いざという時の為に知っておくべき通夜参列のマナー

学生時代にはあまり縁のなかったお葬式ですが、社会人になると人間関係が広がり、本人ではなく身内に不幸が起こることもあります。会社の付き合いがあると、さほど親しくない人でも身内に不幸があると葬儀に参列しなければならないこともあるのです。

今まであまり葬儀に関わってこなかったこともあり、急に参列しなければならないとなるとどうしたら良いか分からず、慌てて同僚や先輩に確認する人も多いのです。 突然の訃報を受けた時に、通夜参列のマナーを身に付けておき、恥をかかない様にしましょう。

通夜参列のマナー: 服装はどのようなものにすれば良いのか

通夜参列のマナーで最も心配なのが、どの様な服装で行けば良いのかという点です。本来お通夜は人が亡くなってからすぐに行われるものでしたので、平服でも良いことになっています。逆にあまり完璧に喪服で行くのはまるで待っていたかの様に思われてしまうので避けた方が良いと言われていました。

しかし以前はお通夜と告別式両方に参加する人が多かったことからその様に言われていたのですが、最近ではお通夜のみ参列する人が多くなっています。 お通夜が故人と最後に会う場になることから、喪服を着用しても良いとされています。

喪服を選ぶポイントは、一般的な冠婚葬祭用品売り場でワンセットで購入しておけば間違いありません。男性ならネクタイや靴下、女性ならば靴やストッキングも揃えてしまいましょう。若い人が忘れがちなのですが、ネクタイピンや靴の金具、アクセサリーなど、金属類は身に付けない様にします。

結婚指輪と一連のパールは例外で身に付けても構いません。但し二連のパールは「重なる」という意味があるので不適切です。本来メイクはNGですが、移動があるので自然なメイクにして口紅を塗らない様にします。当然ネイルや香水はつけません。

女性で和服を持っている人もいますが、和服は格上に当たる為に、遺族や親族を差し置いて着るのはNGです。会社帰りで喪服がない場合に喪章をつければ良いのではと思う人もいますが、喪章は遺族が身に付けるものであり、参列者は付けられません。本来平服でも良いとされているものですので、ネクタイだけでも変える様にしましょう。冬場は毛皮やファーのついたものは殺生をイメージさせますので避ける様にします。

通夜参列のマナー: 会場に着いたらスムーズに行動できるように

通夜参列のマナーで最も心配なのが当日の行動です。お通夜では人と話しにくい為に、一人で行動しなければならず、やり方が分かっていないと戸惑ってしまいます。最近では葬儀は自宅ではなく斎場で行われることが多く、専属のスタッフが誘導してくれるので比較的楽に動けます。基本的な流れを覚えておけば、あとは前の人と同じ動作をするか、スタッフの指示に従いましょう。

まずは受付についたら礼をして「このたびはご愁傷様です」等とお悔やみの言葉を短く述べて、お香典を渡して記帳します。お悔やみはあまりはきはきと明るく言わない様にしましょう。コートは外で脱いでから部屋に入ります。お焼香はスタッフが誘導してくれますので、順番に行います。やり方は地域や宗派により変わりますが、基本的には以下の通りです。

・遺族・親族と僧侶に一礼をする
・遺影に向かい合掌をして一礼します。
・お焼香は、右手の親指・人指指・中指の3本でつまみ、目の高さまで持ち上げて下ろします。
・人により1~3回繰り返します。
・最後に遺族・親族と僧侶に一礼をして下がります。

人数が多い場合一礼を略したり、お焼香台が複数あり着席したまま回してくることもありますので、会場のスタッフの指示に従う様にしましょう。地域によってはお焼香の後にお寿司やお酒、お菓子などの「通夜振る舞い」を勧められることがあります。故人の供養になりますので、時間があれば一口でも頂くのがマナーです。その後引き出物、或いは塩を貰って帰ります。斎場の場合、受け付けや案内など接客をしているのはスタッフで、着席してしまえば無言ですので特に緊張する必要はありません。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら