樹木葬における四十九日の流れとは

近年さまざまな供養の形があり、樹木葬はその中でも比較的新しい形のものですが、遺骨を土にかえすという自然な形であるためにさまざまな世代の方々にも受け入れやすいものとして人気が高まっています。

宗旨・宗派を問わず永代供養として行われることが特徴ですが、遺族や故人の希望によっては四十九日をはじめとした法要を行うことができます。

しかし、一般的な墓地における法要と何が違うのか、初めての時は戸惑ってしまいますよね。

樹木葬における法要・法事で気をつけるポイントや適した服装、当日の流れについて、詳しくおさらいしていきましょう。

樹木葬でも忌日・年忌法要を行うことができる

宗旨や宗派を問わない樹木葬においても、家族や故人の希望によっては四十九日をはじめとした法要を行うことが可能です。

樹木葬の場合、個別法要と合同法要の2パターンが存在します。個別法要は自分の区画に僧侶をお呼びし、読経をあげてもらうものです。
事前の予約と打ち合わせが必要ですが、僧侶とのスケジュールが調整できれば忌日法要・年忌法要のどちらにも対応してもらえます。

一方で合同法要は、墓地や霊園が主催する法要のことを指します。春や秋のお彼岸に行われることが多く、僧侶が敷地全体に向けて読経をあげるのが主な流れになります。
多くの家族が参加し、共に個人の冥福を祈ります。お彼岸の時期には墓参りの際に参加する人も多く見受けられるようで、畏まりすぎず開放的な雰囲気の中法要が執り行われます。

あらかじめ日時が決められていることが多く、家族同士で時間を合わせて参加するのが一般的な方法です。

樹木葬での法要にかかる費用の相場とは

一般的な樹木葬における法要は、いったいどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。

個別法要の場合、僧侶に渡すお布施を用意しておく必要があります。お盆や命日におけるお布施の相場は約5千円~1万円ほど、四十九日などの忌日法要や年忌法要の場合は約3万円~5万円ほどです。

一方で、合同法要の場合は墓地や霊園に費用を支払うかたちが一般的です。このとき、参加者は一律の料金を支払うことになります。
相場は約5千円~1万円ほどと、個別法要に比べると費用が安いのも特徴のひとつ。この金額が墓地区画の管理料や契約料に含まれているケースもあるため、参加する前にしっかりと確認をとるようにしましょう。

合同法要の場合は事前の予約が必要ないパターンが多いですが、心配なようなら管理者に直接たずねてみることをおすすめします。基本的には墓地や霊園のホームページ、現地の貼り紙などで日時を確認することができるようになっているので、チェックしてみてください。

なお、樹木葬において戒名は必要ないことが多いです。しかし、墓地区画を管理する寺院によっては戒名をとらなければいけない場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。別途費用がかかるケースもありますし、寺院によってはこれが入会料に含まれている場合もあります。

樹木葬における法要に適した服装とは

樹木葬における法要に参加するにあたって、気になるのはその時の服装です。

忌日法要や年忌法要など、僧侶を招いて個別に行う際は一般的な葬儀・告別式の時と同様の略式喪服が適しています。これは、正式な服装を着てお経をあげる僧侶に失礼がないようにするためです。
念のため、事前に親族同士で話し合っておくことをおすすめします。

一方で、合同法要の場合は服装に細かい規定がないことが多いです。

とは言っても故人の冥福を祈る場ですし、他の家族が多数参加することを踏まえるとカジュアルすぎる服装は周りに不快感を与えかねないので控えましょう。
黒をはじめとした暗めの色で統一させ、襟付きのジャケットなどを着ていくのが理想です。女性の場合は、肌を露出させるような服装は避けましょう。

法事における基本的な服装のマナーを守りつつも、個別法要や通夜・葬儀のときほど畏まらなくてよいというのが樹木葬の法要に参加する上でのポイントです。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら