覚えておくべき葬儀での女性の服装・持ち物・髪型やメイクの基本

不幸は突然にやって来ます。葬儀は決して日常的に行うものではありませんから、突然の訃報に接し、どういった身支度を整えて参列すれば良いのか悩んでしまうという方も少なくないことでしょう。

そこで今回は、大人のマナーとして覚えておくべき葬儀における女性の服装・持ち物・髪型やメイクについて詳しく解説していきます。

是非ともこの記事を参考にして、葬儀の場で恥をかくことが無いよう、必要最低限な知識を吸収して下さい。

葬儀に臨む女性の服装・持ち物・髪型やメイクの基本

まずは葬儀に臨む女性が基本とすべき服装・持ち物・髪型やメイクをご紹介します。正装となるのは、膝が隠れる程度の長さを保った黒のスーツ、あるいはアンサンブルです。ストッキングも黒に統一し、靴は黒のパンプスを着用しましょう。

結婚指輪はそのまま着けていて構いません。略装の場合には、黒や濃紺など地味な色のスーツやアンサンブル、あるいはワンピースを着用します。ストッキングとパンプスに関しては、正装と同じように黒で統一することがマナーです。

結婚指輪以外にもアクセサリーを着用して問題ありませんが、零れる涙を想起させるパールのネックレス以外の着用はおすすめできません。持ち物としては、女性にとっては第一にカバンが必要不可欠になります。

フォーマルな場の雰囲気に合うように、黒のハンドバッグを使用することがこの場合の基本となり、ハンカチを持参する場合には無地の白、あるいは黒を用意します。香典も必要になりますが、香典袋を裸のまま持ち歩くことはせず、必ず袱紗を使用して下さい。

髪形をまとめる際には、耳より下の位置を選ぶことが葬儀における基本です。髪留めも派手な色やデザインの品を使用することは避け、黒など目立ちにくい物を使用するように心がけましょう。

メイクに関しては地味に仕上げることが大前提となります。赤やピンクなど過度に明るく見える色は避け、ナチュラルで必要最低限のメイクに抑えることが葬儀に参列する際のマナーになります。

服装・持ち物・髪型やメイクで、女性が絶対にしてはいけないこと

葬儀でしてはいけない服装

服装・持ち物・髪型やメイクで、葬儀に臨む女性が絶対にしてはいけないこととして第一に挙げられるのは、喪主よりも高い位の服装をするということです。

一般の参列者の場合には和装を避けることが重要となり、反対に喪主を務める女性は、他の遺族や一般参列者よりも格式の高い喪服を用意しなければなりません。

また、例え真冬に執り行われる葬儀だとしても、毛皮や毛皮を連想させるファーのついたコートは、動物の殺生を想起させるため着用してはなりません。普段はエチケットの一部にもなる香水も、葬儀の場には不適切であるため使用することは絶対に避けましょう。

持ち物で特に注意したいのが香典の中身です。香典用に新札を用意してしまう方が多いのですが、葬儀においては遺族に「この日を待ち望んでいた」と解釈されてしまう恐れがあることから、新札を包むことは不適切とされています。

普段から使用しているお金をそのまま使用するか、綺麗なお札の場合にはわざと折り目を付けてから香典袋に包まなければなりません。耳より高い位置で髪形をまとめるのは、フォーマルな場では慶事の場合のみとされているため、この点にも注意が必要になります。

メイクにおいて厳禁となるのは艶やかさや華やかさを演出することですから、光沢のある口紅を塗ったり、頬にチークを入れることは絶対に避けなければなりません。また、例え落ち着いた色だとしてもマニキュアを付けたまま葬儀に参列することは不適切です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら