香典・供花・供物を送る際のマナーや渡すタイミングと注意点

通夜や葬儀に欠かせないのが香典・供花・供物です。これらをどのように渡せばいいのか、マナーを知っている人は意外と少ないものです。突然の訃報を受け、何よりも大切なのは「故人との別れを惜しむ気持ち」です。そのうえでマナーをしっかりと理解していれば、遺族に余計な負担をかけずに済みます。ここでは、香典の一般的な金額や表書き、渡すタイミングなどについて、そして、供花や供物の送り方や注意点なども詳しく紹介していきます。

香典に包む金額の目安と表書きの書き方、渡す際のマナー

ここでは香典・供花・供物の香典について説明します。香典に包む金額は、基本的には個人との関係が深いほど高額になります。親は10万円、兄弟は3~5万円、その他の親族は1万円くらいが相場です。友人や近所の人、上司や同僚といった職場関係の人などは、3〜5千円くらいを包むのが一般的です。ちなみに、香典として包む金額で一番多いのは5,000円です。次に3,000円、10,000円の順になっています。

香典を包む際には新札の使用は控え、「4」や「9」、そして偶数の金額は避けるのがマナーです。ただし、例外として2千円と2万円は問題ありません。香典の表書きは、宗派によって書き方が違ってくるので注意が必要です。各宗派共通の表書きはあるものの、事前に宗派を確認した方が無難です。各宗派の表書きは、それぞれ以下のように決まっています。毛筆書きが基本で、薄墨を使用するのがマナーです。

仏式:御霊前、御香典、御香料
神式:御玉串料、御霊前、御神饌料
キリスト教式:御花料、御霊前
各宗派共通:御霊前(浄土真宗は「御仏前」)

香典は袋が汚れたり痛んだりしないよう、地味な色のふくさ、あるいは小さくたためる風呂敷きかハンカチに包んで持参します。また、香典をバッグやポケットから直に出すのはマナーに反するため、必ずふくさや風呂敷などを使用しましょう。

香典を出すタイミングは初めて弔問したときで、通夜に持参するのが一般的です。通夜に弔問しない人や弔問できなかった人は、葬儀・告別式のときに持参します。

供花・供物の送り方や知っておくべき注意点について

祭壇近くに供えられる供花や供物は、生前に親しかった人や会社・団体関係から送られるものです。供花や供物は、追悼の想いを花々や果物などに託して故人に捧げるものであるため、喪主も贈る側になります。供花は白を主体に選ぶのが一般的ですが、地域や金額によっては白以外の洋花が入っている場合も増えています。

生花や花輪を使用しない地域もあるため、遠方へ出す場合は葬儀社への確認が必要です。また、最近では辞退する遺族も少なくありません。その場合は遺族の意思に沿うのが無難です。供物は宗教によってしきたりが違ってくるので注意しなければなりません。宗教によって種類が限られるケースや花輪をしない地域もあるため、事前確認をしたうえで、可能な限り早めに送ると良いでしょう。

供物や供花を手配する際には、届け先を間違えないことと届ける時間に注意してください。通夜にそえるなら当日の午前中までに、葬儀にそえるなら前日までにとお願いして手配します。会場の都合もあるので、早めに手配しておいた方が安心です。

供物や供花を葬儀社に依頼せず、花屋や果物屋に自分で注文してもかまいません。その場合は、弔事に使うことを伝えたうえで、お願いしたい内容や予算を伝えると、見合ったものを用意してくれます。それを店から配送してもらうか、喪家に持参するか、どちらかの方法で送ることになります。このような香典・供花・供物を送る際のマナー、渡すタイミングと注意点などをしっかりと理解することで、遺族に余計な負担をかけないことにつながります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら