訃報を聞いたらやるべきことをしっかりと確かめましょう

人間に生まれてきた以上訪れるものとしては死がありますが、それは突然訃報という形で知らされることも多くあります。訃報を聞いたらすることに関しては大まかに分けると2つになり、1つはお悔やみ返事をすることであり、もう1つには弔問に関する事項を確認するということになります。

弔問に関しては住んでいる地域などの問題もあるので、弔電などを使用するケースのもあるのですがその場合には連絡先などを訃報の連絡時にしっかりと聞いておくことが大事となります。

訃報時にはやはり不安感や焦りなどがありますが、個人の人生最後の別れということもあるので、丁寧に見送るためにもマナーは心がけることが必要です。

訃報を聞いたらお悔やみの言葉と確認事項をチェックします

人生万事塞翁が馬という言葉がありますが、生病老死に関しても突然訪れるものとしては訃報の知らせというものがあります。特に訃報というものは親しい関係の相手であることが多いために、当面は驚きや当惑があると思います。

訃報を聞いたらすることとしては、一般的にはお悔やみの挨拶をするという風になっていますが、冷静さを欠けている場合もあるので落ち着いて会話をしましょう。

お悔やみの言葉に関してはいくつかの忌み言葉が存在しますので、これも注意して返答をしましょう。忌み言葉に関してはやはり死を連想させるものは当然ですが、死や不幸が続いていくという連想をさせるものも避けるようにしましょう。代表的なものとしては重ね重ね、またまた、たびたび、重々、次々などがあります。

訃報を聞いたらお悔やみの挨拶をするのも大事ですが、今後のことを考えて様々な確認事項をしっかりと効くのも大事となります。まずは亡くなった方の名前や訃報を貰った人物との関係性は、当該者でなければしっかりと聞いておきましょう。

お相手の名前や関係性などを聞いたあとは、通夜・葬儀・告別式などの日時や場所についてもしっかりと聞いておきましょう。弔電などで済ます場合にはこれらの連絡先なども聞いておき、また喪主なども調べておきましょう。

宗旨に関しても家によっては厳格なところもあり、香典などの書き方や内容にも関わってくるのでこちらもしっかりと聞いておくと安心です。

訃報を聞いたら弔問をするかどうかを決めて行いましょう

訃報 弔問

訃報を聞いたらお悔やみの言葉を伝えた後に、弔問をするかどうかを決めるのが必要となります。訃報というものは当然ですが遠い友人などから来ることも多いので、遠隔地ならば弔電などで済ませるというケースも多くあります。

その場合には先程に挙げたように、通夜・告別式・葬儀などの日時や場所、喪主、宗旨などをしっかりと聞いてメモなどにとっておきましょう。

弔問に関してですが、近親者に関してはやはり出来る限りすぐに駆けつけるのが望ましいでしょう。生病老死の中で恐らく最も人手が掛かるのがこの通夜・告別式・葬式となっているので、人手などは多くあった方が良いとされています。

最近では葬儀社などが執り行うことも多いのですが、関係者のショックなどを和らげる面でも出来れば素早く駆けつける方が良いとされています。遠い親戚や遠隔地いる場合には弔電などで済ますことができますし、香典などは郵送をすることが可能です。

故人との関係性が親しい友人などの場合には通夜や告別式、そして葬式まで出ることも可能ですが、さほど親しくない関係性の場合にはお悔やみの言葉を告げてから、通夜か告別式のどちらかに出るのが通例とされています。

個々人の都合で弔問が葬式などの後になってしまうこともありますが、その場合には先方へ連絡をしてお伺いをしていいかどうかを確認することがマナーとなっています。

香典などに関しては葬式からの日時で御霊前、御仏前と変わってくるので注意をしましょう。供物に関しては宗旨によって供えるものが違ってくるのはあまり知られていないので、こちらも注意して選びましょう。

このように訃報を聞いたら弔問などをすることが大事ですが、様々なマナーや決まりなどがあるので確認事項をしっかりとチェックしておくのが大事となります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら