家族葬を一日で執り行うことはできる?家族葬と一日葬の違いと比較

家族葬とは、一般的な葬儀を親しい人だけで小規模で行うのに対し、一日葬はお通夜は行わず、告別式(お葬式)と火葬のみのシンプルな葬儀です。

今回は、家族葬と一日葬を分かりやすく比較していきます。

遺族・喪主と参列者にとって、どの葬儀を行うのに最適か、判断する目安になさって下さい。

家族葬と一日葬のプランの流れ

家族葬

ご逝去→お迎え→ご安置→打合せ→納棺→通夜式

→告別式(お葬式)→出棺→火葬

一日葬

ご逝去→お迎え→ご安置→打合せ→納棺→告別式(お葬式)

→出棺→火葬

ご逝去後、葬儀スタッフが個人をお迎えにあがり、安置場所へと移動します。

安置場所は主に自宅ですが、自宅が遠い・部屋が確保できないなど、都合が悪い場合に備えて、別の安置所や付き添いが出来る安置部屋を用意して貰えるサービスを行っている葬儀社もあります。

事前に確認しておくと良いでしょう。

故人のお世話は葬儀スタッフが行うので、ドライアイスやお線香を準備する必要はありません。

安置後、葬儀についての打ち合わせを行います。

どんな祭壇が良いか、予想される参列者数によって、葬儀費用を相談します。

翌日以降、スタッフが納棺に伺い、葬儀場へと向かいます。

家族葬の場合は、その後お通夜~お葬式となりますが、一日葬はお通夜を行わずに、そのままお葬式となります。

お通夜があるか無いかが、家族葬と一日葬の大きな違いです。

どちらも、お葬式に初七日法要を行い、出棺、火葬の流れは変わりません。

一日葬は葬儀期間が短い分、お坊さんにお願いする時も早めの手配を行いましょう。

もし、お付き合いのあるお坊さんがいない場合は、葬儀スタッフに手配して貰う事も可能です。(その場合は別途費用が掛かります。)

家族葬と一日葬のメリット・デメリット

家族葬のメリット

・故人との最後の時間を惜しみ、ゆっくりとお別れができる。

・大きな式は望まないが、なるべく従来のやり方に近い形で葬儀を行える。

・遺族の他、親しい知人友人も参列しやすい。

一日葬のメリット

・火葬のみでは忍びないので、少しだけ故人と別れの時間が欲しい人。

・費用と時間を最小限に抑えることが出来る。

・葬儀が一日だけなので、遺族の肉体的・精神的負担の軽減になる。

遺族が高齢だったり、遠方から参列に来る場合は、告別式のみの一日葬は、日帰りも可能なので、負担を大きく軽減できます。

一日葬は告別式のみのため、式場代が少なくてすみ、家族葬に比べて15万程度、葬儀費用を抑える事ができます。

しかし、葬儀社によっては、前日からの準備で2日分の式場代が必要な場合もあり、家族葬とそこまで費用が変わらない事もあります。

事前にしっかりと確認しておきましょう。

遺族を除く参列者の多くは、お通夜に来られる事が多いです。

一日葬だと都合が付かず、参列を断念する人もいるかも知れません。

故人に対して後悔が残るのは、お互いに悲しい事です。

家族葬は、規模は小さいながらも、通常の葬儀の形と殆ど変わりません。

通夜と告別式の2日間式を行うので、参列者も自分の予定に合わせやすいのがメリットです。

まとめ

家族葬と一日葬は、どちらも小規模な葬儀を行いたい方向けのものです。

一日葬はお通夜がありません。喪主や遺族が高齢で、長い葬儀に肉体的精神的に負担が掛かる場合や、遺族が遠方に居て宿泊費や交通費など金銭的にも負担が大きい場合に大きなメリットがあります。

一方、家族葬は、規模は小さくとも従来の葬儀と流れは変わりません。

2日に分けて葬儀を行う分、参列者も都合がつきやすく、親しい知人友人が故人と最後のお別れをしっかり行う事ができる点がメリットです。

葬儀は、一生に一度の事です。

故人が喜び、遺族や参列者が納得出来る葬儀を行う事ができると良いですね。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら