家族葬のお花代の相場・マナーは?

家族葬のお花代の相場・マナー

家族葬の知らせを聞いた場合、お花代を渡したいと思うものの、家族葬は慣れていない方が多く、相場、包み方・渡し方などのマナーがわからないという方も多いのではないでしょうか。

このページでは、家族葬の場合のお花代の相場とマナーについて解説しています。

家族葬でお花を送ろうと考えている場合には、下のページで「家族葬の供花」について解説していますので参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事

家族葬のお花代の平均相場

家族葬では、お花の代わりとして、お花代を渡すケースも多いです。ご遺族の方の葬儀代金の負担を軽減できるとして、近頃は、供花ではなくお花代を渡すケースが増えてきています。

また、家族葬で香典辞退をしている方は多いですが、その代わりとしてお花代を渡す人も多いです。お花代の平均相場は、故人様との関係で大きく変わりますが、家族葬でのお花代の平均相場は以下のようになっています。

故人との関係性 金額
両親 100,000円
祖父母 10,000~30,000円
兄弟・姉妹 10,000~30,000円
職場関係の人 5,000~10,000円
友人 5,000~10,000円

お花代のマナー

お花代の包み方

お花代は、香典とは別に包みます。不祝儀袋か白色の無地の封筒に「御花代」と表書きしたものを使用します。豪華な不祝儀袋を使用する場合は、包んだ金額に見合っていなければ失礼となるため注意してください。

また、神式やキリスト教には香典という考えはないため、お金を渡す場合は「御花料」と書いて渡します。もし、故人様の進行する宗教が分からない場合は「御霊前」として包めば問題ありません。

お花代の渡し方

家族葬に参列をする場合は、弔意を示すために香典を包むのが一般的です。そのため、香典を渡した場合は、御花代は一般的に不要です。あまりにも高額な金額を渡してしまうと、後日の香典返しが大変になり、ご遺族の負担が大きくなってしまうため、バランスを考えて渡すようにしましょう。

香典とお花代のどちらを渡せば良いか悩んだ場合は、香典を渡すようにしましょう。また、香典辞退をしている人に対して「お花代」を渡すこともあるようです。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。