永代供養墓にはどのようなメリットがあり、どんな人に向いているのか

死に関する人間の考え方は様々であり、家族には頻繁にお墓参りしてほしいと願う方もいれば、死去した後は自分のことにあまり構わず、残った家族は伸び伸びと好きなことをしていてほしいと願う方も非常に多くおられます。

いずれにしてもお墓を持つ必要は生じることになりますが、近年、後者の方から注目を集めているのが永代供養墓です。永代供養墓にはどのような特徴があり、どんな人に向いているのか、この記事で簡単に解説します。

永代供養墓にはどのような特徴やメリットがあるのか

永代供養墓とは、家族に代わってお寺がお墓の管理や供養を行うことを前提としたお墓を指す言葉です。通常のお墓の場合には、家族や親族のお骨以外と一緒に安置されることはありませんが、永代供養墓の場合には、同じ境遇に身を置くことを選択した他人の遺骨と同じ場所に安置されることが一般的です。そのため、お寺によっては「合祀墓」や「集合墓」、あるいは「合同墓」という名が付けられることもあります。

故人のメリットとして第一に挙げられるのは、お墓を購入する費用を大幅に抑えられるという点にあります。永代供養墓の場合には、独立したお墓を用意する必要が無いため、区画や墓石を購入する必要がありません。新しくお墓を購入するとなると、少なく見積もっても数十万円から数百万円という金額の出費を見込まなければなりませんが、こういった出費をセーブすることが可能となり、他のことにお金を使ったり、少しでも多くの現金を家族に残したりすることができます。

遺族にとってのメリットとなるのは、お墓に通う手間がかからなくなるということです。一般的なお墓を構えると、お寺との付き合いは一生のものになることが普通です。お彼岸を始めとする法要には原則として参加しなければならず、遠方のお寺の場合には足を運ぶだけで数時間、場合によっては泊まりがけになってしまうこともありますが、永代供養墓を利用すれば文字通り「永代供養」してくれるため、法要の度にお寺に駆け付ける必要が無くなります。

永代供養墓の利用はどのような人物に向いているのか

自分の後にお墓を継ぐ人物が見当たらないという方は、永代供養墓の利用に最も適している人物であると言えます。配偶者や兄弟が存命の間はお墓の世話をしてもらうことが出来ますが、子供や親族がいない方にとっては、数年後・数十年後にお墓の面倒を見てくれる人がいなくなってしまう可能性が高くなります。そういった方にとって、事後の世話が一切不要となる永代供養墓は魅力的であり、利用することで後々の心配が無くなります。

お墓になるべくお金をかけたくないという考えを持った方も、永代供養墓の利用に適しています。お寺との付き合いには多額の金銭がかかることは当たり前で、自分の供養のために家族に迷惑をかけたくないという方からも永代供養墓は注目され、人気を集めています。

現在お墓をお持ちの方にとってもメリットの多い供養方法であるため、前述した金銭的な負担を軽減したいという目的を持って通常のお墓から永代供養墓に移し替えるという方も目立っています。また、引越し等の事情により自宅からお寺が遠くなってしまい、定期的にお寺に通うことが困難になったという方にも向いていると言えるでしょう。

さらに言えば、家族や親族と同じお墓に入ることに抵抗があり、自分一人だけで静かに眠りたいと願っている方にも永代供養墓は有力な選択肢の一つとなっています。死後の世界にまで生前の人間関係を引き継ぎたくないという方からも、永代供養墓は高く評価され、利用されているのです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら