家族葬での香典・香典返しのマナー~上手な断り方や伝え方~

一般的な葬儀では通夜や告別式を行いますが、今は通夜のない一日葬や家族・身内のみで行う家族葬など葬儀の形式も自由に選べるようになりました。
家族葬は費用を抑えられるだけでなく、残された家族へ負担をかけずにすみます。

さらに、葬儀中に参列者の対応に追われることもないため、静かに故人との最後の時間を過ごせるメリットもあります。

また、あなたが身内の家族葬へ参列することになった場合、ご遺族の気持ちや負担を考えたら香典返しを辞退したいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
現代は価値観も多様化し、マナーよりも相手に負担にならないような心遣いが重視されています。

こちらでは家族葬における香典を辞退する方法と参列者として香典返しの上手な断り方をご説明しましょう。

近年の葬儀スタイルは自由に。家族葬とはどんな葬儀?

家族葬は故人の家族や近い身内のみで行う葬儀になります。

生前の故人の想いや希望を反映しやすい葬儀スタイルで自由な形式で葬儀を行えるだけでなく、最後の別れとなる時間を静かに過ごせるメリットが家族葬にはあります。

一般的な葬儀よりも費用を抑えられるので、ご遺族にとって負担が少ないのも近年増えている核家族化・高齢化などの価値観に沿った葬儀といえます。

基本的に故人のご友人や遠方に住む親戚、職場の方などは参列しません。
しかし、礼儀として故人の職場や連絡先を知るご友人には連絡しておくことが大切です。

訃報を聞くと参列を希望される方が多いものですが、身内のみで行うことをしっかりと伝えておかなければなりません。
上手く説明ができないと家族葬の最中に多くの参列者の対応におわれるなど、トラブルになる可能性もありますのでご注意ください。

一般的に参列者が50名以上となれば、家族葬ではなく一般葬の扱いになります。

家族葬で香典を辞退したい…上手な伝え方とは

家族葬では通夜や告別式もきちんと行うため、参列者から香典を受け取ります。

しかし、近い身内のみで行っている家族葬では、身内へ負担をかけたくない思いから香典を辞退するケースもあります。
もともと香典は葬儀費用を補うものですが、多くは弔意「安らかな永眠を願う」という意味を持っています。

そのため、香典の辞退方法によっては参列する身内から理解を得られない場合もあるのです。
香典を辞退するなら、身内へ故人の訃報を知らせるときに以下の文章を添えましょう。

「誠に勝手ながら、ご香典は硬くご辞退申し上げます」「故人の遺志により、ご香典は辞退させていただきます」

故人の会社やご友人へは以下の文章を添えましょう。
「故人の遺志により、家族葬にさせていただきます。弔問およびご香典はご辞退申し上げます」
「家族葬を行わせていただきますので、参列・香典は遠慮いたします」

このように香典の辞退が故人の遺志によるものであれば理解を得られますし、ご遺族に寄り添った文章も加えておくとご遺族にも負担になりません。

家族葬に参列するなら香典返しの断り方も知っておこう

人間の「もしものとき」は事前にわかるものではなく、多くはある日突然に訪れるものです。
そこからつらい気持ちのまま、通夜や告別式の段取りなどをすすめていかなければなりません。

家族葬ではご遺族が故人とゆっくりと別れの時間を過ごせるメリットがあります。
そのため、参列する側としてご遺族の負担を少しでも減らすために「香典返しの辞退」を考えます。

香典返しの断り方としては「誠に勝手ながら、お返しは辞退申し上げます」
「勝手ながら香典返しはご遠慮させていただきます。」を書いた一筆箋を香典袋の中に入れましょう。

家族葬当日に香典返しを受取るなら、ご遺族または受付をしている方に香典返しは不要ですと伝えます。

今は、どちらにも負担にならないような心遣いが一般的となっているので、香典返しの辞退は失礼にはなりません。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら