知人の訃報…家族葬のあと弔問する時期や訪問時のマナー

昔、お世話になった知人の訃報…参列したくても、家族葬を行うとなっている場合行ってもいいものか迷いますよね。

家族葬は原則として、家族のみで執り行うものですので、親族(第二親等)以外の参列はできません。

最後の別れとなる時間を家族でゆっくりと過ごしたい…という想いもあるため、どうしても会いたかったからといきなり訪問するのは避けたほうがよいでしょう。

参列してほしい場合には訃報の案内に斎場や葬儀の日時が書いてあったり、電話やメールで直接参列をお願いされたりすることもあります。
では、葬儀のあとに弔問するならいつ頃がいいのでしょうか。

こちらでは知人の家族葬後の弔問にふさわしい時期や弔問時のマナーについてご紹介させていただきます。

家族葬で参列してもいいのはどの範囲まで?

家族葬は文字通り、故人の家族や親族のみで行う葬儀です。

近年では時代背景もあって、年々家族葬を選ばれる方は増えていますが、職場の方など知人の訃報を受けると参列に迷われる方が多いようです。

しかし、家族葬となっていても知らせで参列のお願いが書かれてある場合や電話などで直接お願いされない限りは参列しないのがマナーと言われています。

また、親族であっても家族葬への参列には制限があります。

故人の配偶者や子供、兄弟など第一審等と叔父・叔母・いとこなど第二親等までは基本的に参列が可能です。

参列・弔問してもいい目安としては、訃報の案内に葬儀を行う斎場や日時が書かれている場合に限ります。

訃報を受けても場所や日時が書かれていない場合に、ご遺族へ問い合わせることもあまりよくはありません。

一度訃報を伝えてしまうと親族でなくても弔問に訪れる方もいるため、親族以外へ訃報を伝えるのは葬儀後になることも多くあります。

家族葬のあとに弔問する時期を遺族へ伺うタイミングとは

家族葬は葬儀が終わってから、家族以外の方へ訃報を知らせるケースも多いものです。

お世話になった方だから線香だけでもあげたいと思っていても、どのタイミングで行けばよいのか迷われている方も多いでしょう。

しかし、遺族が弔問に対応できない場合もありますので弔問するのであれば、一度連絡を入れるのがマナーです。

遺族によっては心身落ち着くまでは対応できないこともあります。

故人を弔うお気持ちがあれば、ご遺族の心境も考えて、いつ頃なら弔問可能なのかお伺いしてみましょう。

また、弔問時期を問い合わせる手段は電話ではなく、メールやお手紙がよいでしょう。
電話は便利ですが、多くの人へ訃報案内を送っているため、対応に追われている可能性もあります。
遺族のことを考えると電話よりも、落ち着いた時期に返信できるメールやお手紙のほうが負担になりません。

問い合わせる時期は葬儀が終わってから、三日から四十九日以内を目安にしましょう。

一度訃報を伝えてしまうと親族でなくても弔問に訪れる方もいるため、親族以外へ訃報を伝えるのは葬儀後になることも多くあります。

弔問するときに手土産は必要?弔問時の服装やマナー

葬儀へ参列する際の服装は喪服になりますが、弔問するときは喪服でなくても大丈夫です。

あまりにも派手な色彩の服装は場違いですので、男性ならばお仕事で着用されているスーツ、女性はワンピースやジャケットなどを合わせておくとよいでしょう。

ご遺族には「お悔み申し上げます」など一言添えて、線香をあげます。故人の思い出について少し語るくらいならよいですが、死因やどのような病気であったのか聞いてはいけません。

また、弔問時には手土産を持たれる方もいらっしゃいますが、基本的に手土産は不要です。
故人への供え物や香典をお持ちであれば、線香をあげた後に遺族へ渡しましょう。

葬儀から日数が経過していても、遺族の心身が癒されるのには時間がかかります。
故人について話をしたいお気持ちはわかりますが、なるだけ早く帰るようにしましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら