介護付有料老人ホームっていったいどんなところなの?

「長生きはしたいけれど、年齢を重ねてからの一人暮らしや夫婦2人だけでの生活を考えると不安」そう思ってはいませんか? この先も問題なく家事をこなしていけるのか、子供や周りに迷惑をかけずに暮らしていけるのか…と心配な方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回ここでは、そんな老後ライフの不安を解消してくれるサポートつき施設「介護付有料老人ホーム」を取上げて紹介したいと思います。介護付有料老人ホームとはどんなところなのか、どんな介護サービスが受けられるのかなど纏めましたので目を通してみてくださいね。

介護付有料老人ホームでの暮らしってどんなかんじ?

介護付有料老人ホームとは、その名の通り、介護サービスが付いた老人ホームのことです。有料老人ホームは、大きくサポートの内容によって「健康型」、「住宅型」、「介護付」の3つに分けることができ、そのなかでも充実した介護サービスがついているのが、この介護付有料老人ホーム。

そんな介護付有料老人ホームでは、常駐の介護専門スタッフから様々な介護サービスを受けられるほか、(サービスの内容や質は施設によって異なるものの)食事やトイレ、入浴といった日々の生活の介助、洗濯や掃除など生活面でのサポートをしてもらえます。

また、介護付有料老人ホームでは、入居者を対象とした特典や催しで他施設との差別化をはかっているところが多く、高価格帯ホームのなかには、医師による細かな健康管理、24時間体制でのサポート、コンサートや講師を招いての本格的な趣味の教室などを用意しているところも。このように飽きずに楽しく生活できる工夫が多くの施設でされています。

また、介護付有料老人ホームでは、定期的に健康管理のチェックを受けられるのが特徴。血圧の変化や薬の服用状況などについて気を付けていてもらえるので安心ですし、寝たきりにならないようリハビリや軽度の運動の手助けもしてもらえます。そして、何よりスタッフや周りの入居者との交流を介し、生活に楽しみやハリを持てるようになること、独り暮らしの不安から解消されることが、こうした施設を利用する最大のメリットと言えるでしょう。

介護付有料老人ホームは誰でもすぐに入れるものなの?

介護付有料老人ホームへの入居には「60または65歳以上/要介護度1以上」などといった条件が付けられていることが一般的です(介護エリアと健康エリアを併せ持つ混合型の老人ホームであれば自立生活が送れる方でも入居可能)。

さて、入居への道ですが、まずは様々ある施設から入りたいところ/条件の合うところを選んで申し込みをするところから始まります。そして(施設側との面談などを経て)入居が認められたら、住民票などの必要書類を提示して手続き・支払いを行い、それらが済んでようやく入居となります(保証人が必要なケースが多いため、あらかじめ頼める人を探しておくと安心)。

なお、一時期は数が足りず“入居待ち”になることも多かった介護付有料老人ホームですが、近年はこうした施設の数が増えたことから、ひと昔前に比べると、かなり倍率が低くなり希望した施設に入りやすくなっているようす。

ただし、いまだ人気施設への入居は競争が激しく、また、高価格帯のホームでは、支払い能力の高さが1つ大きな入居条件に。さらに施設によって受け入れ態勢に違いがあるため、介護レベルが重い場合や特定の病気があったりすると望み通りの施設に入れないことも少なくありません(加えて、無事に希望施設に入れても、介護レベルが上がったり病気になったりした場合には途中で利用費用が上がってしまうだけでなく、他の施設への転居を求められることがあります)。

このように介護付有料老人ホームでは、入居にあたり条件が設けられていることが基本。そのため、こうした施設への入居を考えるさいには、様々な施設を比較検討し、サービス内容・設備体制・料金などの面で希望条件に合致するところを見極めていくことが大切です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら