葬儀での電報ルール 正しい送り方ともらった時のお礼の仕方

葬儀は結婚式とは違い、ある日突然執り行われるものです。個人と親しい間柄であれば葬儀には参加したいと誰もが思うものですが、どうしても都合をつけることが出来ず、やむをえず葬儀に参列が出来ない場合もあります。 その様な場合故人を偲んで電報を打つのが一般的です。ところが故人に対する電報を送る際には宛名はどのようにすればいいのか、差出人はどのように書けばいいのか、そして文章はどのようなものにすればいいのかなど、細かいルールが分からずに悩む人も多いのではないでしょうか。 ここでは突然の訃報で時間が無いときにもスムーズに打つことが出来るように書き方や文例について解説します。また送られた側のお礼の仕方も覚えておきましょう。

弔電の基本的なルールやマナー

葬儀に参加できなかった場合に、個人や遺族に対して贈る電報のことを弔電と呼びます。まずは弔電を打つ際の基本的なルールから学んでおきましょう。 弔電は電話や郵便、インターネットなどで申し込むことが出来るので、自分のやりやすい申し込み方で申し込んでください。中でも電話での申し込みはオペレーターの人と相談しながら申し込むことが出来るので、初めてでも迷わずに送ることが出来ます。 宛先は葬儀場にするのが一般的なので、事前に葬儀はどこで執り行われるのか調べておきましょう。もし分からない場合は喪主の自宅に届けますが、必ず受け取ってもらえるように連絡を入れるようにしてください。 宛名は喪主にするのが一般的ですが、特定の人に向けて送る場合は喪主の横に対象者の名前を書きます。差出人の名前を書いた後、個人との間柄が分かるように補足を加えるのがマナーです。

弔電で送る例文を知ろう

では、弔電として贈る電報の文はどのようなものが良いのでしょうか。一般的には弔電にはいくつかの決まっている定型文があるので、その中から選択して送るのが一般的です。結婚式と違い、故人を偲ぶのが葬儀なので、あまり個性的すぎるのはやめておいた方が良いでしょう。 例文をいくつか挙げると、特にシンプルなものとしては、御尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますというものがあります。 御尊父の部分は葬儀の際に送る電報独自の故人に対する敬称が入ります。また、故人の名前を文頭に書き、悲しい気持ちでいっぱいです。優しい笑顔や共に過ごした日々など、在りし日の思い出は尽きません。遠方から手を合わせ、謹んでご冥福をお祈りいたします。というような送る人の感情を少し織り交ぜたような文章もあります。

送ってもらった場合のお礼の仕方

葬儀の際の電報は、実際に駆け付けられないほど忙しい時間を削ってわざわざ書面として故人を偲んでいるものですから、それだけでもとても心のこもったものだという事が分かります。 電報を送ってくれた人に対してはきちんとお礼をしておきたいものです。どのようにお礼をすればよいのかを覚えておきましょう。 喪主になると葬儀が終わっても色々と行事ごとがあってとても大変です。しかし電報を送ってくれた人に対するお礼は最優先でおこなうようにし、遅くても一週間以内にはお礼を何らかの形で伝えるようにしてください。 親しい間柄の人ならば電話で直接お礼をするようにしましょう。相手は電話をしたくても忙しいだろうと気をつかって電話できない場合がほとんどですから、こちらから電話をかけるのは最低限のマナーです。 その他の人には書面でのお礼でも構いません、ただし文面には注意が必要です。

まとめ

結婚式の場合と違い、葬儀の場合に弔電を送る際はとにかく時間があまりありません。まずは送り先となる葬儀場の住所を出来るだけ早く知ることが大事です。そしてあまり自分の感情を入れずに定型文を利用して電報を送るようにした方が後々トラブルになることが少ないでしょう。 不安な場合は、電話で電報を送るようにするとオペレーターと相談しながら作成できるので失敗がありません。 一方、電報を送ってもらった側は、葬儀後も忙しいですが、出来るだけ早く感謝の気持ちを伝えることが重要です。 葬儀の時に電報を送るというのは忙しい中でも出来る限りお悔やみの意を伝えたいという気持ちの表れだという事を理解しておきましょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら