お墓参りに最適な時間帯と時期

お墓参りに最適な時間帯と時期

朝早くお墓参りに行く方は多いと思います。実際、お墓参りに行くのは何時ころいくのがいいのでしょうか? 仕事の都合などで、お墓参りが夜になってもマナー違反ではないのでしょうか?

この記事では、お墓参りについて最適な時期や時間帯についてまとめています。

お墓参りに最適な時間帯

朝早いお墓参りがベストなのか? お墓参りの最適な時間帯について解説します。

ご先祖に礼儀を示したい場合は「午前中」

朝早くお墓参りに行く方が多い理由は、その日にある予定のうち一番大事な予定だから、何よりも先にお墓に向かうというものです。

何か予定を終えてから、午後にお墓参りに行くのでは、お墓参りの優先順位が低くなってしまいます。

お墓参りに行くのは、故人を偲んだり、家族の近況報告を行うためです。自分がこの世に生まれてきたことを先祖に感謝する気持ちを表すためにも、どんな予定よりも優先して午前中の早い時間に出かけるのがいいとされています。

また、お盆やお彼岸のお墓参りで墓掃除を行うときも、朝の早い時間に出かけた方が時間もたっぷり取ることができて、丁寧に掃除を行うこともできます。

猛暑日の場合は「夕方」

8月のお盆の時期は、35度を超える猛暑日になることも多いです。

お墓には、日差しを遮るものがほとんどなく、帽子などで猛暑対策をしていても、日中の暑い時間帯では防ぐことができない可能性があります。

いかに、先祖を思う気持ちや、感謝の気持ちがあっても、お墓参りに来ることで熱中症になってしまったら、元も子もありません。

お墓参りに行く予定の日が猛暑日になってしまった場合、まだ涼しいうちの早朝に墓参りに行けるならいいですが、早朝は無理な場合、無理をして陽が高いうちに墓参りに行くのではなく、夕方少し涼しくなってから出かけるのがいいと思います。

夜の参拝もマナー違反ではない

夕方から夜にかけての墓参りはダメと言われることがありますが、別にマナー違反というわけではありません。

それでは何故、夜の墓参りがダメと言われるのかその理由を考えてみましょう。

掃除が大変

墓参りのときに、お墓周りの掃除を行いますが、夕方から夜になると日が落ちてしまい、お墓の隅々まで目が届かなくなって十分に綺麗にすることができなくなってしまう。

足元が見えにくくて危険

最近の霊園では、街灯が多く設置されていたり、歩道も舗装整備されていて夜でも、それほど危険ということはありませんが、昔からの墓地や寺院の敷地には、足元を照らす照明も少なく、未舗装のところも多いため、日が沈んでからの墓参りは、つまずいて転倒したりする恐れがあります。

霊園が閉園していることも

不審者を防ぐため、お盆やお彼岸などのお墓参りの時期以外は、閉園時間を設定して、夕方以降は中に入れないようになっている霊園もあります。

夜のお墓参りがよくないと言われているのは、ご先祖様に対してのマナー違反ではなく、墓参りに行く人のことを考えてのことだったのです。

仕事や用事があって、どうしても日中に墓参りに行けない場合は、夜に行っても全く問題はありません。忙しい合間を縫ってわざわざ来てくれたことをご先祖様も喜んでくれるのではないでしょうか?

お墓参りに最適な時間帯は時期によって変わる

春、秋のお彼岸や真夏のお盆、季節によってお墓参りをする最適な時間は変わります。

命日

故人が亡くなられた日が祥月命日です。祥月命日にお墓参りをする場合は、少しでも長く墓前で故人を偲ぶために、早めの時間帯に行くのがいいとされています。

月命日

祥月命日は、故人が亡くなられた月日なので年に一回ですが、月命日は故人が亡くなられ日になるので、毎月1回、年12回あります。

月命日に毎回お墓参りに行くことができるのは、家からお墓が近い人に限られてしまいます。帰省などで地元に戻ってお墓参りに行くならば、何もない日よりも、月命日を選んで出かけた方がいいかもしれません。

春のお彼岸(3/21)

春のお彼岸は、3月21日前後にお墓参りをします。冬が過ぎて日が長くなってきている時期なので、特にお墓参りに行く時間帯は気にしなくていいと思います。お墓の掃除をすることもあるので、午前中の早い時間に行く方が多いようです。

秋のお彼岸(9/23)

最近では、秋のお彼岸の頃でも猛暑になっていることがあります。そのため、日が高いうちにお墓参りにいくことは避けて、早朝や夕方以降にお墓参りに行くのが安全です。

お盆(8/13~8/16)

お盆の間、ご先祖様はお墓から自宅に帰ってきます。そのため、お墓参りはお迎えと見送りの2回行われます。

お迎えの場合は、早く家に帰ってきて欲しいという気持ちが伝わるように、早い時間にお墓参りをすることがいいとされ、逆に見送りは、少しでも長く家にいて欲しいという気持ちを伝えるために、夕方以降の遅い時間にお墓参りに行くのがいいとされています。

帰省などで、二回のお墓参りに行けない場合は、都合のいい時間に行くことで問題はありませんが、猛暑日などに当たってしまった場合は、日中の暑い時間を避けて早朝や夕方以降に行くのがいいでしょう。

お正月(1/1)

お正月にお墓参りに行くのは縁起が悪いなどと言う人もいますが、そんなことはありません。新しい年を迎えた喜びを先祖や故人とともにわかち合うのもいいのではないでしょうか?

正月の時期は日が短く、夕方以降はかなり暗くなってしまうので、なるべく早めにお墓参りに行くのをおすすめします。但し、雪が積もる地域だと、あまり早い時期にお墓に行っても除雪がされていない場合があるので注意してください。

お墓参りの手順・仕方

一般的なお墓参りの手順を紹介します。

お墓の前で合掌

墓前に着いたら、まずは全員でお墓に向かって合掌します。線香などのお供えは後になるので、ここでは、ご先祖様へお墓参りに来た挨拶をします。

お墓の掃除

挨拶が終わったらお墓の掃除に取り掛かります。

  1. 墓周りの雑草を取り、落ち葉などを拾い集めます。
  2. 花立に枯れた花が入れてあるときは、取り除きます。お彼岸や命日では、親族の方が先にお墓参りに来てお花を供えてくれることもありますので、新しく供えられた花はそのままにしておきます。
  3. 花立や線香皿などが取り外せる場合は、外して水道で水洗いをします。取り外せないときは、布を湿らせて汚れを拭きとります。
  4. 最後に、墓石をスポンジなどで洗います。石材によっては傷つきやすいものもあるので、柔らかいスポンジを水で湿らせてお墓全体を拭くのがいいでしょう。
一緒に読まれている記事

打ち水で墓石を清める

お墓掃除が終わったら、打ち水でお墓を清めます。霊園や寺院の水くみ場に柄杓と桶が用意されているので、そこに水を汲んで、お墓の上から全体に行き渡るように水をかけます。

石材によっては、お墓が痛むとのことから打ち水をしないこともあります。

お供えものをする

持参したお供え物を墓前に供えます。お花を入れる前に花立には綺麗な水を汲んでおきます。また、お菓子などを供えるときは、半紙などを敷いてその上に置きます。

線香に火をつけて合掌する

お供えをしたら、故人と縁の近い人から順番に線香に火を点けて合掌します。

仏教では、人間の口は不浄なものを飲み食いし、時として悪口を言うことから汚れのあるものとされています。口から出す息も穢れたものとされているので、線香に火を点けた後は、息で火を吹き消すのではなく、手で仰いで火を消したり、線香を振って火を消します。

合掌は立ったまま行うのではなく、しゃがんで墓石より低い位置で行います。先祖よりも高い位置で合掌するのはマナー違反とされています。

後片付け

お供えしたお花はそのままでいいですが、お菓子や飲み物などは、合掌が終わったら、家に持ち帰ります。

お墓参りをする際に良くある質問

お墓参りの際によくある質問を紹介します。

お正月にお墓参りする場合は松を飾るものなのですか?

お正月に家の玄関に松を飾る風習があります。正月は神様を迎えるときになるので、神様が宿る木として、松や柏などの葉を飾っているのです。

お墓も、言わば故人やご先祖様の家です。お正月に神様を迎えるために、松を飾ることについては何も問題がありません。

ただし、仏教の宗派によっては、お墓に飾ってはいけない花があるので注意してください。また、松は縁起のいい木になるので、喪中は正月でも松を飾ってはいけません。

お墓には水をかける人とかけない人がいますが、どちらが正しいですか?

お墓に水をかけるのは墓石を清めるという意味があるのですが、水をかけるのを嫌がる方もいらっしゃいます。

水をかけない理由はどのようなことでしょうか?

墓石が痛むのを心配している

気温が高い夏に冷たい水をかけることで、墓石が温度変化に耐えられずにひび割れを起こすとか、冬は水が凍ってしまい膨張して墓石のひび割れの原因となることなどを心配する方もおられるようです。

仏様に対して無礼な行為?

ただの石に開眼供養を行うことで、お墓にはご先祖様や故人の魂が宿るものとされています。亡くなられた方は、あの世で仏様の弟子になっていますので、お墓に水をかけるのは、せっかくあの世からお墓に戻って来てくれたご先祖様に対して失礼な行為だと考えている方もいらっしゃいます。

お墓は風雨に晒されているので、水をかけることで墓石が痛むことについては、それほど気にすることはないでしょう。仏様に水をかける行為が無礼にあたるかどうか、考えて見て決めるのがいいのではないでしょうか。

お墓参りをするのに避けた方が良い日はありますか?

月曜、火曜などの7曜とは別に、日本では昔から六曜が使われており、慶事や弔辞は六曜を参考にして日取りを決めていました。

特に、気に掛けることが多いのが「友引」と「仏滅」です。

友引は、陰陽道で「ある日ある方向に事を起こすと、友に災いが及ぶ」と言われていたのが由来です。葬儀や友引は、友を道連れにしてしまうとされており、現在でも友引に葬儀を行わない地域は多く、火葬場も休日としているところが多いです。

仏滅は仏が滅んでしまうと言われるほどの大凶日と言われています。そのため、慶事はこの日に行うことを避けることが多いです。

六曜は、ただの慣習ですから、特に気にすることはありませんし、何か新しいことを始めるときに縁起をかつぐために行われているものです。

お墓参りに行く日が友引でも仏滅でも全く問題はありません。

葬儀に関するお問い合わせは
「葬儀コンシェル」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

24時間365日サポート

ご不明な点・ご不安なことがありましたら、深夜早朝問わず、いつでもご相談ください。

※ 固定電話をご利用の方は、
0120-545-669 まで

初めての葬儀でも安心!

詳しいパンフレットを3日以内に
お届けします。