亡くなった際の死亡診断書の習得と遺体搬送方法

死亡を証明する診断書は医師に書いてもらいます。

病院で亡くなられた場合の死亡診断書は診断された医師に書いてもらいます。
自宅で病気療養中容態の急変、あるいわ突然倒れ亡くなられた場合は掛かり付けの医師に書いてもらいます。

突然の事故災害で亡くなられた場合の死亡診断書取得方法

病院からのご遺体の搬送は速やかにする必要があります。
火葬場(斉場)への遺体搬送も必要です。

自家用車の遺体搬送は法律違反にはなりません。

死亡診断書は診察した医師に書いてもらいます。

入院中に亡くなられた場合はその病院で死亡診断書は作成されもらう事になります。
また自宅で病気療養中に容態が急変した場合や健康な人が突然倒れた時など救急車で病院に運んでもらいますが病院に運んでもらう途中あるいわ着いてから亡くなった時も病院で亡くなられた場合と同様にその病院で死亡診断書が発行されます。

自宅で療養中容態の急変や健康な人が突然に親族も気づかず亡くなられた場合もあり得ます。
その場合は遺体に触れずかかりつけの主治医に連絡します。
かかりつけの医師がいない場合は救急に連絡致します。
こちらの場合は医師の検視が終わるまで遺体を動かしたり触ったりは出来ません。

自死や犯罪にかかわる不自然な場合には、警察への連絡を求められます。
その後検視を受けた医師により死亡診断書(死体検案書)を書いて頂き取りに行く事になります発行まで通常より時間が長くかかる場合があります。

様々な災害や不慮の事故で亡くなられた場合など様々な状態が考えられます交通事故の即死や、労働災害事故に関わる死の場合は警察の指定医の検視が必要となります。
検視後指定医まで死亡診断書(死体検案書)を取りに行くことになります。

ご遺体の搬送・移送は速やかに丁寧に安全に行わなければなりません。

病院で亡くなられた場合は早めにご遺体の移動手段を手当てしなければなりません。
病院での待機猶予は半日が限度だと思って下さい。そのため早急な搬出手段が必要となります。

遺体の搬送移動は法的には自家用車で搬送されても問題ありませんが、葬儀社の用意する遺体が固定できる寝台車の方が安定性・安全性・不測の事態への対応などから安心です。

遺体搬送は葬儀社に依頼の場合、葬儀料に含まれている場合が大半ですが、遺体搬送のみの依頼をすると走行距離書かかわらず料金は高めになりますので事前に葬儀社との料金確認が無難でしょう。

葬儀場(自宅葬)から火葬場までの移動は一般的に霊柩車を依頼致します。個人で火葬依頼の遺体持ち込みも可能ですが市町村で発行される火葬許可書が必要となり合わせて納棺もきっちりしていないと火葬許可されませんので注意が必要です。

死亡診断書と遺体搬送のまとめ

死亡診断書の発行は入院中でも、自宅療養していた場合でも、これまで診察して頂いた医師に死亡診断書を書いてもらいます。

医師による死亡が確認されますと診断した医師が速やかに死亡診断書の発行を致します。それにより出来るだけ早く病院外部へのご遺体の移送が望まれます。またご遺体を病院外部に移送する場合は死亡診断書を携帯しなければなりませんので注意してください。

新聞等で話を聞く孤独死や不慮の突然死など、死因が明らかになっていないものは医師のもとで遺体を検視し死因の原因がはっきりした後医師よって死亡診断書(検査案内書)を発行してもらいます

遺体搬送は出来るだけトラブルを避けるため早めに葬儀屋さんに連絡し遺体改装用寝台車で自宅ならびに通夜会場に移送することが一番望ましいと思われます。

ご遺体の搬送は自家用車でも法律違反になりません。ただし注意点がいくつかあります。

遺体は時間とともに死後硬直がはじまり走行中の揺れや振動により遺体が損傷する場合やまた体液が漏れて車に異臭を放つ事になりかねません。そのため防水シーツで全体をくるみストレッチャーで固定した状態が良いでしょう、そのため専用の遺体搬送車がおすすめとなります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら