喪主・ご遺族が知っておきたい出棺後までの全体的な葬儀の流れ

大切なご家族・ご親戚が亡くなられた際、当然の事ながら葬儀は行われますよね。 しかし日常の事では無いですから、いざという時に「どうすれば良いのか…」と混乱してしまいがちです。

もちろんご自分が葬儀の用意をする事になるのは、まだまだ先の話になるのかもしれません。 しかしいざという時の事を、あらかじめ知っておくのは安心に繋がります。

葬儀にはお通夜や告別式など、いくつかの大切な流れがありますよね。 そこでこの記事では、葬儀の流れを詳しく説明していく事にします。

そこで今回は、社葬とはどのような葬儀なのかを分かりやすく解説すると同時に、社葬に参列することになった際のマナーや過ごし方についても取り上げて、いざという時のために詳しく説明していきます。

葬儀場への連絡・お通夜など本葬前日までの葬儀の流れ

故人が亡くなられる場所は、現代では病院内である事が多いです。 最期の瞬間にご遺族が傍に居る場合もあるでしょうが、多くの場合病院側から連絡が来る事になるでしょう。 そしてご親族・ご友人などに亡くなった事を伝えた後、葬儀場に連絡します。

もちろん近所の葬儀場を選んだ方が、近親者にとって集まりやすいという事もあるでしょう。 多くの葬儀場が死亡届などの手続きをしてくれますが、これは届け出が無いと火葬が出来ないからです。

葬儀場の車で病院からご遺体の移送となりますが、一度ご自宅に戻って安置する方も多いですね。 死化粧など細かい部分は宗派によって変わりますが、ここでは日本で多い仏教でも一般的な作法に則り説明していきましょう。 お通夜の前には専門の方がいわゆる「死化粧」を行います。

線香や専用の布などで整え、移送までの準備を着々と進めます。 ちなみにご自宅にて近親者と一緒に夜を過ごす事をお通夜と言いますが、現在では葬儀前夜に葬儀場で行う儀式の事をお通夜と言ったりします。

お通夜で主に行われる重要な儀式は「僧侶のお経読み」ですね。 喪主による参列者の皆さんへの、読み上げもありますが一番近しい人物(配偶者かお子さん)が取り仕切ります。

葬儀の流れや式全体の細かい部分は葬儀場の方のマニュアルにより行われますので、ご料理や時間割など合意を済ませれば躓く部分は少ないでしょう。 一般的に当日の葬儀(本葬)よりお通夜の方が参列者は少ないですが、都合によりお通夜にしか出ない方も居らっしゃるでしょう。

本葬・火葬そして各種請求の支払いまでの葬儀の流れ

故人が無くなる日付など当然決められませんが、火葬場にはお休みの日も存在します。 本葬の日が火葬当日となりますので、営業している日に合わせてスケジュールを決めます。

近隣で火葬場が複数あったとしても、休業日は「友引」で統一されてる事が大半です。友引とは「引きつける」日と縁起付けられており、結婚式だと「良い事を引き付ける日」ですが逆に葬儀には向きません。 昼頃に本葬が執り行われた後、そのまま火葬場に向け出発します。

火葬(もしくは埋葬)を行う際は「埋火葬許可証」が必要となり、これは基本的に死亡届を出すのと同時に受け取ります。 準備が整い火葬が行われると、長くても2時間程待つ事になります。拾骨とは火葬された遺骨を、近親者が骨壺に入れていく事です。

骨壺は一旦ご自宅に帰り、その後はご自宅か墓地にあるお墓に入ります。 お墓に入る前には僧侶に来てもらい、またお経を読み上げて頂きます。

翌日以降には香典返しを行う事になりますが、それと並行して期日までに詳細な行政への各種届け出も忘れずに提出します。 例えば国民健康保険の手続きや年金受給者であれば、またそれに関する死亡届も必要です。これらは葬儀後に提出するのが一般的な届け出になっています。

葬儀場からは葬儀の流れの中での経費の請求書が来ますが、保険金から支払う利用者も多いです。そうで無ければ1週間程で総額を支払う事になるでしょう。 他に支払う料金は「お寺(僧侶)へのお布施」ですが、葬儀場とは違い前もって支払うパターンが多いです。 支払いのタイミングは場合や種類によって変わりますから、しっかり覚えておいた方が良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら