どれくらい必要?1日葬の費用とお布施について

みなさん、1日葬の費用はだいたい全部でどれくらいかかるイメージをお持ちでしょうか?

一般の葬儀では参列者も多く、葬儀社からの提案で色々オプションを追加してしまうと、全体的な料金体系が不透明になり、結果予想以上に費用がかかってしまったなんて言うことをよく耳にします。

1日葬の基本プランでは細かな部分で多少違いはありますが、各社葬儀に必要なものはほとんど共通して取り揃えています。

価格帯の相場は平均で20~50万円と業者や内容によって結構価格差があるので、直接問合せや資料請求して比較検討することをおすすめします。

また、地元の良く知っている葬儀社に1日葬の相談をしても良いですが、インターネット上の葬儀社の方が値段的に安い傾向があります。

1日葬の費用はどれくらい?

【1】1日葬が安い葬儀社の相場費用は?

1日葬の情報を手軽に手に入れる手段として、ネットで検索される方は多いと思います。
ここではネットで1日葬プランを扱っている葬儀社の基本プランの料金を比較して、費用相場を見ていきましょう。

まず、具体的に人気のある3社の料金を紹介します。
小さなお葬式の小さな1日葬は34万3千円、シンプルなお葬式の標準仏式プランは29万8千円、イオンのお葬式の1日葬は34万8千円となり、いずれも30万円前後の費用が相場になります。

葬儀社によって全国展開や地域限定の場合があり、プランの契約後自宅近くの葬儀場を紹介されて1日葬を執り行う方式が一般的です。

【2】1日葬費用の内訳は?

1日葬を扱っている葬儀社では基本料金のプランがあることが分かりましたが、具体的

にどのようなものが含まれるのでしょうか?
葬儀の日程順から具体的な流れに沿って費用内訳の詳細を紹介します。

まず、逝去から2日目のご遺体安置までは寝台車・ドライアイス・枕飾り1式・ご安置料金を含みます。
寝台車は距離によって追加料金が発生する場合があります。
次に、3日目の納棺まではお棺・仏衣1式・棺用布団・役所と火葬場手続き代行が付き、告別式では葬儀場利用料・生花祭壇・遺影写真・受付・司会・運営スタッフ・焼香セット・位牌・式中初七日までが含まれます。

生花はボリュームや種類によって追加料金がかかります。最後に火葬から終了は火葬料・骨壺・骨箱・自宅飾り1式・会葬礼状が付きます。
葬儀社によってはプランに自宅飾りがついていない場合もあるようです。

【3】基本料金プラン以外に別途費用は必要?

宗教者(宗派や菩提寺など)を読経の際に依頼する場合は、お布施や心づけなど基本プラン料金に含まれないことがほとんどなので別途費用が必要です。また、葬儀当日に出席者と会食する場合の飲食代も別料金となります。

1日葬で支払うお布施の相場は?

【1】一日葬のお布施相場は?

1日葬プランのある葬儀社では、宗教者を手配する場合、定額料金の設定が多く各社金額は同じぐらいになります。およそ10万円前後がお布施の目安となります。
内訳として通夜を除く読経代・戒名料・お車代・お膳代・心づけまで含まれている場合が多いです。

【2】宗教者へ支払うお布施とは?

お布施とは葬儀や法要・法事で宗教者にお勤めして頂いた際に支払うお礼のことです。主に葬式では通夜・告別式・火葬前の読経や戒名料、お車代、お膳代が含まれます。
お布施の金額は特に決まっておらず「お気持ちで」と返されることがほとんどです。

各宗派や寺院または付き合いのある菩提寺などで金額が変わりますので、手配をする際にいくら包めばよいか確認しましょう。また、全国的なお布施の相場は25万~50万程が多いようです。

1日葬の費用とお布施のまとめ

【1】1日葬の費用とお布施のまとめ

いかかでしたか?
1日葬の費用とお布施について相場はどのくらいかかるのか見てきましたが、定額料金で設定された基本プランが具体的な料金体系として分かりやすかったのではないでしょうか?
今後ご検討されている方はぜひ参考にしてみて下さい。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら