。「枕飯(まくらめし)」ともいいます。
位牌
位牌とは、故人の戒名や死亡年月を記した牌(ふだ)のことを指します。葬儀の際には白木位牌を使用し、四十九日の時期に本位牌へと作り替えるのが一般的ですが、宗教によっては位牌を作らないところもあります。
忌み言葉
忌み言葉とは、不幸が続くことを連想させる言葉で、通夜や葬儀などでは使用を避けることが礼儀とされています。弔事における忌み言葉には「重ね重ね」や「たびたび」などがあります。
斎主
斎主とは、神式の葬儀において中心的な役割を担う、最高位の神官を指します。「さいしゅ」とも呼ばれます。仏式でいう僧侶、キリスト教でいう牧師に相当します。
薄墨
薄墨とは、不祝儀袋の名前などを書く時の墨の濃さのことです。名前を書く際は、「悲しみで涙が止まらず、涙で墨が薄まった」という意味を込めて、薄墨を使用するとされています。
宇宙葬
宇宙葬とは散骨の一種で、ご遺灰をカプセルに収め、ロケットや人工衛星に乗せて宇宙空間へ打ち上げるものをいいます。
おくりびと
おくりびとは、納棺師など、衣装や化粧を整え生前のお姿に近い形で故人の旅立ちをお手伝いをする人を指す言葉です。
お焼香
お焼香とは、通夜、葬儀、告別式で故人の冥福を祈る為に行います。立って行う「立礼焼香」、座って行う「座礼焼香」、座った状態で隣へ回していく「回し焼香」があります。作法は宗派や地域によって異なります。
御膳料
お膳料とは、法事の際に食事に参加されない僧侶に対してお食事の代わりにお渡しする謝礼の表書きのことです。御車代と合わせてお渡しする場合もあります。葬儀コンシェルでは御膳料や御車代など全てを合わせてお布施代とした定額のお坊さん手配が可能です。
お通夜
お通夜とは、葬儀・告別式の前夜に行われる故人との最後の一夜を過ごす儀式を指します。一般的には、ご遺族や故人のごく親しい方々が集まり、夜通し灯明や線香の明かりを絶やさずに故人の冥福を祈るものですが、近年では時代の変化とともにお通夜の形式も変わってきており、葬儀・告別式に会葬できない人が故人と最後のお別れをする場という意味合いも持ち合わせています。
お別れ会
お別れ会とは、葬儀や告別式とは別に、ご友人や仕事の関係者などを招いて行われる儀式を指します。有名人や大企業の社長が亡くなられた場合など、まず近しい間柄の方だけで密葬を行い、その後他の参列者の方がゆっくり故人にお別れをするために開かれるケースが多いです。
お別れの儀
葬儀・告別式の後に、主に親族のみで執り行われる、故人との最後のお別れの時です。
音楽葬
自由葬の中の1つで、葬儀の種類です。生演奏や故人の好きな曲を流したりする事で献奏という形で偲びます。

か行

会葬
会葬とは、葬儀や告別式に集まって参列することを指します。一般的にお通夜に参列することは「弔問(ちょうもん)」と呼ばれます。
会葬礼状
会葬礼状とは、お葬式の後に、参列者に対して渡すお礼状を指します。一般的には、受付などで清めのお塩とハンカチ等の会葬返礼品と一緒に手渡します。
戒名
戒名とは、仏の弟子となったことを表す名前のことをいいます。仏の弟子として浄土に住生するために、主に菩薩寺の僧侶から故人につけてもらう名です。
顔当て布
ご遺体の顔に被せておく白いハンカチのことです。他にも「顔あて」、「面布」などと呼ばれます。
花葬
花葬とは白木祭壇で行われる祭壇ではなく、花で飾られた祭壇で行う葬儀のことです。
火葬
火葬とは、火葬場にてご遺体を燃やし葬ることを指します。また、そこで行われる一連の儀式全体を指します。
火葬許可証
火葬許可証は、火葬を行う際に火葬場に提出する書類を指します。役所の戸籍科に死亡届を提出すると渡されるもので、これがないと火葬を行うことができません。
火葬許可申請書
火葬許可申請書は、火葬許可証の交付申請を行うときに必要となる書類のことです。必要のない場合もありますが、そうでない場合は自治体に死亡届を提出する際に提出します。
火葬場
遺体を火葬する施設のことです。
仮納骨
仮納骨とは、墓地が遠い場所にあったりして納骨をすぐにできないときに、家の近くの納骨堂に一時的にお骨を納めることをいいます。
忌中
忌中とは、喪中とは意味合いが異なり、故人が亡くなってから遺族が外出を慎み、悼む忌服期間の事です。一般的には、亡くなってから四十九日間が忌中にあたるといわれています。
記帳台
記帳台とは、弔問に訪れた参列者が記帳を行う台を指します。
危篤
危篤とは病状が回復する見込みがなく、死が間近に迫っている状態のことです。
逆縁
逆縁とは、子が親に先立って死亡し、親が子の供養を行うことをいいます。
清祓いの儀
清祓いの儀とは、五十日祭の翌日に行われる儀式をいいます。神棚や御霊舎に張っておいた白い紙をはがし、忌明けとなります。
清め塩
清め塩とは、参列者に渡される体を清めるための塩です。もとは死を穢れとする神道に結びついた習慣で、自宅に入る前に身を清めるために使います。
釘打ちの儀
葬儀の出棺の際に、棺のフタを釘で打ち付けることです。最近では、遺族や親族の辛い気持ちに配慮して、釘打ちの儀を行わない葬儀が増えています。
供花
供花とは、会場を飾る目的、あるいは故人へのお悔やみの気持ちをこめて式場や祭壇に供える花を指します。供花は2基すなわち1対で送るものとされていた時もありましたが、近年では1基のみを供える場合も増加しています。
供物
故人や仏様に感謝の気持ちや弔意を表すために祭壇にお供えする品物のことを言います。この供物は、宗教や地域によって品物が異なることがありますが、一般的に果物や落雁(らくがん・干菓子)をお供えする場合が多いです。
供養
一般的に、お供え物をしたり、仏壇やお墓に参ったりと故人に対して親愛や感謝などの気持ちを表すことを指します。
献花
献花とは霊前などにお花を備える事です。キリスト教の葬儀で行われることが主でしたが、最近では無宗教の葬儀の場合でも見られることがあります。
献灯
献灯とは、葬儀などの際に祭壇に置かれたロウソクに火を灯す事です。
献杯
献杯とは、相手に敬意を表して杯を差し出すことです。葬儀の際には乾杯は使わずに献杯を使用します。
香典
香典とは、線香や花の代わりに故人様の御霊前に供える金品のことを指します。葬儀への参列の際に持参する際は不祝儀袋に入れて渡しますが、宗教によって書き方が異なります。
香典返し
香典返しとは、葬儀の際に受けた香典に対し、四十九日の法要の後に返礼品といった形で一定のお返しをすることです。最近ではお葬式の当日にお渡しする方式も一般的になっていますが、後日郵送で送ることも可能です。
戒名料
僧侶に戒名をつけていただいた際に支払うお金のことです。戒名とは、仏教において仏門に入るため仏弟子となる証として与えられるものです。葬儀コンシェルのでは、戒名料も込みの定額でお坊さんのお手配が可能です。
告別式
告別式とは、故人に縁のある人々が故人に最後の別れを告げる社会的な儀式を指し、一般的な葬儀では二日目の午前中に執り行われます。葬儀を執り行った後に告別式を行うのが一般的ですが、現代では時間的な制約などの事情で同時進行で行われる場合もあります。
心づけ
心づけとは、感謝を表すために任意で渡すお金や品物を指します。欧米で言うチップです。葬儀においては葬儀社のスタッフ、マイクロバスや霊柩車の運転手に渡す場合がありますが、葬儀コンシェルの定額プランには一切不要です。
互助会
冠婚葬祭における互助会とは、会員相互の助け合いをめざす組織です。毎月の掛け金を積み立てていくことで、葬儀など多額の出費が必要となる場合に費用を抑えることができます。保険とは異なり現金ではなく、サービスとして還元されます。
骨壷
骨壷とは、火葬にした遺骨を収納するための壷を指します。陶磁器でできたものが多いですが、木製や金属製の骨壷もあります。骨壷ではなく骨箱(こつばこ)を使う場合もございます。
骨拾い
骨拾いとは、ご遺体の火葬終了後に拾骨室という部屋でお骨になった故人を囲み、骨上げ箸を使って喪主の持つ骨壺に収めることです。箸渡しと呼ばれる方法で、決まった手順に沿って行います。「骨上げ」「収骨」とも言います。

さ行

斎場
斎場とは、葬儀を執り行う施設のことを指します。斎場によっては、火葬場が併設されている場合とされていない場合があるので事前に調べる必要があります。
祭壇
祭壇とは、ご葬儀の会場で用いられる、遺影写真や供物などを飾るための壇を指します。宗教や宗派によって異なりますが、白木(しらき)祭壇や花祭壇などの種類があり、近年では花祭壇が主流になってきています。
逆さごと
逆さごととは、葬儀の諸作法において、日常とは順序や方向を逆さに行うことをいいます。例えば左前にする死装束や、天地を逆さまにした布団などが逆さごとにあたります。
逆さ水
故人への湯灌(遺体を入浴させ体を清めること)に使用する水のことです。通常は、お湯に水を入れてぬるくしますが、湯灌のお湯は、水にお湯を入れて適温にします。
式場
式場とは、ご葬儀を行う会場を指します。葬儀を専門にとり行う会場は斎場と呼ばれます。寺院や協会などで葬儀が行われるケースもありますが、多くは斎場やセレモニーホールといった施設で行われます。
式中初七日
告別式後、日程を繰り上げて初七日法要を行います。地域によっては火葬後に行う場合もあります。※寺院手配の費用はプラン内に含まれておりません。※写真はイメージです
自然葬
火葬後に砕いた遺骨を海や山にまいて、自然に還ることを願う葬送の方法です。木の根元にまいたり埋めたりする樹木葬や海や散骨する海洋葬などがあります。
死化粧
死化粧とは、故人に施すお化粧のことです。髪を整え、爪を切り、薄化粧を施します。ふっくらと見えるよう両頬に脱脂綿を入れる含み綿身などを行い安らかな表情を心がけて施されます。エンジェルメイクとも呼ばれます。
死装束
遺体を納棺する際に着せる白い和服のことです。最近は、故人や家族の希望で、生前によく着ていた好みの服をまとうことも多くなってきています。
死亡診断書
死亡診断書とは、人が死亡したことを法律的にかつ医学的に証明する書類です。死亡診断書は診断書のひとつで、死亡した本人の氏名や死因について書かれています。病院で亡くなられた場合は医師に、病院以外の場所でなくなられた場合は検案を行った監察医により作成されます。
死亡通知状
死亡通知状とは、葬儀告別 式の日時および喪主の連絡をするための書面をさします。
死亡届
死亡届は、人が亡くなった際に役所に提出する書類を指します。死亡届は亡くなられてから7日以内に提出することになっており、提出の際には死亡診断書が必要になります。
社葬
会社が主催して執り行われる葬儀のことです。故人が会社に所属していて、特に功績があったり重要なポストにいた場合や、業務上の事故で亡くなった場合に行われることが多いです。
舎利
舎利とは、火葬にした後の遺骨のことです。遺骨、死骸、身体を意味するサンスクリット語の「sarira」から来ている言葉です。
収骨
収骨とは、火葬後に行われるご遺骨を骨壷に納める儀式を指します。骨あげとも呼ばれます。ご遺骨を足から頭部まで順に拾い、生前と同じ姿形を模すように骨壺に納めていきます。また、喪主から順に拾い始め、最後に故人と最も縁の深かった人が喉仏を納めて終了とするのが一般的です。
自由葬
自由葬とは、宗教による形式に縛られない無宗教葬のことで、自由な方式で葬儀を行うことをいいます。事前に葬儀社の担当者やコンシェルジュとどのような式にするかをよく打ち合わせする必要があります。
宗派
宗派とは、同一の宗教のなかで歴史や地域、信仰する対象などの違いから分かれて生じた分派のことです。仏教では浄土宗や日蓮宗など多数の宗派が存在します。仏教のみならず、キリスト教などの様々な宗教も複数の宗派に分かれています。
宿泊可能施設
葬儀会場によっては宿泊が可能な施設を設けている会場もございます。
数珠
数珠とは、数珠玉と呼ばれる小さな玉をつないで輪の形にした仏具です。葬儀においてはお焼香の時に用いられます。
出棺
出棺とは告別式の終了後にご遺体を棺に納め、霊柩車にのせて搬送することを指します。霊柩車にのせられたご遺体は、火葬場へ運ばれます。
出棺の挨拶
棺に蓋をしたあと、遺影を持った遺族を先頭に棺を霊柩車に搬送します。棺が納められて霊柩車が発車するまでの間に、喪主から最後の挨拶を行います。
準喪服
準喪服は喪服の一種で、正喪服よりも格式が一つ低いものです。男性の場合はブラックスーツ、女性の場合は肌の露出が少ないワンピースやアンサンブルなどの黒を基調とした服装を着用します。お手回り品も光沢のない黒色のものを携行するようにします。通常「喪服」というとこの準喪服を指します。
精進落とし
元々は、四十九日の忌明けまで肉や魚を食べない精進料理から通常の食事に戻すことを言います。現在では、火葬の後に行う初七日の法要の際に、精進落としをすることが多くなっています。
精進料理
精進料理とは、肉や魚などの食材を使わずに野菜を中心とした料理のことで、修行僧が修行中に食べる料理です。
白木祭壇
白木祭壇とは、葬儀の際に飾られる祭壇の一種で、白木で作られた伝統的な祭壇です。その他の代表的な祭壇の種類に花祭壇がありますが、花祭壇と比較すると白木祭壇は厳格な雰囲気を出しやすい特徴があります。
寝台車
ご逝去場所(病院・警察・福祉施設その他)からご安置先まで、「寝台車」でお迎えにあがります。お電話から最短30分(長くても1時間程度)でお迎えにあがることが可能です。葬儀コンシェルでは最長50kmまでの搬送料金を含んでいます。※黒色以外の寝台車の場合もございます。
生花祭壇
生花祭壇とは、生花のみで飾り付けをした祭壇を指します。
清拭
清拭とは、故人の体をアルコールを含ませたガーゼなどで拭いて綺麗にすること、また体液などが漏れ出さないように衛生上の処置をすることです。
正喪服
正喪服とは喪服のうち、喪主、三親等までの遺族が着用するものを指します。紋付羽織袴等の和装やモーニングコートが正喪服にあたります。
施主
施主とは、「布施する主」からきており、葬儀の費用を負担する人を指します。個人葬では喪主=施主の場合が多いので、混同されやすいです。
セットプラン
葬儀のセットプランは、寝台車の手配や式場使用料などご葬儀に必要な一式を取り揃えたプランです。葬儀コンシェルでは一般葬から一日葬、自宅家族葬など、予算やご要望に応じた6つのセットプランを用意しております(通夜式のないものや火葬のみのプランもございます)。
葬家
葬家とはご不幸があった家を指す言葉です。関東を中心に使われ、関西などの地域では喪家と表記することもあります。
葬儀社
葬儀社とは、ご依頼人の要望に合わせて、葬儀に必要な様々なものを揃えたり、お葬式の進行を執り行う役割を請け負う業者を指します。
葬儀場
葬儀場とは、葬儀を専門に扱う式場施設のことを指します。葬儀場に火葬設備や火葬施設がない場合は、その後火葬場への移動が必要です。
葬祭業者
葬祭業者とは、葬儀や催事などの葬儀サービスを扱う業者を指します。
葬列
葬列とは、遺体を火葬場、または墓地に運ぶ際に列を組むことをいいます。
即日返し
即日返しとは、葬儀告別式や通夜の当日に、会葬者に返礼品を渡すことをいいます。「当日返し」、「その場返し」とも言われています。

た行

第一親等
第一親等とは本人の父母、配偶者の父母、子と子の配偶者までの血族を指します。配偶者に親等はありません。兄弟姉妹は二親等になります。
玉串奉奠
玉串奉奠とは神式の儀式の際に玉串と呼ばれる榊の枝に四手という紙片を下げたものを祭壇に捧げる儀礼です。仏教のお焼香に当たります。
弔辞
葬儀や告別式の際に故人と親しかった方が、お別れの言葉を読み上げることです。
弔電
弔電とは、事情があって葬儀に行けないときにお悔やみの気持ちを伝える電報のことを指します。できればお通夜前、遅くとも告別式の前には届くようにしておく必要があります。
弔問
弔問とは、故人の遺族を訪ねてお悔やみを述べることを指します。都合がつかず、通夜や告別式に参列できなかった方が後日お線香を上げに伺う場合も弔問にあたります。
通夜振る舞い
通夜振る舞いとは、お通夜後に僧侶や弔問客へ向けて振舞われる食事会のことを指します。遺族から参加案内があったときは、できる限り参加するようにしましょう。
手元供養
手元供養とは、遺骨、遺灰または遺骨の一部を手元に置いて供養することを言います。仏壇を設けたり、アクセサリーとして身につけるなどの方法があり、お墓を建立しない選択をされる方々に注目されている供養方法です。遺骨を分ける場合、分骨証明証が必要となります。
導師
導師とは、葬儀や法要において最も中心的な役割をになう僧侶を指します。
灯明
灯明とは、神や仏に供える灯火のことをいいます。仏教において灯明は、灯火が暗闇を照らすことから智慧にたとえらえています。
土葬
土葬とは遺体を焼かずに土に埋めて葬ることをいいます。現在では火葬が主流であり、土葬はほとんど行われていません。
読経
読経とは、仏教徒がお経を声に出して読むことをいいます。葬儀においては主に僧侶が経文を読み上げます。
ドライアイス
葬儀までの安置の間、ご遺体の損傷(腐敗)を遅らせるために使用します。

な行

寝棺
寝棺とは、ご遺体を仰向けに寝かせた姿のまま納められるようにした長い棺を指します。座ったままの姿で納める棺は座棺(ざかん)と呼ばれます。
年賀欠礼
家族が亡くなり、喪中の期間中に新年を迎えるときに、年賀状を出せないことを知らせる葉書のことで、喪中はがきと同意です。通常、12月の上旬ごろに届くように発送します。
納棺
納棺とは、通夜の前に遺族や親族などで棺へ納める儀式です。一般的には死装束を着せるなど、故人の身なりを整え旅立ちの支度を整える意味があります。
納棺師
遺体を納棺するまでの必要な作業を行う人のことです。湯灌を行った後、整髪や髭剃り・薄化粧などの身支度などを行います。
野辺送り
野辺送りは、葬列と同じ意味の言葉です。野辺、つまり火葬や埋葬が行われる場所まで列を作り故人を送ることを意味します。

は行

花祭壇
花祭壇とは、近年増えている祭壇の種類で、花で飾られた祭壇で近年一般的になってきています。花祭壇は白木祭壇と違い、葬儀の規模にサイズを合わせられる利点があります。
半返し
半返しとは、お香典で頂いた品の、半分の金額に相当する品をお返しすることを指します。
控室
火葬場には控室が設けられている場合があります。火葬は時間を要するため、親族は火葬が終了するまでの時間にこの控室で休憩をとることができます。
棺とは、故人を納め葬る為の木製の箱です。近年では、環境問題の観点から紙やパルプを使ったものも存在します。火葬の際は必ず、棺に納める必要があります。
副葬品
火葬の際に故人と一緒に納める品のことで、故人の好な食べ物や愛用品、思い出の品などを納めます。貴金属・紙幣など入れてはいけないものがあるので注意しましょう。
服喪
服喪とは「喪に服す」を言い換えた言葉です。親族が逝去した後の一定期間、祝い事の出席等の行いを慎むことをいいます。
仏衣
仏衣は、納棺する際に故人のご遺体に着せる衣装のことを言います。色は一般的に白色で、別名死装束(しにしょうぞく)とも言われます。
仏花
仏花とは、仏壇や、墓参りの際に供える花です。
仏具
仏具とは、仏壇を飾るための道具を指します。主な仏具としては香炉や燭台、花立てや茶湯器、仏飯器や高杯、三具足と呼ばれる線香立てや花立て・ロウソク立てなどがあります。宗派によって飾り方に違いがありますので、よく確認してから購入してください。
訃報
訃報とは、誰かが亡くなった知らせのことです。自分宛に来る直接の電報、電話、メールだけでなく、テレビやインターネットからの著名人の亡くなった知らせも訃報と呼ばれます。
平服
平服とは、礼服に対して普段着るような衣服を指しますが、葬儀においては「普段着」とは異なります。一般に葬儀における平服は、正喪服以外の、フォーマルスーツなどの準喪服や一般的なスーツ等の略喪服をいいます。
返礼品
返礼品とは、通夜や告別式に参列していただいた方全員にお礼状と共に渡す品物のことを指します。香典を頂いた方に渡す香典返しとは意味合いが異なります。
菩提寺
菩提寺とは、先祖代々の墓や位牌が置いてあり、葬式や法事を行うなど普段からお世話になるお寺を指します。
骨上げ
骨上げとは、火葬の後に遺骨をお箸で拾い上げ、骨壷に納めることを指します。生前のお姿と同じになるように、足元の骨から始め、徐々に体の上の方にある骨に向かう形で納めていきます。喉仏を最後に納めるのが一般的です。
本位牌
本位牌とは位牌のうち、四十九日の法要の後に自宅の仏壇に安置し、故人をお祀りするものを指します。四十九日の法要までに置いておく位牌に対し本位牌は黒色です。四十九日を区切りに白木の札位牌から本位牌に切り替えるため、それまでに余裕を持って仏壇店で購入しておき、菩提寺で戒名などを入れてもらいましょう。

ま行

マイクロバス
葬儀場から火葬場までの距離がある場合は送迎用バスをご用意いたします。葬儀場から火葬場まで往復いたします。他社ではプラン内に含まれていない事が多いようです。
埋骨
お墓に故人の骨を葬る事です。仏教では忌明けの四十九日に行うことが多く、お墓がない場合は納骨堂などに納骨する場合もある。
埋葬
埋葬とは、お墓や納骨堂にご遺骨を葬ることを指します。現在の日本では火葬が一般的であるため、ご遺体を火葬場で焼いた後にご遺骨を骨壷に納め、納骨堂やお墓にて埋葬されます。
埋葬許可証
埋葬許可証とは、墓地・墓園などへ故人様のご遺骨をご納骨する際に必要となる書類です。自治体の交付する、火葬許可証に火葬場の印が押される事で埋葬証明書となります。
枕飾り
枕飾りとは、遺体を安置する際に遺体の枕元に置く台です。簡易的な祭壇の役割を持ちます。宗教や宗派によってお供えするものが異なります。
枕刀
枕刀とは、魂の抜けた遺体に悪い霊が入らないように用いられる「守り刀」のことです。
枕経
枕経とは、枕飾りができたあと、納棺前に、死者の枕元であげるお経のことです。菩提寺の僧侶に依頼するのが一般的です。
末期の水
末期の水とは、現在では亡くなった人の唇を、水を含ませたガーゼで濡らしてあげることをいいます。本来は死を迎えようとしている人に水を含ませてあげることを言いました。死に水(しにみず)とも言います。
マナー
マナーとは、行儀や作法のことをいいます。葬儀にも、焼香のやり方、服装・靴・髪型などの身だしなみ、香典の金額などさまざまなマナーがあります。葬儀のマナーは、家族葬・一般葬などの葬儀のスタイル、また宗教・宗派によっても異なりますので、注意が必要です。
廻し焼香
廻し焼香とは焼香のやり方の一つで、会場が狭い場合などに、お盆に乗せた香炉を廻しながら焼香するやり方です。香炉が自分のところに廻ってきたら一礼し、焼香をしたら合掌し、隣の人に香炉を廻します。
密葬
内々でする葬儀のことで、葬儀コンシェルのプランですと家族葬が該当します。密葬は、社葬や偲ぶ会といった本葬を行う前に行われることも多くあります。
宮型霊柩車
宮型霊柩車とは、霊柩車の一種で、棺を乗せる後方が寺院や神社の宮殿のような形になっています。
無宗教葬
無宗教葬とは、宗教や文化的習慣に沿わずに自由な形式で行う葬儀のことです。自由葬と呼ばれる場合もあります。
冥土
冥土とは仏教用語で、亡くなった人々の霊魂が行く世界、いわゆるあの世のことを指します。
喪主
喪主とは、葬儀の主宰者のことです。故人と最も近しい人が担当するもので、故人の配偶者が喪主をする事が一般的です。難しい場合は子、子が複数いる場合は長男、もしくは長女が担うのが一般的です。また、遺言に指名があればそれに従います。
喪章
喪章とは、葬儀において遺族が喪に服していることを示すために身につける、黒の腕章やリボン等のことをいいます。
喪中
喪中とは、親族や身近な人のが亡くなってから一年以内の期間を指します。この期間中は、寺社への参拝や、結婚式といったお祝い事への出席を控えます。喪中に新年を迎える場合は正月の行事も控えなければならず、その旨を喪中はがきで前もって知らせるようにしましょう。
喪服
喪服とは、葬儀や法事の際に着用する礼服のことで、黒や薄墨色の衣服のことを言います。「喪に服す」という、悲しみに寄り添う気持ちを表す装いで、遺族、弔問客共に着用がマナーとされています。喪服には正喪服、準喪服、略喪服と格式があり、基本的に喪服というと準喪服のことを差しますが、どれを着用するかは立場や状況によって判断が必要です。
門前飾り
門前飾りは、葬儀が行われる会場の入口近くに施される飾りのことをいいます。
紋付羽織袴
紋付羽織袴は、男性の和服で正装とされるもので、葬儀においては喪主や故人に近い親族が着用する正喪服です。

や行

友人葬
友人葬とは、創価学会の会員が執り行う葬式で、故人さまの親しい人を中心に、宗派や宗教に関係なく参列できます。友人葬には一般的に僧侶は呼ばないため、よってお布施の必要がなく戒名もつけません。
湯灌
湯灌とは故人を、お棺に納める前に、ご家族・ご遺族様の手でその身体やお顔をきれいに洗ったり拭いたりして清めることです。性別により髭を剃ったり、お化粧が施されます。

ら行

略喪服
略喪服とはブラックフォーマル以外の黒、紺、グレー、茶などの地味な色のスーツやワンピースを指します。学生の制服やリクルートスーツなども略喪服にあたります。略喪服は参列者や学生が着用し、喪主や故人に近い間柄の場合は正喪服もしくは準喪服を着用します。
臨終
臨終とは、人が亡くなるまで間もない時、もしくは息を引き取った直後のことを指す言葉です。
霊安室
霊安室とは、病院や警察などの施設にある、一時的にご遺体を安置できる部屋を指します。
霊柩車
故人を葬儀場から火葬場まで霊柩車でお送りいたします。葬儀コンシェルでは葬儀場から火葬場までの距離が50kmまで、追加費用は発生しません。
礼拝用具
礼拝を行う際に使用される用具のことです。仏教では数珠などといった仏具を指し、神道では神棚や種々の神具、キリスト教ではロザリオやコンボスキニオンなどを指します。
六文銭
六文銭とは、納棺の際に棺の中に習慣的に入れる小銭を指します。東アジアで広く行われる習慣で、故人が三途の川を渡る際の渡し賃としての意味合いがあります。

わ行

別れ花
別れ花とは、出棺の際に遺族や親族が棺の中に入れる花のことです。一般的に、故人の顔の周りから体の周りを別れ花で飾ってから、棺のフタをしめて出棺となることが多いです。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。