家族葬に後日弔問するときの注意点

遺族や親戚など、故人と親しい人たちのみで行う家族葬が最近流行っています。各家庭によってやり方の異なる家族葬では、参列者もどのようにするのがよいか悩んでしまいますよね。

特に家族葬で通夜や葬式には招待されなかったときは、後日に弔問したいと考える人もいるかもしれません。そこで今回は家族葬に招待されなかったときの後日弔問の仕方について紹介します。

家族葬に招待されなかったときは後日弔問する

知人や近所が家族葬を行っていたとき、呼ばれていないのなら当日の弔問は控えるようにしましょう。通夜も葬儀も同じです。これは、呼ばれなかったということは、喪家側に少人数で家族葬を行いたいという意図があるためです。

想定されていない弔問客はかえって迷惑になってしまい、ひいては故人のためにもならないのできちんと準備をして、事前の連絡をした上で後日弔問することにしましょう。

後日弔問する際に気をつける3つのこと

もちろん後日弔問の際にもいくつかのマナーが存在します。ここでは最低限抑えておきたい3つのマナーを紹介します。

  • 後日弔問は葬儀の1週間後を目安に事前連絡も忘れずに
  • 後日弔問の服装は平服で
  • 後日弔問の際の香典と供え物

詳しく見ていきましょう。

1. 後日弔問は葬儀の1週間後を目安に事前連絡も忘れずに

後日弔問のタイミングは、葬儀終了から1週間程度空けるようにしましょう。明確な決まりがあるわけではありませんが、葬儀終了後はバタバタと落ち着かないことも多いので、喪家のためにも何日か経ってからがおすすめです。

かと言ってあまりに間を空けすぎるのも喪家側の対応が大変になってしまいますので、やはり1週間程度がよいです。 弔問を受け入れられないタイミングもあるので、事前の連絡は必ず忘れないようにしましょう。

2. 後日弔問の服装は平服で

服装は時と場合によって何かと細かいマナーがあり、最も気を遣うポイントの一つですよね。後日弔問時の服装は、紺やグレーなど地味な色遣いの普段着で行くようにしましょう。

また、黒色はできるだけ避けるようにしてください。喪服で行くのが良いと思ってしまうかもしれませんが、遺族は葬儀を終えて日常に戻ろうとしているところなので、葬儀を連想させないような気遣いをしましょう。

遺族側が普段着で迎えるところに喪服で行ってしまうと、弔問側の方が格が高くなってしまうので、そうした面からも喪服は避けるべきです。

3. 後日弔問の際の香典と供え物

香典に関しては一般の葬儀の際と変わらぬ金額が良いです。当日参列できなかったからと言って多めに包んでしまうと、むしろ遺族の方が遠慮してしまうこともあります。

金額は自身の故人との関係の深さによって決めましょう。供え物についても一般の葬儀とあまり変わりはありません。線香や花、お菓子など、遺族の方の好みに合わせて用意しましょう。

香典や供え物を辞退されたとき

先ほど香典と供え物についての注意点をあげましたが、そもそも喪家によっては香典や供え物を受け付けていない場合も多くあります。 香典返しや供え物のお返しなどで遺族側の負担が増す可能性があるためです。

遺族側が「香典お断りします」と明示している場合は、必ず香典は持っていかないようにしましょう。どちらかわからない場合は、受け付けていたときのために、一応香典を用意して行くと良いです。渡すかどうかはその場の判断になります。

まとめ

家族葬に呼ばれなかったときの後日弔問の注意点についてまとめましたが、いかがでしたか?一般の葬儀ではなく家族葬を行うということは、遺族側にそれなりの理由があるので、後日弔問の際もできるだけ事前の連絡を欠かさずに行うようにしてください。

香典や供え物についても、もし不明であれば思い切って尋ねてしまうのもいいかもしれません。香典返しなどお返しの習慣もあるので、できるだけお互いに面倒がない方法を選ぶようにしましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら