【葬儀での大人のマナー】火葬場での骨上げの仕方とNG作法

葬儀では様々な作法があり、きちんとしたものが求められます。不慣れで動きがぎこちないことは問題ありませんが、ルールから反れたことを行うのはマナーを疑われてしまいます。そのため葬儀を行ったり出席する際は、やってはいけないことに注意が必要です。注意点をしっかりと把握して、きちんとした方法を覚えておくことが重要です。葬儀ではお通夜や告別式以外にも、火葬場で火葬を行うことも大切なことの一つになります。その際には火葬後の骨の周りに遺族が集まり、骨を拾う骨上げということを行います。その日に行うことでは一番大切な儀式でもあるので、しっかりとした手順を把握して間違えないようにすることが大事です。

火葬場についたら係員の指示に従うこと

葬儀が終わり火葬場に運ばれても、すぐに火葬するわけではありません。最後のお別れがあり、その後に火葬する手順になります。その際には控室の大きさなどの関係もあり、必ずしも全員が残ることもないので誰が骨を拾うのか事前に決めておくことが必要です。火葬が終わると係員が呼びに来てくれたり、館内放送が入ったりするので気を付けましょう。その際は案内に従い、ついていくことになります。骨を拾う場所につくと大抵は係員が指示してくれるので、それに従って遺骨を囲むことになります。喪主が骨壺を持ち、遺骨の頭部側に立つのが一般的です。喪主がその場にいない場合は個人と縁が深い人が、骨壺を持ったりするのでその点も決めておくことが大切です。

骨上げにも順番があります

骨上げをするにも順番があり、それと同時に拾う人の順番もあります。まず拾う人ですが故人と関係の深い人から、行っていくことが一般的です。そのため喪主から始めて遺族、そして親族の順におこなうようにしましょう。また骨上げする場所にも順番があるので、それをしっかりと把握しておくことが重要です。それは足元から始めて、体の上の方へ向かって拾っていきます。これは生きている時と同じような形になるように骨壺に納めていくためのもので、最後に喉仏を入れて終わりにするのが葬儀では一般的です。このように骨上げには様々なルールがあるので、納める時と拾う時を間違えないようにすることが大切なことになります。多くの場合は係員が支持してくれるので、それに従いましょう。

骨上げ後はどうするのか

骨上げが終了すると係員が蓋を閉めて包んでくれるので、受け取って火葬場を後にします。そのまま家に帰ることもありますが葬儀場で御斎が行われている場合は、葬儀場に戻ることもあるので注意が必要です。御斎が行われている場合、御寺様もいるのでその時に再び御経を上げてもらうこともあります。その後は家に戻り後飾り壇に安置し、線香をたきます。家に戻ってきてから何をすればいいのかわからないこともありますが、葬儀屋さんが最後までサポートしてくれることが多いので安心です。わからないことがあれば、電話をしたりして相談することも大切です。そして遺骨は四十九日の法要を経てから御墓へ納めるのが一般的で、それまでは自宅に安置するか寺の納骨堂で預かってもらいます。

まとめ

葬儀の際には様々なルールなどがあり、それは宗派によっても違ってきます。そのためきちんとした方法を覚えておくことが重要ですが、大抵は葬儀屋のスタッフがサポートしてくれるので安心できます。葬儀は慣れている方が稀であるので、指示された通り行うようにしましょう。骨上げの際には様々な順番がありますが、重要なポイントは足元から体の上の方に向かって骨を拾っていくことです。順番通りに入れることだけ間違えなければ、拾う人の順番は遺族も親族もそこまで気にする必要はありません。昔とは違いある程度は融通が利くようになっているので、大きな間違えだけしないようにしましょう。マナーやルールよりも、気持ちが大切です。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら