規模で変わる、家族葬にかかる費用

葬儀にかかる費用の平均額は、およそ200万円といわれています。

近年はこの平均額が低下する傾向にありますが、それでもまだまだ葬儀費用は高いようです。

大きな会社の社長や重役、あるいは社会的立場が高い方などは、多くの方が参列されることになると考えられますし、規模の大きな葬儀を行なうことになるでしょう。
そうなれば、1回の葬儀に数百万円かかるはずです。

そういった大規模の葬儀にかかる費用が平均額を引き上げているものと考えられますが、それでも一般的に小規模の葬儀を行なった場合でも、100万円はかかるといわれています。

しかし、できれば近親者のみでの葬儀を行ないたい、そして、葬儀の費用もできるだけ安く抑えたいとお考えの方も多くいらっしゃるはずです。

そのような皆さんに、故人に縁の深い少数の方のみが集まり、心をこめて送り出す家族葬を提案いたします。

「家族葬」の規模と費用について

家族葬は、「家族だけの葬儀なのか?」「何親等まで参列するのか?」などと疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

特にその制限等はなく、家族や近親者の他、親交の深かった友人や知人の方にも参列を頂くこともあります。

人数としては、10人から、多くても30人といったところでしょう。
それ以上の人数が集まる場合は、家族葬ではなく「一般葬」となります。

首都圏で行なわれている家族葬の平均費用額は115万円ほどとなっています。

一般葬も含めた平均額よりも低くなっていますが、お招きする人数によって費用に大きな差が生じることは事実でしょう。

その費用は、「葬儀一式の費用」「飲食の費用」「寺院の費用」の3つに分けられます。

葬儀一式とは、花祭壇、棺、骨壺、焼香台、受付台、さらには斎場や火葬場の使用料も含まれます。
飲食の費用は、通夜の際に参列者をもてなす通夜ぶるまい、告別式の後の精進落としや飲み物の代金です。
寺院の費用は、読経や戒名を頂いたお礼としてお寺、僧侶にお渡しするお布施です。

費用の総額を安く抑えるには

上記にあげた3つの費用のうち、まず安く抑えられるものは飲食の費用です。

参列者が親族だけである場合、飲食物を用意しなくてもいいでしょう。
せいぜいお茶を用意する程度ですませてもよいかと思われます。

また、葬儀一式の費用についても、親族だけの参列であれば道案内の看板が必要ありません。

さらに、寺院の費用についても、家や個人が無宗教である場合は、読経や焼香などの宗教儀礼を行なわずにすませてもらい、お布施を安くしてもらうこともできます。

まず、家族葬を扱っている葬儀社数社に費用総額の見積もりを出してもらいましょう。

参列者を制限して、人数を少なくすれば費用の総額は安くなります。

しかし、その反面、参列者から頂ける香典も少なくなります。
葬儀費用が高くなっても、参列者が多ければ香典も多く集まるため、費用の高い割合をカバーすることもできます。

参列者を制限した家族葬の場合、かかる費用のうち、香典でカバーできる割合は低くなってしまうため、一般層よりも家族の負担が大きくなってしまう可能性もあります。

費用よりも故人への思いを優先するなら家族葬

ただ、一般葬の場合は、社交辞令で参列される方が多くなります。

故人と言葉をかわしたこともない、直接の面識がない方も多く参列されます。

一般葬よりも、心から故人を悼み、悲しみをこらえて送り出して下さる方だけが集まる家族葬にこだわりを持つなら、少々の費用負担はしかたがないでしょう。

心を通わせていた方だけを集めて、気持ちをこめて送り出すのであれば、費用にはこだわらず、家族葬をおすすめします。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら