葬儀の費用を積み立てる互助会とは? 入っておくメリットとは?

誰にとっても一生に一度きりの儀式として葬儀があります。しかし実際に葬儀を執り行うにあたっては多額の経費がかかってしまうのも事実であり、家族葬などのごく小規模なケースを除き、一般の人でも祭壇の手配から菩提寺に渡すお布施、参列者への香典返しなどを含めて、トータルでは100万円や200万円という金額に達するのも決して珍しいことではありません。人間の寿命があらかじめわからない以上は、葬儀をしなければならないタイミングも突然にやってくることが多く、その際に事前の準備がなければ遺族としても混乱してしまいます。このようなことを踏まえて編み出されたのが互助会のシステムであり、全国各地にさまざまな形態のものが存在しています。

葬儀の資金をあらかじめ積み立てておくには

みずからの葬儀にあたって遺族に迷惑をかけないようにするためには、生前からある程度の資金を積み立てておくことが重要になります。このような資金の積立方法はいくつかありますが、もっとも簡単なのは銀行などの金融機関の預貯金を利用する方法です。単に現金の保管場所として利用するのであればもっとも確実な方法ですが、利息も葬儀費用に充当するのであれば、景気による変化の影響を受けやすいことを考慮することが大切です。また生命保険の一種で葬儀費用を積み立てる方法もあります。この場合は中途で亡くなれば多額の保険金が遺族に支払われますが、保険料が安い掛け捨てタイプでは、結局のところ無駄になってしまうおそれがあります。他の方法として存在しているのがここでいう互助会であり、葬儀に特化した資金の積立方法と捉えても差し支えありません。

互助会のしくみや内容とは

互助会は文字通り会員相互の助け合いをめざす組織で、会員になると毎月いくらかの掛金を支払い、その積立金を冠婚葬祭の費用として充当することができるというものです。保険とは違ってこの積立金は冠婚葬祭のためのサービスとして還元されるため、もしも万が一のことがあった場合には、一般と比較してかなり安価な価格で葬儀などの儀礼を執り行うことができます。葬儀のほかにも結婚式や成人式などの儀礼もサービスのなかに含まれることがあります。互助会によっては会員相互の親睦を図る活動を重視していることがあり、このような場合には定期的な旅行や趣味の集いが開催されていたり、工芸やカラオケ、絵画などのクラブ活動が組織されていたりもします。

互助会における積立金とは

互助会は冠婚葬祭の資金を掛金という形で会員から毎月徴収して積み立てますが、この掛金の金額はプランによって異なります。希望する口数を決めて、一度にまとまった金額を徴収する場合もありますが、一般には毎月数千円程度の少額から参加できるのが普通で、年数を経過する間に自然と葬儀に必要な金額が積み立てられていく仕組みといえます。積立金は最終的に冠婚葬祭のサービスに充当されることになるものの、もしも途中で脱退したくなった場合には、手数料などを差し引いた上で解約返戻金が支払われるのが普通で、これは掛け捨てタイプの保険とは異なるところです。また互助会には家族ぐるみでのサポートをしているところもあり、会員の家族も冠婚葬祭のサービスが料金面で優遇されています。

まとめ

多額の葬儀の費用を生前から積み立てておく方法はいくつかありますが、サービスとして還元されることを期待するのであれば、互助会に加入する方法が有効です。互助会に加入した場合には、毎月少額からの資金を長期間にわたって積み立てることになりますので、いざという時にも格安でのサービスを受けることができるようになります。互助会のなかには葬儀だけではなく、結婚式などの他の儀式や、会員の家族までもサポートしてくれるところがあります。また会員相互の親睦を図るため、旅行やクラブ活動などが付帯されていることもあります。このような互助会のメリットと、預貯金や生命保険などの他の積立方法とのメリットを比較検討した上で、条件に合う方法を選択するのがよいでしょう。

無料資料請求はこちら お急ぎの方はこちら