こんな時は家族葬?一般葬? メリット・デメリットで分かる家族葬と一般葬の違い比較 

葬儀の形として多く行われてきた「一般葬」のほか、近年では「家族葬」を選択する方も多くなりました。

ところが、いざ葬儀を行おうとするとどちらが良いか迷ってしまうことも。

ここでは、家族葬と一般葬の特徴とその比較、それぞれのメリット、デメリットについてご紹介しています。
合わせて家族葬と密葬の違いも紹介していますので、これからどちらの葬儀にしようか迷っている方や、ご自身の希望する葬儀を選びたい時にもぜひ参考にして下さいね。

家族葬と一般葬の特徴を比べてみよう

家族葬とは

家族葬とは、故人に近しい関係の方だけをお呼びする葬儀です。ご家族やご親族だけで行います。

一般葬とは

一般葬とは、ご家族やご親族だけでなく、故人が生前関係した方全てをお呼びする葬儀です。お勤めになっていた会社やお仕事関係の方、お付き合いのあったご友人、ご近所の方まで幅広い方々で行われます。

家族葬と混同されやすい、密葬について

家族葬と混同されやすい葬儀のスタイルに「密葬」があります。密葬とは、ご家族やご親族など身近な関係の方だけで行う葬儀ですが、その後に本葬やお別れの会などを行うことが前提の葬儀です。
例えば、大きな企業の社長や著名人の方が亡くなった時には、お招きする参列者も多くなることが予想されます。葬儀の準備にかかる時間や費用も膨大になるので、まず近しい間柄の方だけで密葬を行い、その後他の参列者の方がゆっくり故人にお別れをするために本葬やお別れ会を開きます。

家族葬と一般葬のメリット・デメリットについて

家族葬のメリット

家族葬のメリットは、お招きする人が近しい間柄のみのため、葬儀を催す側の精神的な負担が少ないことです。また、故人の希望を取り入れた温かみのある葬儀を行ったり、少人数でリラックスして雰囲気の葬儀を行ったりすることもできます。
礼状や式場前に建てる名木などの事前準備も不要ですので、準備面での負担も少ないです。

家族葬のデメリット

家族葬は、お招きする人数が少ないので飲食代などは少なくなりますが、その分だけ頂けるお香典の金額も少なくなります。費用を抑えるために家族葬にしたところ、お香典が少なかったため結局葬儀費用が高くなってしまった、ということもあります。
また、故人と生前親しかったのに招かれなかったご友人や会社の方などから不満が出てしまうことも。必ず、後日はがきやお手紙でお知らせをし、他の方への配慮も忘れず行いましょう。

一般葬のメリット

一般葬のメリットは、葬儀会館などを使用して葬儀の全てを、プロに一括してお任せできることです。多くの参列者が予想される葬儀でも、自宅に招いて対応する必要もありません。 葬儀に必要な祭壇から香典返しまで、葬儀会館側が手配してくれますので、急な葬儀でも安心です。

一般葬のデメリット

一般葬のデメリットは、家族葬と比較すると費用面がどうしても高くなってしまうこと。特に、葬儀会場の規模が大きくなったり、参列者が増えて香典返しも増えたりすると、葬儀の費用がかさむ傾向にあります。

一般葬のデメリットを解決するには、複数の葬儀会場の費用面やサービスなどを比較し、納得して利用できる葬儀会場を見つけることです

こんな時はどちらが良い?ケース別家族葬と一般葬

家族葬がふさわしいケース

アットホームな葬儀を行いたい時、故人やご家族の意向で「できるだけ質素に葬儀を行いたい」時、葬儀にかかる費用をできるだけ抑えたい時、自由な形式の葬儀を開きたい時には、家族葬がふさわしいといえます。

一般葬がふさわしいケース

参列客が多く予想される葬儀の場合、ご遺族の仕事が忙しい・ご高齢などの理由で葬儀の全てをお任せしたい時、しきたりやおもてなしも大切にした葬儀を開きたい時には、一般葬がふさわしいといえます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら