火葬式後の供養や位牌の取り扱い方

火葬式を無事に執り行うことが出来たら、その後は如何にして故人を供養するかという点を考えることになります。
最大のポイントとなるのは納骨ですが、火葬式という形で故人を送り出した場合でも菩提寺との付き合いを継続できるのか不安を抱えている方は少なくありません。

そこでこの記事では、火葬式を終えた後の流れや菩提寺と円滑に付き合い続けるために取るべき行動に加え、お寺を離れる場合に納骨先として候補になる施設や、様々な供養の選択肢について簡単に記してご紹介していきます。

また、火葬式の際に手渡されることになる白木位牌についても注目し、四十九日法要によって本位牌へと魂を移した後の白木位牌の取り扱い方についてなど、葬儀の前には必ず知っておくべき情報も分かりやすく解説してお届けします。

火葬式が終わったら何をすべきか

火葬式では、火葬を終えた後に収骨を行い、そのまま骨壺を持ち帰ることになります。
一般的な葬儀では、収骨を終えた後に近親者や親しい友人・知人と会食を行うことが基本的な流れですが、火葬式後に会食を設けるという方は少数派です。

お骨は菩提寺、つまり先祖代々で帰依しているお寺に収めることを第一に考えるべきですが、お寺によっては直葬を認めていないことがあり、その場合には残念ながらご先祖と同じお墓に納骨を行うことは難しいと言わざるを得ません。

そのようなケースでは、直葬を依頼した葬儀社に相談を持ち掛け、納骨が可能なお寺を紹介してもらうことが最も有効です。
このような場合には永代供養という形式を取る場合がほとんどで、費用こそ必要になりますが、その後お寺と付き合いを持つ必要は無くなります。

どうしても菩提寺との関係を切りたくないのであれば、火葬式の際に戒名だけは菩提寺にお願いして付けてもらったり、四十九日法要を菩提寺にお願いしたりという形を取ることによって、菩提寺に納骨できる可能性が生まれるため、住職との交渉が遺族に求められます。

供養を行うための様々な選択肢

菩提寺に納骨を行い、定期的な法要などの機会にお墓参りをして供養することが長く日本の常識であり続けましたが、近年では死者に対する向き合い方が大きく変化しており、供養を行うための選択肢は著しい増加を見せています。

特に都市部では納骨堂と呼ばれるビル型の施設が人気となっています。
納骨堂は宗派と無関係に誰でも納骨できる場合が多く、自宅や職場から近い納骨堂を選ぶことによって、いつでも好きなタイミングで供養に向かえることが支持されています。

菩提寺との付き合いを止めるのであれば、新しくお墓や霊園を設けて納骨することも一つの方法ではありますが、この場合には高額な初期費用が求められたり、なかなか区画を見つけることが出来なかったりといった問題が生じることも事実です。

故人の希望がある場合には所縁の公園や海に散骨をすることも良い供養になるでしょう。ただし散骨を行うためには遺骨をパウダー状に加工する必要があります。また、ペンダント等に遺骨の一部を収めて手元供養を行うという方もおられます。

菩提寺での供養には必要不可欠な位牌の取り扱い方について

位牌に関する考え方は葬儀社によって異なります。
基本的なプランの一部として火葬式の費用に位牌の料金が組み込まれている場合もあれば、位牌は別料金と言う立場を取る葬儀社もあるため、事前にプラン内容をしっかりと確認することが重要です。

葬儀社から購入する位牌は、白木位牌と呼ばれる仮の位牌になります。
四十九日法要を行う際に白木位牌から本位牌に魂を移してもらうというのが一般的な流れであるため、時間に余裕を持って戒名が刻まれた本位牌を用意しておきましょう。

本位牌に魂を移し、無事に役目を終えた白木位牌は処分することになります。
法的にはゴミとして扱って構いませんが、故人に関連する大切な品の一つであるため、お焚き上げしてもらうことが慣例であり、菩提寺や専門業者に依頼して処分することになります。

ただし、位牌は必ずしも必要な物ではありません。
特に菩提寺との付き合いを止め、納骨堂に収めたり、散骨したりする場合には位牌が無くても問題なく供養が出来ますから、故人の意向を参考にし、ご遺族で話し合った上で位牌を用意すべきか否かを決断すると良いでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら