日本に広がる宗派の概要と通夜・葬儀について学ぼう

普段の生活の中に宗教があまり身近にないとされている日本、そして日本人。しかし、そんな我々日本人が最も自身や家族の宗教に触れる機会が、唯一通夜や葬儀の時なのではないでしょうか?通夜や葬儀の当日に、その方法や由縁の違いなど具体的に聞くわけにはいきません。是非、その時が来る前に自身そして家族・親族の葬儀方法や通夜方法については知っておきましょう。今回は、そんな我々日本人の宗派の概要と通夜・葬儀についてご紹介します。

あなたやあなたの先祖が属する宗派の概要と通夜・葬儀は?

日本人の中で、通夜や葬儀を行う際「仏教」の方式でそれらを執り行う人の割合は90%と言われています。残りの10%が神道、キリスト教、無宗教、その他宗教ということになります。日本人のほとんどの人がこの仏教のお寺や寺院のお墓に入ることになり、その仏教寺院の宗派のやり方で通夜や葬儀を取り行うことになります。

また通夜・葬儀について興味深いものとして、「直葬(ちょくそう)」というものがあります。直葬とは、そもそも通夜や葬儀などの宗教儀式自体を行わない葬儀形式のことです。通夜や葬儀などがない為、火葬のみとなります。この直葬、実は最近日本中で増えており、特に関東地方では全体の1/5を占める割合となっています。この背景には、家族・親戚・知人・友人関係の希薄化や、各家庭の経済的な問題により、シンプルな直葬が都市部を中心に増えていると言われています。

さて話を元に戻し、現在その仏教の中にはどのような宗派があるのでしょうか?以下、日本人の多くが所属する仏教宗派になります。

「天台宗」「真言宗」「禅宗(臨済宗/曹洞宗)」「浄土宗」「浄土真宗」「日蓮宗」もちろん上記はその中でもより大きい宗派です。上記にない仏教宗派も日本には多く存在します。

皆さま自身の先祖が眠るお墓、そのお墓があるお寺・寺院も上記のどれかに属する宗派ではないでしょうか?それでは次項にて宗派の概要と通夜・葬儀の違いについて簡単にご紹介します。

宗派の概要と通夜・葬儀の違い 〜具体例のご紹介〜

上記で紹介した日本における大きな仏教宗派7つ、この7つ全ての宗派の概要と通夜・葬儀について事細かにここではご紹介できませんので、その違いの中でより顕著なもの・興味深いものを以下ご紹介します。

まず最もわかりやすいところで「お焼香の回数や作法の違い」です。回数については各宗派概ね1回〜3回なのですが、額に当ててから焼香を置く場合とそうでない場合、あるいはその両方を混ぜて行う場合など、各宗派によって違います。また線香の本数も概ね各宗派1本〜3本なのですが、浄土真宗と浄土宗に関しては1本を折って寝かせるというようなやり方で線香をあげます。

続いて葬儀の際必ず持って行くものと言われる「数珠」です。近年は、数珠も持たず葬儀や通夜に参加される方も多くいらっしゃいますが、この数珠も宗派によって違いがあり、もちろん男性用・女性用によってもその違いがあります。例えば珠の数は108個で作ってあるものや、108の数字にこだわらないもの、また珠の石の種類や色・大きさなども厳密に宗派ごとによって異なっています。是非、自身の宗派の数珠にどのよう特徴があるのかを知っておくのも良いでしょう。

また葬儀の際に不可欠なのがお香典です。袋の水引や記載名(ご仏前・ご霊前)なども宗派によって違いがあります。通夜に「ご仏前」と書くのは「浄土真宗」のみで、その他は全て「ご霊前」と書きます。浄土真宗だけは、死ぬとその場で仏様になると解釈されていますので、「ご仏前」となるそうです。

今回は通夜や葬儀の所作の中で、より身近な部分だけを取り上げましたが、実際には宗派ごとにもっと細かい所作や由縁などもあります。その内容について詳しく聞くことは決して失礼なことではないので、(葬儀当日という訳にはいきませんが)機会を見計らい、是非お寺の関係者の方に聞いてみるのも良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら