セレモニーにかける時間は1日だけ、 シンプルで心のこもった一日葬

通常、お葬式は通夜から葬儀、火葬まで、2日間かけて行われますが、一日葬はそれを全て一日だけで済ませてしまおうという、新しい葬儀のスタイルです。ワンデーセレモニーという名前で呼ばれることもあります。

都市部を中心人気が高まりつつある、一日葬。ですが、一般葬がまだまだ主流で、「名前は聞いた事があるけれど、どんなものなの?」という方がほとんどなのではないでしょうか。

また、服装や香典など、参列する時の注意点なども気になるところです
今回はこの「一日葬」に注目してみました。

一日葬のメリットとは?

一日葬を行う場合、様々なメリットがあります。
一般の葬儀では、通夜・告別式と2度行っていた式が、通夜式がなくセレモニーが一日だけとなる事で、飲食や返礼品など、参列者へのおもてなしの費用が、その分軽減できます。

また、遠くから足を運んで下さった人への、宿泊費や交通費も抑えられますし、ホテルの手配などの負担も少なくて済みます。

そして、特に軽減される事が嬉しいのは、何と言っても遺族への身体的・精神的な負担です。
例えば、遺族にお年寄りがいて、一般葬では体力的に難しいという場合も、一日葬を選ぶ理由の一つになっているようです。

また、式の費用は、一般葬では平均すると、100万円ほどかかるということですが、一日葬では半分からそれ以下で、式を行うことができることもあります。

これは、あるセレモニーホールのプランの一例で、利用状況や規模にもよりますが、抑えることが期待できそうです。

一日葬のデメリットとは?

一日葬はお通夜を行わないので、弔問がしづらいという点も、デメリットに挙げられます。
また、時間の都合が合わない弔問者が多くいる場合、葬儀が終わってからも、弔問に訪れる人が絶えない、という状況に陥りかねません。

この場合は、遺族の精神的・身体的なストレスになる場合もあります。
多数の参列者が予想される場合は、一日葬は向かないかもしれません。
式場費が二日分かかる場合もあるので、これには注意が必要です。

葬儀社によっては式場費が、一般の葬儀と変わらない場合もあります。

費用がどれくらいかかるかは、その時の状況により、変動することもあるため、セレモニーホールのスタッフと、慎重に合わせをして、決定してゆくことをお勧めします。

一日葬と一般葬の違いは?

一日葬はお通夜がなく、一日ですべてを執り行う式なので、それ以外は一般の葬儀と変わりはありません。

供花や弔電、香典に関しても違いはないです。それらは、いただくことで問題はありません。ですが、お香典は辞退を希望する遺族が多いようです。
また、喪主は返礼品も用意します。

次に服装についてですが、一日葬であっても、礼服の着用が望ましいでしょう。

平服で参列できる場合でも、男性でしたら黒や濃紺のスーツ、女性でしたら黒やダークグレーのワンピースなど、それなりにきちんとした服が必要です。

食事についてですが、一日葬では、食事はしない、もしくは親族だけで外食で済ませる事が、ほとんどのようです。

比較的新しいスタイルの「一日葬」ですが、これから耳にする機会が増える事が予想されます。

メリットやデメリットを考え、この選択でいいのかを相談しながら慎重に選んでいく事が、望ましいようですね。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら