樹木葬と散骨の違いやそれぞれの特徴について

自然回帰できる供養の方法として、「自然葬」の人気が高まりつつあります。比較的安価で済む上に継承人がいらないという点において、少子高齢化・核家族化が進む現代には合ったお墓の形といえるでしょう。

なかでも人気があるのが埋葬等に関する法律の下行われる「樹木葬」と、お墓を作らずに海や里山に遺骨を撒く「散骨」。どちらもお骨を自然にかえす方法として広まりつつあります。

とはいえ、それぞれの特徴や違いやメリット、デメリットをきちんと把握できている人は少ないのではないでしょうか。

今回は「樹木葬」と「散骨」の違いから、それぞれの特徴を掘り下げていきます。どちらが自分や故人にあった供養の仕方なのかをしっかりと見極めていきましょう。

樹木葬と散骨の違いと共通する点

樹木葬と散骨は同じ「自然葬」ですが、大きく異なる点がいくつか挙げられます。

まず、樹木葬においては永代供養がメインとなるため、使用料には永代使用料が含まれています。遺骨を一時的に骨壺に入れ、決められた年忌を迎えるときに場所を変えて合同墓に移すケースも存在します。

一方で海洋散骨などではお墓を作らず、決められた海域に遺骨を撒くことで供養をします。

個人で撒いても構わないですし、業者によってはクルーザーに乗って参加するセレモニーを開催するものもあります。

どちらの方法も遺骨を手元に残すことができません。そのため、あらかじめ分骨しておき「手元供養」という形をとる人もいます。

お墓を作らない散骨はもちろんのこと、樹木葬においても火災防止の観点から線香禁止の墓地・霊園も存在するので注意が必要です。

また、立地条件やプランの内容、経営主体によっては一般的なお墓を立てるよりも費用が割高になってしまうケースが考えられます。

海洋散骨のメリットとデメリット

遺骨とはいえ、そのまま撒くのは「遺骨遺棄罪」に問われてしまいます。必ず業者に依頼をし、遺骨をパウダー状に粉骨してもらわなければなりません。

しかし、実際に撒く工程を自分で行えば費用をおさえることが可能です。また、維持費や手入れの手間がかからないことも散骨のメリットといえるでしょう。
故人の思い入れのある場所で供養をできるというのが、散骨における一番の特長です。

一方で、線香や献花があげられないのがデメリットといえます。お参りすることによって遺族の心の整理ができる一面もありますし、心の拠りどころがなくなる可能性も考えておかなければなりません。

また、家族で一緒に永眠したいと考える人に散骨はあまりおすすめできないでしょう。

樹木葬のメリットとデメリット

樹木葬における考え方はお墓の形態に近いため、親族の理解を得られやすい傾向にあります。特定の場所にお参りができ、お花などを供えることも可能です。

また、花や芝生などで彩った「ガーデニング型」や比較的安価で開放感がある「公園型」、もっとも自然に近い形の「里山型」など、さまざまな種類の中から選ぶことができるのがメリットです。

一方で、遺骨を骨壺に入れるタイプのもの以外はお骨を出すことができません。また、里山型の樹木葬などは郊外に位置していることが多く、アクセスが悪いのもデメリット。

自然葬であるがゆえに自然災害には弱く、草木の手入れなどが必要になってくるケースも考えられます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら