仙台で家族葬を執り行いたい 葬儀屋の費用や相場など

仙台で家族葬を行う場合にはさまざまの疑問点が出てくるはずですが、その一つは一体どれぐらいの費用がかかるのかです。普段から家族葬に関する仕事をしている人や過去に何度か家族葬を行った人ならば別ですが、そうでないならば葬儀に対していくらお金を出すことができるか疑問に感じるはずです。葬儀に関する費用に対して漠然とした心配を抱えているならば、その料金を確認しておく必要があるでしょう。 家族葬の値段は、グレードによっても異なるだけでなくその葬儀社によっても異なりますので金額帯は幅広くなりますが、おおよその金額帯を知っておけば十分な準備をすることができるはずです。そこで、いくつかの例を出して説明していきます。

仙台の平均的な相場はどれぐらいか

仙台で家族葬儀を行う場合、その相場はおよそ110万円ほどになっています。東京など首都圏に比べると5万円程度安くなっていますが、ほかの東北の市町村に比べれば若干高くなっている傾向があります。これは、仙台の物価がほかの東北地方の市町村に比べると若干高いことを意味しているわけです。 具体的に110万円でどれぐらいの内容になっているかといえば、お花や棺、桶骨つぼなどの費用と参加者に食事を出す時の費用、そして火葬場の使用料まで含まれています。そのため、オプションをつければ後からもう少し華やかにすることもできますが、標準的な家族葬のスタイルで申し分ないと考えるならばそれだけのお金を用意すれば十分といえるでしょう。

グレードアップするとどれぐらいになるか

標準的な価格よりももう少しお金を出すことができる場合には、斎場をグレードアップし、それぞれのオプションもグレードアップすることが可能です。例えば、斎場でも市町村が経営しているところは比較的安いですが、民間の会社が行っているところは市町村と比較したときより若干高く設定されています。民間のところを利用すると、およそ50万円ぐらいは高くなると考えておくべきです。 それに加えて、花をもう少し豪華にしたり食事のグレードをワンランク程度上げ、引き出物を豪華にすることで、平均相場の時よりも見栄えの良い葬式になるのは間違いないところです。合計すると、それぞれワンランクずつ上げた場合に200万円弱になると考えておけば問題ありません。

安くしたい場合にはどれぐらいになるか

仙台にも顧客の要望にこたえるべく様々な斎場が用意されていますが、平均相場の金額でも足が出てしまうような家庭も少なくないでしょう。このような場合には、平均相場より安くして葬式を行わなければなりませんが、それぞれ省略できる部分を省略することで安くすることは可能になります。例えば、場所代に加えて棺桶と骨つぼを購入し食事などを抜きにすれば20万円依頼で行うことも十分に可能です。火葬場の料金を割引きしてくれるようなところはまずありませんが、一番下のグレードを使えば10万円程度で行ってくれます。 ただ、せっかく家族が集まるので正式にお坊さんを呼びたい場合や食事を出したい場合には、40万円ぐらいの金額で執り行うことは可能になります。

まとめ

仙台で家族葬を行う場合、平均相場はおよそ110万円ほどになりますが、それ以上にすることもできます。例えば、110万円ぐらいの葬儀ならばお坊さんを呼び通夜と告別式を行った上で火葬場も利用することができます。それに加えて、2食分の食事をお願いすることも可能になるでしょう。 もう少し豪華にしたい場合には、食事のレベルや花のレベルを上げて見栄えをよくすることもできますが、それぞれワンランク上げることで200万円ぐらいになります。その一方で、平均相場では足が出てしまうため可能な限り安くしたい場合には、場所代と棺桶・骨つぼの購入費用そして火葬場の費用込みで20万円ほどに抑えることは可能です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら