戒名って一体何?火葬式ではどのように使われるの?

故人に捧げる戒名について、皆さんはどこまでご存知でしょうか?

「亡くなった人用の名前でしょう」と思われている方、それは誤りではありませんが、実際にどのように使われるのかについてはご存知でしょうか?

本記事では単なる名前ではない戒名について、わかりやすく解説させていただくとともに、戒名の扱われ方についても解説していきたいと思います。

戒名とお葬式(火葬・直葬)とのかかわり方についても、わからないことって意外と多いですよね。皆さんの周囲にこうした疑問に答えてくれる方も少ないのではないかと思いますし、お葬式をあげるという段階になって「どうしよう」と考えてしまうことも多いのではないでしょうか。

故人を真心込めて送り出すためにも、そうした疑問のすべてをここで解決していただければと思います。ぜひご参考ください。

戒名はあの世で使うお名前だけれど…・

戒名は冒頭でお話しました通り、故人があの世で使うお名前です。元々は仏門に入った方に与えられるもので、「法名」とも呼ばれています。

仏教では基本的に故人が亡くなった際はこの戒名を僧侶の方につけていただきます。

宗派によってその戒名の付け方や規則性は異なってくるのですが、基本的には故人それぞれに与えられるもので、非常にありがたいものとなります。

戒名つけてくださる僧侶には戒名料というものを納めますが、この時戒名のランクによって金額が数十万円単位で変わってくることがありますね。

もっとも、厳密にいえば戒名のランクによってその故人の扱いが変わるということはないのですが、形式上は位号によって変化します。位号は居士大居士などを指します。

ただ、戒名そのものは必ずしも必須というわけではありません。しかし、戒名をつけることが形式上当たり前だと思われており、戒名をつけることでお墓に入れてもらえるお寺もあるということで、付けるのが通例になっているだけなのです。

現在は必ずしもお寺のお墓に入るという弔い方だけではないと思いますので、戒名が絶対的に必要なものではなくなってきていますね。

どの弔い方がベストということはないと思いますので、故人が生前希望していた弔い方を選ぶのも良いでしょうし、先祖代々お世話になっているお寺にお任せするのも良いでしょうし、遺族なりのプランを組むのも構わないでしょう。大切なのは故人を真心込めて送り出すという気持ちです。

火葬式・直葬でも戒名はつけてもらえる?

お葬式においては、通夜や告別式を行わない「火葬式・直葬」と呼ばれる送り方をすることも増えてきました。ここで気になってくるのが「戒名はつけてもらえるのか?」、「どのタイミングでつけてもらえるのか?」ということだと思います。

結論からいえば全く心配しなくても大丈夫です。火葬式や直葬であっても事前に僧侶の方に相談しておくことで、僧侶の方がその現場に赴きその場で戒名を授けてくださいます。これを「授戒」と呼びます。

もちろん、これは皆さんがお申込みをされる葬儀のプランなどによっても異なってきますから、事前にかかる費用などはよく確認しておく必要があるでしょう。戒名にも付ける院号や文字数などによって、金額が推移しますからこうしたことによる不安や疑問も事前に葬儀会社や僧侶に問い合わておきましょう。

故人が新しく使うお名前となりますから、できるだけ納得のいく形でお名前が決定すると良いですよね。

火葬式・直葬でも読経はしてもらえる?

前項の戒名に続いて、火葬式・直葬でもお経を読んでもらえるかどうかも気になるポイントだと思われます。この読経があるのとないのとでは、私達のお葬式に対する安心感も違ってきます。

それに、やはり故人を送り出す際には、「戒名を授ける」、「手を合わせる」、「お経を読む」というのを一括りにして考えるものではないでしょうか。特にお葬式の作法や仏教のことにあまり詳しくない方にとっては、これらを行ってこそ「ちゃんと故人を弔うことができた」とお考えに至るのではないでしょうか。

ただ、心配する必要が何もありません。このお経を読むということに関しても、戒名同様に火葬式・直葬の現場で僧侶に読んでいただくことが可能です。会場をしっかりと設けたお葬式ではない場合においても、僧侶はきちんとお経を読んでくれますので、ご安心ください。これできちんと弔うことができております。

また、基本的に戒名だけ授けてお経を読まないというケースは考えられませんので、「戒名をつけてもらう=お経も読んでもらえる」と考えて間違いないでしょう。もちろん、このあたりについても心配なことがありましたら、葬儀会社や僧侶にお申込みのプランの確認・問い合わせを事前に行っておくと良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら