遠方からの葬儀参加者に旅費やお車代を出すべきか

身内の誰かが亡くなって葬儀を執り行う際に、親戚や故人と親しかった方を通夜や告別式に呼ぶことがあります。中には遠方から来られる方もいて、交通費や宿泊のための費用がかかってしまうようなケースもあります。 結婚式の場合は遠方から来られて泊りの旅行をするゲストのために、式を主催する側が出席者のために車代や宿代を負担することがマナーです。このため結婚式と同じように葬儀の際も、呼ぶ側の者が遠方から来る親戚などのために旅費を負担すべきであると考えている方もいます。 葬儀を行う際に車代や宿泊費などを負担する必要があるのか否かと、その理由について解説いたします。旅費を負担したい場合に、スマートに渡す方法についてもご紹介します。

葬儀の参列者に支払うべきものとは

通夜や告別式を行う際に、主催する側の人が参列する方のために負担すべきものとは、「会葬御礼」や「香典返し」などがあります。会葬御礼とは出席してくださった方にその場で贈るものです。香典返しとは香典を包んでいただいた方にお礼として贈るもので、後日に香典の金額に対して半額または1/3程度の品物を送ります。地域によっては参列者に茶菓子を出したり、通夜の際に通夜振る舞いの食事やお酒を出すことがあります。火葬後にはお世話になった方を招いて精進落としの食事会を開きます。お手伝いをしていただいた方に、後日お礼の挨拶をして贈り物を贈る場合もあります。 葬儀を開催する側が出席する人のために支払うべきものは、贈り物代や葬儀に関連する食費などです。これに対して出席者の交通費については、負担すべきものではありません。

葬儀の場合の旅費の考え方とは

結婚式や披露宴の場合はゲストを招待する目的でパーティーを開くという意味合いがあるので、主催する側が遠方から来られる方のために交通費や宿代を負担することがマナーとされています。これに対してお葬式とは、残された家族が故人の成仏を祈るために集まるという意味があり、結婚式のようにゲストを招くために行う式ではありません。出席者は自分の意志で赴くことになっているので、主催する側が参列者の車代や宿代を負担しないのがマナーです。そのため遠方からお葬式のために旅行して来たとしても、参列する側が式を行う側の人に対して交通費や宿代を求めるべきではありません。 ただし、葬儀を行うために来ていただく僧侶や神職の方についてはお車代を出す必要があります。

遠方から出席する方のために出来ることとは

基本的に葬儀の場合は結婚式などの慶事とは違い、参列する側が自分で旅費を負担することがマナーです。そのため葬儀の前後に「お車代」として現金を渡すべきではありません。それでも遠方から来ていただく方に配慮をしたいと思うのであれば、宿泊施設の予約を行うことができます。どうしても交通費を負担したいのであれば、葬儀の後にお中元やお歳暮などの形で贈り物としてお渡しすることができます。 ただし親戚同士で以前に葬儀の交通費を負担してもらった事があるような場合には、慣習通りに旅費を渡す必要があります。法事については、出席者に来ていただくという意味合いがあるため、遠方から来られる方の旅費を現金でお渡ししても差し支えありません。

まとめ

お葬式は自らの意志で参列するものなので、遠方から来られる方であっても交通費や車代などの名目で現金や金品をお渡ししないのが正しいマナーです。どうしても旅費を負担したいと思う場合は、葬儀が終わった後にお歳暮やお中元などの別の名目で贈り物を贈ればスマートです。 宗教者については交通費を負担する必要があり、「お車代」として現金を直接お渡しすることができます。 ただし親戚同士で以前に葬儀に呼ばれて参列した時に旅費を出してもらった場合については、現金で負担をした方が良いでしょう。泊りの場合に滞在中の宿を手配することなどは問題がないので、遠方から出席される方のために配慮をすることができます。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら