口コミから見る火葬式のメリットとデメリット

近年ではお葬式の簡素化が進んでおり、火葬式と呼ばれる方式で葬儀を執り行う人が増えてきました。
火葬式では、これまでの葬儀ではごくの儀式だった通夜や告別式を行わずに、火葬を以て故人を送り出すことになります。

葬儀に時間を取られることが無く、同時に遺族の方々に圧し掛かる金銭的な負担も大幅に軽減させられるというメリットを持つ火葬式ですが、故人に対して失礼なのではないかと思い悩み遺族の方々が多いことも事実です。

そこでこの記事では、実際に火葬式を執り行った方の口コミに注目し、火葬式にはどのようなメリットとデメリットが存在しているのかを探り、火葬式の本質について深く探り、どのような方に向いているのかを調査していきます。

火葬式のメリット

火葬式によるメリットとして第一に挙げられるのは、葬儀の費用を大幅に抑えられるという点です。
通夜・告別式といった儀式を執り行うことがありませんから、斎場を押さえる費用は勿論、食べ物の用意など接待費をかける必要が無くなります。

遺族の声に耳を傾けてみても
「少額な生命保険にしか加入していなかったので、費用が安くなることが魅力的だった」
と話す方は多く、
中には「死んだ人よりも生きている人にお金をかけてほしいという故人の意向を尊重した」という方もおられました。

体力的な負担を軽減できることも火葬式のメリットです。火葬式は家族のみなど少人数で執り行うことが基本であるため、大勢の参列者に対して遺族が対応せずに済みます。さらに香典が不要ですから、香典返しを用意する必要も無くなります。

そのため「精神的に辛く、参列者をもてなす余裕を持てなかったので、最低限で済む火葬式はありがたかった」
「近しい人間が亡くなったのは初めてで、参列者への対応が不安だったので火葬式を選んだ」といった口コミは少なくありません。

火葬式のデメリット

最大のデメリットになるのは心情的な問題です。

火葬式では通夜・告別式を行わない分、儀式において個人と接する最後の時間が大幅に削られてしまいます。
そのため、葬儀が不十分だったのではないかと悩む方も決して少なくありません。

この点については「葬儀の時間が短く、向こうで怒っていないか心配になってしまった」という声や
「今になってみると、もう少し葬儀に手間暇やお金をかけてあげたほうが良かったのかもと思います」という口コミが印象的です。

また、火葬式では故人の友人や知人を招くことが無く、この点はメリットとして考えられるものでもあるのですが、
「お線香だけでもあげさせて欲しい」等の希望を持つ方々からの訪問を後日になって受け入れなければならない可能性があります。

「結果的に自宅を掃除しなければならなくなったり、長時間の対応が必要になってしまった」「ようやく忘れかけていた頃にしんみりした気分にさせられてしまった」という口コミも見られるため、この点もデメリットの一つと考えるべきでしょう。

火葬式の割合と火葬式に向いている人のタイプ

火葬式は儀式を重んじる地方ではあまり行われず、都市部に進めば進むほど行われる割合が大きくなるという特徴を持っています。

一例として近畿地方では火葬式の割合は9%程に止まっていますが、関東地方では20%程の割合で火葬式が選択されています。

生活スタイルや文化形成等の事情により、都市部に済む人々ほど葬儀に足を運ぶ時間を取ることが出来ないという現実や、家族葬の割合が増えていくことに伴ってより簡素な火葬式に注目が集まりやすくなったことが、地方により割合が異なる主な要因と言えるでしょう。

火葬式に向いているのは、少しでも安く葬儀を執り行いたいという希望を持っている方をはじめ、葬儀に招くべき友人・知人が少ないという方、さらに出来る限り少人数で葬儀を済ませたいという意向を持っている方になります。

デメリットの口コミからも分かる通り、少しでも丁寧に時間をかけて送り出したいという方には火葬式は向いていませんが、従来であれば常識と考えられていた儀式にこだわらないのであれば、火葬式は有益な選択肢の一つとなります。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら