家族葬では弔問はどうする?家族葬での弔問の扱い

家族葬では弔問はどうする?家族葬での弔問の扱い

葬儀における弔問は一般的なものですので、通夜が始まる前に弔問することはマナー違反に当てはまります。しかし、一般葬の場合は通夜や葬儀の行われるタイミングで弔問を行うことは問題ありません。

では、招待された人のみが参列する家族葬における弔問はどのような扱いとなるのでしょうか。このページでは、家族葬における弔問の考え方や服装、お供えできるものについて詳しく解説します。

家族葬での弔問は一般的ではない

家族葬は葬儀を行う段階で、葬儀に呼ぶ人々をあらかじめ決めています。これは、故人の関係性や遺族としての立場をふまえたうえで、心理的・経済的な負担を軽減する目的があるためです。そして、故人に対して弔意を示す弔問も考え方は同一です。

弔問願いを貰ったときは弔問する

遺族や故人の意思として、家族葬は行われます。そのため、親族や家族以外の人々に対しては、喪主がその扱いを決めます。たとえば、

  • 故人と付き合いのあった人は弔問を許可する
  • 故人と付き合いのあった人でも申し入れがなければ遠慮する

といった決まり事は喪主が決めるものです。そのうえで、弔問願いを受け取った方は弔問することが可能となります。

また、一般的には、弔問を辞退する場合は、

  • 香典

も同一の扱いとなるため、弔問願いは、遺族や故人の強い意志が反映されたものと考えて良いでしょう。

仮に、弔問願いを受け取った場合であっても、花や香典は持っていっても迷惑にならないかどうかを遺族に確認しましょう。そうすることで、遺族に負担のない葬儀が可能となります。

一緒に読まれている記事

弔問辞退の旨は関係各所に確実に伝える

弔問は、葬儀に関する弔意を示すものの中では、負担は大きいものではありません。しかし、弔問の際に供物の内容などによっては遺族の負担となります。

喪主や遺族は、そういった点をふまえ、関係各所にどのような葬儀を行い、何を辞退するのかを明確に伝える必要があるといえます。例えば、故人だけでなく、喪主が会社に勤めている場合であれば、どちらの会社にも、香典や弔電の辞退の旨を伝えなければなりません。

現在は、連絡手段がある程度整っているため、電話やメールなどで伝えても何ら問題はないといえるでしょう。また、喪主や遺族が家族葬であることを伝えても、会社ではなく「個人で伺いたい」といわれる場合もあります。そのような場合は、その方と亡くなった方の関係性をふまえたうえで、弔問を許可するかどうかを決定することが重要です。

故人の会社との関係性がどのようなものであったとしても、判断するのは遺族と喪主です。

一緒に読まれている記事

家族葬は後日弔問できる

様々な理由で、葬儀や通夜に参列できないことは少なくありません。しかし、落ち着いたタイミングで後日弔問を行うことは場合によっては可能です。家族葬は、お知らせを受けた段階で葬儀などの一連の手続きが全て終わっていることも少なくありません。後日弔問に詳細に触れていきます。

後日弔問はタイミングを見る

家族葬が終わって、連絡を受け取った場合には、遺族もある程度落ち着きを取り戻した状態だといえます。しかし、後日弔問を行う場合には、そのタイミングをしっかりと読む必要があります。

例えば、通夜後の弔問は、

  • 通夜後四十九日を迎えるまで
  • 一週間後を目途に

などの地域による決まりがあります。

そのため、後日弔問を行う際は、遺族などに連絡を取りながら調整を行うことが重要です。

後日弔問は辞退される場合もある

葬儀の一連の流れが終わったとしても、後日弔問は辞退される可能性があります。家族葬の一般的な定義は、弔問や香典を全て辞退するものです。そのため、訃報の段階で後日の弔問なども辞退する旨を正確に伝えていることもあります。

仮に、後日弔問が辞退された場合は弔問そのものを諦めるしかありません。電話などで弔意を示すことが可能である点などもふまえると、弔問は、

  • 個人と関係性が深く、葬儀に呼ばれたときに参列できなかった
  • 葬儀に呼ばれなかったものの、故人と親しかった

などの場合でなければ控えましょう。

家族葬で後日弔問するときのマナー

家族葬の場合は、弔問は基本的には辞退されるものです。しかし、後日弔問を断る遺族は少ない傾向にあります。弔問そのものが故人に弔意を示すものであることに加え、返礼品等が必要となる香典や供花に比べ、遺族に負担が掛かる可能性が低いといえるためです。

弔問できるか確認する

弔問は自分の意思だけではなく、遺族の意思を確認したうえで行いましょう。弔問そのものが遺族の負担となっては、家族葬を行った意味がありません。また、香典や花といった供物も遺族と話したうえで準備するかどうかを決定してください。

確認せずに弔問を行った場合、追い返されることは可能性として低いものの、トラブルとなる可能性が高いといえます。故人とどれだけ仲がよかったとしてもマナーは守らなければなりません。そのため、弔問を行う際には遺族の意思をテーマなどで確認しましょう。

一緒に読まれている記事

服装は平服が望ましい

後日弔問は、ビジネススーツや黒系のワンピースなどであれば問題ありません。この際の服装は平服であることがマナーとなっており、喪服は着用しません。アクセサリーなども外したうえで訪問することが望ましいといえます。

また、後日弔問は、通夜の前の弔問とは服装が異なる点には注意が必要です。どうしても服装に困る場合などでは、遺族に確認することによって、心理的な負担を減少させることが可能です。服装や荷物など遺族に配慮することを意識しましょう。

一緒に読まれている記事

家族葬における会社の弔問

家族葬における弔問の扱いは、個人でも会社でも大きな違いはありません。その詳細をみていきます。

基本的には断っていい

基本的には、家族葬における会社の弔問は全て断っても失礼にはあたりません。会社への連絡は、葬儀を行う段階で喪主が行います。仮に、会社側が弔問に訪れたいと申し出ても、喪主は断ることが可能です。弔問を断るということは、弔電や香典なども辞退することになります。

また弔問を辞退する場合には、詳しい葬儀の場所や会場について会社に伝える必要はありません。しかし、喪主は何が理由で休むのかということや故人が会社に勤めている状態だった場合には、明確に意思を伝える必要があります。

一緒に読まれている記事

会社関係者でなじみ深い人は対応する

会社の関係者では、故人となじみ深い人や喪主にどうしても弔意を示したいという人もいます。その場合は、喪主が判断し、弔問の可否を決める必要があるといえるでしょう。

弔問を行いたいと申し出る方は、何かしらの縁があることが想定されます。そのため、基本的にはよほどの場合でない限り、会社関係者でも遺族は弔問を受け入れるパターンが多いのが現状です。

また、一度断ってももう一度弔問に訪れたい旨を伝えられた場合などは無下に断らず、受け入れることでトラブルを避けることが可能となります。

家族葬のお供えに適しているもの

弔問する場合、お供え物を用意する場合もあります。しかし、遺族としてはそのお供え物が負担となることもあるため、お供え物は確認したうえで持参するようにしましょう。

線香

線香は、弔問する場合、用意しなくても問題ありません。遺族側が既に用意しているものを使用します。遺族がそろっている場合には、

  • 遺族に一礼し仏壇に一礼をする
  • 線香に火をつけ、手の風で消す

などのマナーを守りましょう。また、あくまでも弔意を示すために訪れていることから、遺族と長く話す必要はありません。しかし、遺族を励ますような言葉を意識すると良いでしょう。

弔問する際に用意するものとして、供花が考えられます。しかし、供花も遺族の意向に従って用意するかどうかを確認する必要があります。仮に、弔問の際に供花を持っていくことを断られても、線香をあげることができるため、気にする必要はありません。

仮に、遺族が花を受け取ってしまうと、四十九日後に返礼品を用意する必要があります。そのため、遺族が望む場合以外は花の用意はいらないといえるでしょう。

一緒に読まれている記事

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。