家族葬で僧侶なしや戒名なしでも問題ない?

家族葬で僧侶なしや戒名なしでも問題ない?

さまざまな葬儀の形式がありますが、その中でも家族葬が人気を集めています。家族葬が人気の理由はさまざまなものがありますが、一般葬と比較すると低価格で葬儀が挙げられることも人気の理由の1つです。

しかし、葬儀費用は抑えることができても、お坊さんに支払うお布施が高くて悩んでしまう方もいます。なかには「葬儀にはお坊さんを呼ばなくてはいけないの?」「戒名を付けなければいけないの?」と疑問を持つ方もいます。実際は、どうなのでしょうか?

ここでは、「お坊さんなし・戒名なしの家族葬はしてはいけないのか?」について分かりやすく解説します。お布施の金額で悩んでいる方は、ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

僧侶とのお付き合いがない方は定額の「僧侶手配サービス」

菩提寺との付き合いがない方や、自分の家の宗派が分からなくて困っている方もいるでしょう。また、戒名代が高いと感じて悩んでいる方も多いです。このような方におすすめのサービスが定額でお坊さんへの依頼をすることができる「僧侶派遣サービス」です。

家族葬のお布施の相場については、こちらの関連記事で解説をしています。

一緒に読まれている記事

メリット

お布施の費用を抑えられる

僧侶手配サービスでは、お葬式は35,000円から、戒名の授与は20,000円から手配することができます。僧侶手配サービスの費用には、お坊さんにお支払いする料金の全てが含まれているので、追加費用が発生する心配がありません。

そのため、「事前にお坊さんへお支払いする金額を知っておきたい」「なるべく安く僧侶を手配したい」とお考えの方から人気を集めているサービスです。

継続的な費用負担がない

お寺の土地内にご先祖のお墓がある場合、そのお寺のことを菩提寺といいます。菩提寺にお墓があれば、ご先祖の墓を安心して管理してもらえますが、檀家になって、管理料や運用費用を負担しなければいけません。金額は年間1万円~3万円程度ですが、それでも負担に感じてしまう方もいるでしょう。

しかし、お坊さん便は都度のお付き合いになるため、檀家のような費用の負担がありません。

24時間365日の受付体制

お坊さん便は、24時間365日受付体制です。電話受付の営業時間は9時から21時ですが、インターネットの申込みは時間を気にせず、24時間申込が可能です。そのため、仕事で電話する時間が取れないという方も、ご自身の都合の良いタイミングで安心して申込みすることができます。

デメリット

同じお坊さんを指名できない

依頼した際に良いお坊さんに出会っても、次回も同じお坊さんを指名できない問題も出てきます。派遣でくる僧侶の方は、お坊さん便のスケジュールに合わせなくてはいけないため、必ずしも予定が空いているとは限りません。

次回もお願いしたいとお坊さん便の窓口に相談することもできますが、基本的には、同じお坊さんを指名することは難しいです。

スケージュール変更が難しいケースもある

お坊さんには、僧侶手配サービスを通じて多くの依頼が来ていることも多くあります。そのため、同日に何件か法要を受けている可能性もありますので、当日にスケジュールを変更することが難しい可能性があります。ただし、この点については僧侶手配サービスではなく、お付き合いのあるお坊さんに依頼した場合であっても、タイミングによっては同じことになります。

僧侶なし・戒名なしの家族葬は問題?

結論から説明すると、僧侶や戒名なしでも家族葬を執り行うことは可能です。しかし、一般的には、家族葬を行う際には僧侶を呼んで戒名を付けていただくことが多いです。

これは、仏式の葬儀を行う際の話であり、他の宗教を信仰している場合などには、僧侶を呼ぶ必要はありません。

デメリット

僧侶を呼ばない葬儀には、次のようなデメリットが挙げられます。

納骨してもらえない場合もある

先祖代々のお墓を管理してもらっていて、長年のお付き合いがある寺院を菩提寺といいます。この菩提寺との付き合いがある場合は、戒名を付けてもらわなければいけません。

菩提寺があるのに、読経や戒名なしの家族葬を選択してしまうと納骨してもらえないなどのトラブルに発展しまうこともあります。そのため、事前に菩提示の有無を必ず確認してください。

一緒に読まれている記事

抵抗を感じる方もいる

読経や戒名なしの家族葬に抵抗を感じてしまう親族もいます。親族の方の中には、ご先祖に対して供養をしてあげたいという考えの方もいるでしょう。このような意見の違いがあれば、トラブルを招いてしまう原因となってしまいます。そのため、読経・戒名なしの家族葬を行う場合は、家族の理解を得てから葬儀を行うようにしましょう。

メリット

僧侶を呼ばない葬儀のメリットは、次のようなものが挙げられます。

費用が抑えられる

葬儀に僧侶の方を呼んで戒名を付けたり、読経を依頼したりする場合には、お布施を渡す必要があります。このお布施は、葬儀費用とは別となり平均相場は約50万円です。僧侶を呼ばなければ、お布施を支払わなくて済むため、費用が安く抑えられます。

一緒に読まれている記事

希望の供養方法を選択できる

仏教の葬式の必要性を感じていない方も増えてきています。仏教式の葬式をあげて供養を行わなくても、公園霊園や海洋散骨してもらえば良いと考える方も増えてきているのです。このような人は、戒名の必要性を感じていません。

僧侶に依頼する戒名の役割

戒名は、仏教徒になった人が授かる名前のことをいいます。仏教について勉強した証として与えられるもので、従来は生前に授与されるものでした。しかし、没後作僧の考えが浸透していき、現代は亡くなってから戒名が付けられることが多くなりました。

戒名を付けてもらう必要性

戒名がなければお墓に入れてもらえない

戒名は、仏教徒の人が授かれる名前のことをいいます。そのため、菩提寺がある場合は戒名が必要となり、寺院によっては、戒名がないと納骨してもらえないケースもあります。このような理由から、お墓に入れるためにも戒名は必要となるのです。

戒名を付けないと世間体が気になる

宗教を問わない樹木葬や海洋葬は、戒名が必要ありませんが、このような選択肢をする方はまだ少ないです。 生前に故人自身が「自分が亡くなったら、子供たちに負担をかけたくない」という意思で、経済的負担のかからない葬儀を選択することは多いですが、ご遺族の方が戒名を付けない選択肢をすることは、一般的には浸透していません。そのため、さまざまな面で世間体が気になってしまうでしょう。

大切な家族だからこそ手厚い供養をする

戒名は付けなければ「あの世で名前を呼んでもらえない」「あの世で迷子になってしまう」などの教えもあります。また、先祖代々あるお墓があるのであれば、一緒に納骨をして、お盆などには供養をしてあげたいと思うものです。実際に、大切な家族だからこそ手厚い供養がしたいから、僧侶を呼ばずに戒名をつけない葬儀を好まない人も多くいます。

戒名の平均相場

お布施の費用を安く抑えたいと考えている方は、戒名にランクがあることも覚えておきましょう。同じ仏教でも、故人の社会的地位や寺院への貢献度によって、戒名のランクが分けられています。ランクに応じて、約10万~100万円ほど戒名代に開きがあります。

僧侶手配サービスであれば戒名についても、2万〜20万円ほどになりますので、お付き合いのあるお坊さんがいない場合には僧侶手配サービスへの依頼をおすすめします。

僧侶や戒名なしの家族葬の流れ

僧侶を呼ばない家族葬の流れは、一般的な葬儀の流れと異なるのでしょうか?

ここでは、僧侶や戒名なしの家族葬の流れをご紹介します。通常の家族葬の流れについては、下の関連記事でまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事

開式の言葉

開式前は、参列者同士で話をしていたり、挨拶のために席を外していたりする方もいます。そのため、開式の挨拶前には「一同、ご着席をお願いします」「携帯電話はマナーモードにしていただくようにお願いします」とアナウンスを流します。会場が整ったら、開式の言葉を述べます。

黙祷

黙祷とは、声を立てずに祈る行為のことをいいます。厳密に言えば、目を閉じたり手を合わせたりして、外部からの情報を遮断して祈る行為のことをいいます。

献奏

献奏とは、仏様に対して音楽を演奏して奉納することをいいますが、故人様の霊前や墓前で心安らぐ音楽を演奏して冥福を祈ります。

感謝の言葉

故人への呼びかけや生前のエピソードを踏まえた感謝の言葉を述べて、最後に故人の冥福を祈ります。

献花

無宗教の場合は、お焼香の代わりにお花を捧げます。その際にお供えする行為や使用する花を献花と呼びます。献花も、お焼香と同じように故人を弔うという意味を持ち、一人一本ずつお供えするのが一般的です。

一緒に読まれている記事

閉式の言葉

喪主の方が、参列者にお礼の言葉を述べて葬儀の閉式をお伝えします。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。