親しい者だけで見送る、少人数のお別れのスタイル「家族葬」

「家族葬」を知っていますか?
最近は、家族葬を選ばれる方が増えているので、参列したことがあるという方も、多いかもしれませんよね。

親しい方だけの集まりなので、精神的にも、体力的にも負担が少なく、個人を偲ぶというゆとりができ、ゆっくりとお別れができるのが、家族葬です。

ただ、「葬儀は家族葬で」と考えている方も、自分だったら、こんな内容の式にしたいとか、具体的なイメージを持っている方は、あまり多くはないようです。

「家族葬ってどんな風に開けばいいの?」「自分にもできるの?」そして、「家族葬と一日葬ってどこが違うの?」と、疑問に思っている方も多いのでではないでしょうか。

自分も家族葬で見送ってほしいという方も、家族葬の参列者の決定に頭を痛めている方も、家族葬について、一緒に考えていきましょう。

家族葬と一日葬

家族や親族、そして親しい友人や知人に限定して、小規模で行う葬儀のスタイルのことを「家族葬」と呼びます。
式の流れですが、一般的な葬儀と同じで、通夜→葬儀→出棺→火葬というようになります。
故人が大好きだった音楽を聴いたり、お花でいっぱいの空間にしたり、送り方は様々です。

さて、家族葬を一日葬と比較した場合はどうでしょう。

通常は2日間で行う式を一日で行う「一日葬」には、通夜がありません。が、それ以外のことは、一般の葬儀と同じです。
そのため、二日分の仕事を一日で行わなければならない「一日葬」は、慌ただしいものになる可能性も大きいです。

一般の会葬者への心遣いの必要がなく、故人との別れを存分に確保できる「家族葬」の方が、ゆとりのある葬儀と言えるかもしれません。
もちろん、内容は違いますし、どちらにもメリットデメリットがあるので、色んな面を比較しながら、慎重に選ぶことができるといいですよね。

参列者は誰を招待すればいいの?

参列していただくのは一般的に、直系の家族、故人の子供の家族、故人の配偶者の家族、故人の兄弟までとされています。
「家族のような付き合いをしていたのに、なぜ参列できないのだ」などと言われそう、と心配になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家族葬のマナーとして、これは主に取り仕切る側が気をつけることになりますが、招待をする人の範囲に十分気をつけて、クレームが付かないように配慮する必要があります。
例えば、10人程度のごく少ない人数で行う場合は、家族のみの二親等の範囲で招待します。

また、もう少し人数を増やし、30人程度の場合は三親等くらいの親族、そして故人が生前に親しくしていた友人を加えて招待してはいかがでしょう。

ご近所、同僚、仕事関係者など義理でくる人の参列をお断りすることになるので、会社やご近所へは、家族葬であること、お香典、弔電をお断りすることを明確に伝えなくてはなりません。

お香典はどうすればいいの?

お香典は辞退してもらうのがマナーです。お香典を受け取る場合は、受付などの対応が必要になり、ゆっくり故人を偲ぶことができないことや、葬儀の後で香典返しを用意する必要があるためです。
辞退する場合は、故人が逝去したことを伝える訃報で、お香典を辞退することを伝えます。

また、お香典の受け取りを辞退する理由ですが、「故人の遺志」とすることで、遺族の考えでは無いということを伝えることもできます。
お断りしたにもかかわらず、相手がどうしてもと言って、置いて行かれたお香典に関しても、お返しをするのがマナーです。

このように、家族葬に参列する方は、事前にお香典を断られている場合は持参するべきではありません。
ただ、家族葬イコールお香典なしというわけではないので、勘違いをすると恥を掻くことになる場合もあります。
お香典に関して何も記載がない場合は、持参するのが無難でしょう。

受付で断られた場合には持ち帰れば良いのですから、問題はありません。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら