知っておきたい「お返し・香典返し」のマナーとタブー

いただいたお供えや香典へのお礼として贈る「お返し・香典返し」。これらの贈り方、贈る品の選び方には、いくつかのルールがあります。そこで、ここでは、お返し・香典返しにおける押さえておきたいマナーとタブーを簡単に説明していきたいと思います。

香典返しの適切なタイミングはいつか、何か気をつけるべきことはあるか、宗教による違いはあるか、いくらくらいのどのような品を贈るのが良いのかなど、基本的なことを纏めましたので、役に立てていただけましたら幸いです。

お返し・香典返しは、どのタイミングで贈るのが正解?

葬儀の際に受けた“香典”に対してのお返しである香典返し。この香典返しは、忌明けの法要(四十九日の法要)を終えたあと、法要の日から1ケ月以内を目安に、その報告とお礼の意味を兼ね、あいさつの言葉を添えて贈るのが一般的。

神式やキリスト教式でも、このところは仏式にならって香典返しを贈るケースが増えています(神式なら亡くなられた日から五十日後、キリスト教式なら1ケ月後が忌明けにあたる)。

ただ、この香典返しを贈るタイミングについては時代につれ変化が生じており、近年では「当日返し」といって、葬儀の場に予め香典返しを用意しておき参列者に持ち帰ってもらうという形式を取る方も増えつつあるようです。

また、地域によってはその土地ならではのルールが存在する場合もあるため、お返し・香典返しを決めるにあたっては、一度ご家族と相談されることをお勧めします。

なお、葬儀の場などでお香典やお供えの受取りを一切お断りしていた場合、香典返しを贈る必要はありません。さらに故人の遺志などで、受け取った香典を全て寄付にあてた場合にも香典返しはなくて構わないとされています。

ただし、葬儀に参列してくださった方、お香典をくださった方には挨拶状を書いて送るのがマナー。寄付をしたならば、どこに・なぜ寄付をしたかといったことを明記し、お礼の言葉を添えて送りましょう。

ちなみに、香典返しの表書きなどについてですが、仏式ならば「忌明志/志」と表書きをして白黒(灰色)の水引をかける、キリスト教では「感謝」や「志」などと表書きをして水引はかけないのが基本ですので覚えておいてください。

お返し・香典返しの品や金額はどう決めるといいの?

香典返し 金額

お供えなどへのお返し・香典返しの品の金額は、受け取った額の3分の1から半分ほどが基本。全額を返すのは失礼に当たるので気を付けましょう。また、当日返しをする場合は、全て同じ品を用意することになるため、いただいたお香典の金額に応じた対応ができません。

もし、受け取った香典の額が高額であったときには、後日あらためて別の品を(その香典の額の半分から葬儀当日に用意した品の金額を差し引いた額を目安に)贈るのが一般的です。

また、香典返しとして贈る品の選び方については、“あとに残らないもの”を選ぶのが基本のルール。そのため、お茶や紅茶、石鹸やタオルなど、飲んだり使ったりして消費できるものが定番となっています。

加えて、当日返しをする場合には、葬儀には遠方から来て下さる方もあるため、持ち運びしやすくかさばらないもの、そして(食品の場合は)日持ちするものを選ぶのが常識です。

なお、「精肉」や、おめでたいシーンでの贈り物として使われることの多い「昆布」は避けるのがマナーなので、これも覚えておきましょう。さて、こうしたルールに気を付けなくてはならない香典返しにおいて、近年、多くの方に選ばれているのが「カタログギフト」です。

カタログギフトには様々な価格帯のものがあるため(異なる金額のお香典に対応しやすく)便利なうえ、かさばらないため当日返しにも利用しやすいというメリットがあるので、香典返し選びに迷われた際には、検討してみてください。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら