一日葬の葬儀スタイルと費用で気を付けること

一日葬とは

葬儀は、通常通夜、告別式、火葬を行います。この中で通夜を行わず、告別式と火葬だけを一日で行う葬荻を一日葬と呼びます。

葬儀が一日のみですので、お通夜の費用や準備を抑えたい場合、遠方からの親族や高齢者が多いため負担を軽減したい場合、参列者の都合で葬儀日程を2日間確保するのが難しい場合などに選ばれる葬儀の方法です。

一日葬の費用で注意すべきは「祭壇飾り」と「お布施」

葬儀にかかる費用を抑えたい、という理由で一日葬を選択する際に、気を付けておかなければいけないのが「祭壇飾り」と「お布施」です。お通夜を行わない一日葬は、通夜振舞の飲食代などは抑えられますが、祭壇飾りとお布施の金額は、一日でも二日でも変わりません。
「一日葬にしたから、葬儀の費用は半額になる」と考えていると、意外と葬儀代が高額だった、ということもありますので、注意しましょう。

セレモアの一日葬パックから見る一日葬費用

セレモアの一日葬パックに含まれる費用について

葬儀社としても有名なセレモアにも、一日葬パックもあります。セレモアの一日葬は、費用に応じて3つのプランが用意されています。

  • シンプルプラン 346,000円
  • スタンダードプラン 458,000円
  • スタンダードプラス 548,000円

プランの費用に応じて、生花の量が倍になったり、生花に使う花の種類やご寝官、骨壺などの材質のグレードが上がったります。
セレモアの一日葬パックに含まれる費用は以下の通りです。

  • ドライアイスや布団などご遺体の安置に関する費用
  • 生花の装飾やご位牌、遺影写真などの祭壇に関する費用
  • ご遺体の安置所から告別式場、告別式場から火葬場へ向かう時の寝台車・霊柩車代
  • 式で使用する拝礼用具や火葬後の骨壺代
  • 告別式の進行や火葬場のご案内を行うスタッフの費用
  • 葬儀後アドバイス

一日葬に必要な費用のほぼすべてが含まれていることが分かりますね。

セレモアの一日葬パックに含まれない費用

  • 告別式の式場代、火葬場使用料などの実費
  • 自治会館などの無料で使用できる式場や火葬場が無料の自治体を利用すれば、これらの費用は抑えることもできます。

  • 告別式や火葬の後に参列者へのもてなしのための飲食代や返礼品
  • 費用には含まれていませんが、これらはオプションとして付けることもできます。

    セレモア一日葬パックのメリット、デメリット

    メリットはパックなので費用が分かる、こだわりのオプションがあるなど

    セレモア一日葬パックのメリットは、パックですのであらかじめかかる費用が事前に分かることです。また、事前に登録を行っておくと費用から1万円引きになる「事前割」のサービスも提供されていますので、あらかじめ登録をしておくとさらに費用が抑えられます。

    また、豊富なオプションを用意しているので、一日葬でもこだわりの葬儀を行うことも可能。故人のまわりに生花をひとりずつ備えていくお別れのお花や、遺影や骨壺をこだわりの材質にするなどのオプションも用意されていますので、「遺影にこだわりたい」「生前お気に入りだった洋服を着せてあげたい」などの希望を叶えた一日葬も可能です。

    そして、希望に応じて、不動産などの名義変更や相続に関することなどの手続き代行、遺品の整理や回収、墓石や霊園、永代供養などの紹介サービスも行っています。

    デメリットは、パックなので返金がないことのみ

    パックサービスのため、利用しなかったサービスがあっても返金がありません。とはいえ、事前の料金が分かるメリットの方が上と言えます。

    無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら