お墓が遠くでも大丈夫!身近な場所で先祖を供養する新たな方法

お墓参りは先祖の供養のために行うものです。

そのため、年に1度くらいはお墓参りに行きたいものです。
しかしお墓が遠方で、なかなかお墓参りに行けないという方が最近増えています。
この原因は、今日本で起きている少子化や、未婚率が上昇です。
これらの問題は、先祖の供養ができないだけでなく、絶家という問題も引き起こします。

今回は、これらを解決する方法はあるのかを見ていきます。

現代社会では絶家が増えている

絶家とは、血筋が途絶えることを言います。
つまりお墓を管理する人がいなくなるということです。

一般的には、人が無くなればお墓に埋葬され、その人の子どもがお墓参りに足を運ぶなどして管理をしていきます。

それは代々続いていくものなのです。

しかし最近では未婚率が上昇。
すると将来的にお墓を管理する人がいなくなってしまうということになります。

また少子化も大きな問題です。

昔に比べ、今の一家庭当たり子どもの人数は大幅に減少しました。
そしてそんな少ない子どもたちも、就職などで遠方に移り住むことが多くな<ったのです。

つまりお墓を管理する人自体はいるものの、お墓が遠くてなかなか管理ができないというケースも増えてきたのです。

そのため最近では、新たな供養の方法が注目を集めています。

永代供養という新たな供養の仕方

まずは永代供養という供養方法です。

これは仮にお墓を管理する人がいなくなっても、お寺が変わりに供養してくれるというものです。

未婚のまま一生を終え、親兄弟もいないという場合には、お寺に永代供養を依頼することで、無縁墓になることを防げます。

永代供養では一定期間が過ぎると合祀(ごうし)という方法で供養されます。
合祀は他の故人と一緒に供養する方法で、合祀をしてしまうと、個別のスペースがなくなり、合同墓地にお参りするしかなくなります。
そのため合祀に抵抗がある人も多くいます。

また最近ではお墓を購入せず、納骨堂を利用する人も増えています。
納骨堂とは遺骨を預けられる場所で、一般的にはスペースを区切られた戸棚のようなものに遺骨を置いておきます。
お墓参り同様にお参りをすることもできます。

最近の納骨堂では、ロッカー式で他人からは遺骨などが見られない状態になっているものや、カードキーによって遺骨が運ばれてくるタイプなど様々あり、納骨堂も使いやすくなってきています。

もちろん納骨堂でも永代供養が取り入れられているので、万が一管理者が途絶えても安心です。

永代供養をお願いすれば、遠方でなかなかお墓参り、つまり先祖の供養ができない場合でも、お寺が変わりに供養を行ってくれるのです。

手元供養でいつでもそばに

永代供養のほかに手元供養という方法も、最近では注目を集めています。

手元供養とは、その名の通り供養を身近なところでできるものです。

たとえば遺骨を小さなカプセルに入れ、それをペンダントとして身に着けておくというものや、遺骨から人工的にダイヤモンドを造り、それをアクセサリーにする方法があります。
また小さな骨壺に遺骨を入れ、自宅の部屋やリビングで供養できるようにするという方法もあります。

永代供養でも供養はできるものの、やはり自分自身が供養できていないという自責の念が生まれてしまうこともあります。
しかし手元供養であれば自分自身で供養ができます。

そのため最近では手元供養を選択する人が増えているのです。

まとめ

お墓が遠方でなかなか供養ができていないという悩みを解決する方法をご

紹介しました。

もちろんお墓を近場に移動するというのも解決策ではあります。

しかしお墓の移動はそれほど簡単なものではなく、役所で手続きをする必要があります。
非常に手間がかかってしまうのです。

そのため供養で困っている場合は、永代供養や手元供養などを取り入れるようにしてみてください。

将来的に供養する人がいないような、悲しい状態だけは避けなければいけません。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら