お通夜は?段取りは? 自宅で家族葬を行う時に抑えたいポイント3選

近しい間柄のご家族やご親族だけで行う家族葬が人気になっています。
その中でも、「慣れ親しんだ自宅で見送りをしてほしい」という故人やご遺族の気持ちから、ご自宅で家族葬を希望される方も増えてきました。

ここでは、ご自宅で家族葬を行う時に抑えておきたい3つのポイントについてご紹介します。
具体的な段取りやお通夜はどうするか、など自宅で家族葬を行う時に感じる疑問も解消できますよ。

自宅で家族葬を行う時のメリット・デメリットを理解しておこう

自宅で家族葬を行う時には、まずメリットとデメリットを把握しておきましょう。

メリット

  • 慣れ親しんだご自宅から見送りができる。アットホームな雰囲気での葬儀ができる。
  • 葬儀会場を利用しないので、費用が抑えられ終了時間も気にならない。
  • 家族や親族だけでなく、近所の親しかった友人の方なども参列しやすい。

デメリット

  • 自宅に参列客を招くための様々な準備が必要。
  • 密かに行いたい時には、ご近所への事前配慮をしておかなければいけない。
  • 霊柩車や火葬場へ向かうバスなどの駐車スペースなども必要。

    自宅で家族葬を行う時のデメリットは、ほとんど事前準備に手間がかかることです。それでは次に、自宅で家族葬を行う時の段取りについて、事前に準備しておきたいものと合わせてご紹介します。

    自宅で家族葬を行う時の段取りを紹介

    ① 家族葬の準備と共に参列者のリストを作る

    自宅で家族葬の場合は、事前に誰をお招きするかを話し合っておきましょう。同時に参列者のリストを作成しておくのがおすすめです。

    ② ご近所に知られたくない時には、ご遺体を他の所で安置する

    家族葬を開くことをご近所に知られたくない時には、まずご遺体を他の安置所に移動しなければいけません。ご不幸があった時にすぐに対応できるように、あらかじめ葬儀社を決めておくとスムーズにご遺体の移動から、葬儀の準備まで進められます。

    ③ 訃報には家族葬であることを伝え、親族には電話を入れておくと良い

    葬儀日程などをお知らせする訃報には、「故人の遺志で家族葬にする」「参列やご香典などは辞退する」旨を記載しましょう。また、お招きしない親族に対しては家族葬にする理由を訃報だけでなく電話で直接一報入れておくと、後であらぬ誤解を生んでしまうこともなくなります。

    ④ 葬儀社との打ち合わせ

    自宅で家族葬を行う時にもぜひ利用したいのが葬儀社です。家族葬に関する準備や手続きは全て葬儀社にお任せすることもできます。自宅での家族葬の場合は、家財道具を動かしたり、プライベートな部分を参列者に見られないための準備をしたりもしなければいけませんが、これらも葬儀社に相談すれば手配してもらえます。

    ⑤ 家族葬の開始

    家族葬当日には、故人の宗派に沿った家族葬が執り行われます。告別式を自宅で行い、その後火葬場へ移動し、お骨揚げをします。

    自宅で家族葬 お通夜はしてもしなくてもOK

    自宅で家族葬を行う時には、お通夜はするべきか、しないべきかという意見があります。これはどちらでもOKです。

    自宅というメリットを生かして、親しい間柄の人たちでささやかなお通夜を行ってももちろん問題ありません。その後、故人の思い出話に花を咲かせながら通夜振舞をしても良いです。

    一方で、参列者の都合が合わなかったり葬儀の費用を抑えたりしたい時には、お通夜を行わない「一日葬」の形をとる自宅の家族葬を選ぶ人も多くなりました。高齢者や遠方からの参列者の負担軽減という理由もあります。

    もしも、お通夜をしたいけれども費用を抑えたいから、という理由でお通夜を諦めるのなら葬儀社に相談してみるのもひとつの方法です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら