遺体搬送について考えてみましょう

病院で亡くなる人が8割を超える現代では、臨終後の処置は主に看護師さんなどが行ってくれます。
でも、霊安室に運ばれたところで、病院側の手は離れるため、その後は遺族がご遺体を自宅など所定の安置場所まで、搬送しなくてはなりません。

そのため、急いでご遺体を搬送する手段を考える必要があります。
亡くなる前に入院していた期間は様々ですし、事故などで突然の臨終を迎えることだって少なくありません。

臨終を迎えたら、遺族は感傷に浸る間もなく、病院からご遺体を搬出するよう促されます。
慌ただしくなる中でも、いざという時に、スムーズな動きが取れるよう、搬送に関する知識を深めていけたらと思います。

遺体の搬送先を決めましょう

ご遺体が霊安室に運ばれたら、遺族はまずご遺体の搬送先を決めなければなりません。

昔はひとまず、自宅に連れて帰るというのが一般的でした。
でも、自宅がマンションでスペースがなかったり、近所の人に知られたくないなどの理由で、ご遺体を葬儀斎場などに搬送して、安置するケースも多いようです。

葬儀を行う斎場が決まっていれば、すぐに葬儀担当者に連絡を取り、そこへ搬送してもらうことができます。

病院の霊安室に運ばれた時点で決められない場合や、病院から急かされている場合には、病院と連携している葬儀社などに搬送してもらうこともできます。
その場合はご遺体の搬送だけを依頼するようにします。

遺体搬送に限った依頼であることをはっきり伝えていないと、葬儀もその葬儀社に任せなくてはならないこともあるので、注意が必要です。
その葬儀社では高そうだなと思った場合は、「遺体の搬送だけお願いします」とはっきりと言って、そこで支払いをすれば問題はありません。

遺体の搬送を自分で行ってはいけないの?

自家用車で遺体の搬送を行うことは、法律上問題はありません。
ただし、安定して搬送できるように車内の環境を整える必要があります。

また、その車に乗る人は「死亡診断書(死体検案書)」を持っていることが必要になります。
「死亡診断書」は事件性がないと証明するものになるので、携帯するのを忘れないようにしましょう。
(死亡届提出後は役所発行の「火葬(埋葬)許可書」となります。)

また、自分の車がない場合は、費用の高い葬儀社ではなく、タクシーに依頼したいと考えますよね。
でも、遺体の搬送を業者が行う場合は、霊柩車運送業に関する許可と、事業用自動車登録(緑ナンバー)の両方が必要になるため、タクシーでは搬送ができません。

実際に搬送となると、遺体を運ぶことは、かなり大変だということがわかると思います。
遺体を車に乗せることは非常に面倒な作業になるので、お金がかかっても葬儀社に依頼する人が多いのです。

中距離と長距離の場合の搬送

東京から千葉、大阪から兵庫など、都道府県を1つから2つまたぐ程度の中距離であれば、近距離の場合と同様に、葬儀を行う場所の葬儀社に、搬送から葬儀までを依頼するとスムーズでしょう。
葬儀社が決まった時点で、お迎えの場所を伝え、移動時間や料金について、搬送前に確認をしておきます。

また、長距離の場合は、亡くなった地域の葬儀社に搬送だけを依頼されることを、お勧めします。
その方が、時間的にも費用的にも遺族の負担は少ないはずです。


亡くなった場所で、葬儀を行う葬儀社のお迎えを待つとなると、何時間も待つことになってしまうからです。

搬送費用は、「距離」と「時間帯」によって、費用が変わります。高速道路を利用する場合は、高速道路代も必要になります。
また、雪の影響などにより、地域によっては季節で費用が変わる場合があります。

どこまで搬送したいのかを提示し、事前に見積もりを取って、確認をしておくとよいでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら