読めば納得!法事に必要な費用とマナーについて

身内が亡くなると、四十九日以降の法事の準備が苦痛になる人もいるでしょう。
準備はもちろんのこと、法事の際にお渡しするお布施についても気になるところです。。必要なお金はおいておかなければなりませんし、相手に失礼があるといけません。

法事直前に慌てないでスムーズに行うためには、どのような心構えが必要なのでしょうか。法事を行う立場の場合、一番気になるマナーはお布施の渡し方です。
お金が絡んでいるので、お金を無下にするような動作は控えたいところです。
相手に好印象を持ってもらうことができるお布施の額や包み方、そして渡し方を紹介しましょう。

1周忌・3回忌・7回忌に用意すべき費用とは?

法事が近づくと誰もが気になること、それは法事に必要な費用です。
法事は前もって行う日を決めることができますので、開催日が分かれば、それを目安に、費用を用意する必要があります。

実際に法事を行うときに必要な費用として、1周忌や3回忌・七回忌は合計で7万円から8万円の用意が必要です。
法事の際に必要なものとして、法要のお布施・お車代・会食費が必要になります。

約8万円の内訳を順にご紹介すると、まず法要に関するお布施についてです。

法要のお布施に必要な費用は、3~5万円とされています。このお布施は、ご本尊に対するお金となっています。
お世話になっているお寺の維持・繁栄のために使われるお金と認識してください。

次がお坊さんのお車代に5千円~1万円、法事の後に用意する会食費に関してもお坊さんが辞退されたときは御膳料が必要になります。
御膳料は5千円~1万円と考えておいてください。

法事の場合、葬儀や通夜のケースと異なり大きなお金が必要と言うケースは少ないでしょう。
最近ではホテルで法事を行うことができる場合があります。

その場合は、想定しているより割高になると覚えておいてください。

お彼岸法要に必要な費用はいくら?

基本的な法事に必要な経費の次は、ご先祖様が遊びに来てくれるお彼岸についてです。
お彼岸の時は、個々にお墓参りをするという人も多いでしょう。

実はお寺でも法要が行われているのです。お寺のお彼岸法要に参加する人もいれば、個々に頼んでお彼岸法要を行う人もいます。

まずお寺で行われる合同のお彼岸法要について紹介しましょう。必要な費用は、お寺によって若干の異なりがあります。
しかし一般的に合同の場合のお布施は、3000円から1万円(場合によっては1万円以上)となっています。

次は個別に家でお彼岸法要をお願いする場合です。
この場合は、3万円から5万円をお布施として用意される方が多いのです。
これはお彼岸法要のお布施ですので、これとは別に来ていただく距離が遠いほどお車代を用意します。

用意されるお車代としては、3000円から5000円の相場となっています。

施餓鬼法要・施餓鬼供養の場合や卒塔婆・塔婆をお願いするケースでも、必要な費用は3000円から10000円(場合によっては10000円以上)となっています。
この金額を目安に用意をしてみて下さい。

お布施を渡すときに注意すべきこととは?

法事を行う際、一番戸惑うのがお布施を渡すタイミングですよね。読経が終わり、お坊さんも一息つきたいでしょう。
しかしお布施を渡すタイミングを間違えると、恥ずかしいと感じてしまう事もあります。
どのようなタイミングで渡すと、迷惑が掛からないのでしょうか。

まずお布施を渡す際に、手渡しはマナー違反となります。
お布施を渡す際には、必ず切手盆と呼ばれるお盆を使ってください。
これは祝儀盆・名刺盆とも呼ばれる冠婚葬祭用のお盆のことです。

切手盆にお布施を置き、読経が終われば、一言お礼を述べてお盆をお坊さんに渡します。
必ず一言付け加えることを忘れないでください。

宗派によって、細やかな違いがあるとは思います。基本的な部分に大きな違いはないので、最低限のマナーだけでも抑えておきましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら